FC2ブログ

Oficina del delusion 4:40

北京とかでメキシコとかを想うわけです。妄想するわけです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏を忘れたシーサイド

真琴ジェンヌ様(33歳・仮名)

「あいのり」はドキュメントではなくエンターテイメントです。
あいのりOK、プロレスNGは意味がわからんわ!


ま、ことさら書くようなコトでもないけど。


それにしても。

内村プロデュースが終了か…

残念だ。
終わるべき番組は、他にもあると思うのだが。

またテレビを観なくなるなぁ、と考えながら、アマぞんでDVDを物色。

「冒険野郎マクガイバー・シーズン1」発売決定!

なんですと!

ついに、あの冒険野郎が帰ってくるのか?
早速、予約だ。

しかし、日本のDVDは高いなぁ。
ま、正規品ですからね。

頭文字Dは違法モノを中国で買ってきてもらおう…。

ふと思いつく。
犬田動(仮名)の息子の名前だ。


犬田冒険野郎(仮)はどうだろうか?
ナカナカ斬新だと思うのだが。


ゲーム内自分への名前も悩むオレに、名付けのセンスがないのは百も承知。
あとは、動(仮名)・よっきゅん(仮名)夫妻に任せましょう。


そんなこんなで。

沖縄ツアーとか言いながら、何も調べることがない。
目的はステーキ屋のハンバーグとかメシのことだけやし。

その前に、9月にも連休があるじゃないか。

何をするかね?
地元に戻るか?

いや。
それは危険だ。
西松屋や赤ちゃん本舗に並ばなければいけないパパ達は、気侭な独り身・お兄さんの相手などしているヒマはないだろう。

オレが逆の立場なら…
「貴様のようなヒマなヤツと戯れてるヒマなどない!」
と、冷たく言い放つだろうからね。


…おにうのバイク・グローブも買ったコトやし、軽くツーリングが妥当だろう。

行き先を考える。

1泊のツアーだと…ま、和歌山だな。
温泉もあるし、マグロもある。

和歌山・勝浦に決定。

高速は「みなべ」までか…。
同期のリ・ヨッシーノ(仮名)に出迎えさせるコトにしよう。

宿を探す。
まあまあイイ感じの安ホテルを見つけた。
ココでいいや。
どうせ、寝るだけやし。

早めに予約しとくか…と思った時に、ある考えが浮かぶ

本田ディオ(仮名)でも誘ってみるか

けど…なにも考えない、というか、何も書かないことにしよう。


とにかく、宿の予約は少々待つ。
場合によっては、オシャレ・リゾート・ホテルにしなければいけないからな。


勝浦に、そんなホテルないやろ。(何気に失礼)


しかし。

正直なトコロ、勝浦のマグロは「チョットうまげな」女よりは魅力的。


でも…



そんなコトを口にする男は、魅力的とは限りません。
スポンサーサイト

Something To Believe In

毎朝、すれ違う美人のお嬢さん。

ところが、いつも険しい顔をしている。
端正な顔が台無しだ。

そんなに仕事に行くのがイヤなのかなぁ。

思わず背中を見送る。

まぶしっ!


そりゃあ、険しい顔にもなりますわな。


それでも、だいぶ涼しくなりました。

しかし、まだまだ残暑も厳しいワケで。
バイク用のグローブを買い換えるかどうかで悩んでます。

先日、夏用のヤツが破れてしまって。
そのグローブには様々な思い出が…

あるハズもなく、3シーズン使ったんでお役御免とも言える。

しかし、そろそろ冬用でも問題ないような気もするし。

まあ、いい。
近所のバイクショップ・近鉄部品(仮名)に行ってから考えよう。

キッチリと定時に会社の戸締り。
この程度の融通が聞かんほど仕事熱心ではない。

現に、オレしか社内に残ってないじゃないか。


自転車で近鉄部品(仮名)へ。

グローブを物色。
ちょうど店内も冬用に切り替わる準備中みたいな感じ。

あ、大治郎レプリカだ。
潤んだ瞳で見つめ続ける…。

いかん。
今日の目的はグローブだけなんだから。

かなりイカしたヤツがあったので購入決定。

…結局、迷わず買い換えてるじゃないか。

そうだ。
ついでやし、ツーリングバッグも見ていこう。

あと皮だよ、皮。
バイク乗りは皮だ。(スカジャン派でもある)

ベイツか?
イエローコーンか?

でも、ちょっと派手なんだよね…。

やっぱり、バトー(攻殻機動隊)みたいなヤツかな?
でも、大佐はノーマルスーツも着ないからね…(これはシャア)


…ヤバイ。
こんなステキ空間に、給料日明けにいるのは危険だ。


まだ冷静さが残っているうちに逃げ出す。


帰りしに、コロッケカレー(3倍辛)を食し部屋へ。
部屋に戻ると、犬田動(仮名)より電話。

ついに子供が生まれたとのこと。
これは、めでたい。

なんせ、我々の老後は子供達にかかっているのだから。

しかし。
ついに犬田さん(仮名)もパパか。

問題は名前だな。

スロに縁がある名前は…吉宗(将軍)か。
ゲームの縁で考えると、吉光(義賊)もイイ感じだ。

で、提案がある。

そろそろ男塾系の名前も付けてもらいたい。

平八?(鉄拳と同じだ!)
桃太郎?

飛燕もアリだね。




ま、ディーノは止めとこう。

天井裏から愛を込めて

エ?ブリデイ♪エ?ブリナイ♪会いたくて?♪
エ?ブリデイ♪エ?ブリナイ♪夢を見た?♪

ジッタリンジンの名曲を口ずさむ。
にちようびではなくエブリデイ。

たまにはユリアに会いたいもんだ…リンでもええけど。

だが、今日は珍しく夕方から用事がある。
よって打てるのは夕方までだ。

まあ、昼ぐらいに帰ってくることばっかりやけどな。(自嘲)

それはともかく。

今日は真琴ジェンヌ(仮名)の誕生日だそうだ。
で、みんなでメシでも…とのこと。

じゃあ、アナタがワタシにくれたもの♪の方がいいかもしれないなぁ。

…どうでもいいですよ。

そうです。
あんまり興味がないので、プレゼントは適当に選んだ。
性格が合わないのは、パツンパツンバディよりタチが悪い。

よって、プレゼントは…

「ときめきメモリアル・ガールズサイド」

もちろん。
店で買うのは恥ずかしいから通販だ。

ちなみに反応は…

「ハマったら、どうすんのよっ!」

でした。

ハマるな、ありゃ。

いや、別に恥ずかしくないんだよ、うん。
ハマりたい、オレだって電脳少女にハマりたいさ。

でも、まず見た目(画面の)でムリやもんなぁ。

なんとか、ガンダム世界で恋愛シミュレーションが出来ないものか?
ルー・ルカ狙いで楽しめそうだ。

飽きたらドモンで鬼畜プレイとか。
…結構、面白いのではないか?


世界観を壊すからダメとか言われる、に12ガバス。


ところで。

ウイニングポスト…わかりやすいかも。

そんなわけだか、どんなわけだか朝から北斗の予定が、設定5の海物語に。
ま、いつものように天井まで連れて行かれ、朝から瀕死のハヤトッティ。

天井裏から愛を込めて?♪ウ?ア?♪ホコリで汚れた♪
天井裏から愛を込めて?♪ウ?ア?♪クモの巣だらけさ♪
天井裏から愛を込めて?♪ウ?ア?♪大好き♪

いや、だいっキライですよ、天井は。
アンジーは悪くないけど。

最後に軽く連チャンしたものの、マイナス大。
設定5なのに…そりゃ、ハマる時はハマりますけどね。

これなら恋愛シミュレーションの方がなんぼかマシだ。

そんなハヤトッティを救ってくれたのが、何を隠そうウイニングポスト。

でも最後の7連チャンは、バケが5つ…結局はマクリ届かず。
ま、北斗よりは後ろ髪を引かれないからステキかも。

そう。
高確かどうかが、わかりやすくて非常にイエイ。

しばらく打ち続けようと思いますが…


あんまり設置してないのが問題、というか超大問題。


さて。

24時間テレビには、正直ウンザリ。
昔から「お涙頂戴バラエティー」はカラダが受け付けません。

せめてポロリはないとね。

それなら24時間、ジャンボ鶴田(故人)の試合を流してくれと言いたい。
それなら、出来る限り観させていただきます。

いや、ゼヒ観たい。


よって、阪神巨人の伝統の一戦。

もはや巨人の凋落で伝統も何もないですけどね。
でも、阪神もそんな時代があったんだから。

いや、そんな暗黒の時代の方が長いんだもの。

でも今更ねぇ。
星野さんを監督にして、どうにかなるのだろうか?

しかし。

阪神の監督時代にプレッシャーで病気になった(なったよね?)星野さんが巨人で監督が出来るのだろうか?
どちらかと言えば、巨人の方がプレッシャー、キツくないか?

巨人のやり方はアレなので、ありえる話ですけどね。


ま、でもね。
ココロの中では…

巨人もレアルもミランもチェルシーもダメになればいいと思ってますんで。

桑田も清原も楽天に行けばいいんだよ。
その方がカッコイイのに。



そんなにノーフューチャーな人生はイヤなのか?と…


もっとノーフューチャーな男は考えますけどねぇ。

Un lobo por tu amor

話は激しく前後しますが。

土曜日の朝。
当然、普段の激務を癒すために寝ています。

朝9時に電話。
まったく非常識だ。

こんな電話に出る必要などありませんからね。
無視してたんですわ。

それが何度も続くので、仕方なく電話に出ると…

女子の声。


誰?

「ジョニーやろ?誰かわかる?」

わからんってば。

しかし「ジョニー」の通り名を知っている人間は数少ない。
この「スタープラチナ☆ジョニー」を名乗っていた時期は、ナゾの過去を持つ記憶喪失のピアニスト(実は弾けない)&フィッシャーマン(もちろん釣れない…)として暮らしていた時代だからな…って、どんな設定やねん!

「ほら、シモキタの!」

ああ!思い出した!

シモキタ・スピードワゴン財団(仮名)の看板娘・本田ディオ(仮名)だ!
中国で一度、メールして以来やから…かなり久しぶり。

ハ 「ディオちゃん(仮名)か、久しぶりやなぁ!」
デ 「ヒマやねん…遊びに来ーさ。」

たしか、ディオちゃん(仮名)は橿原在住。
ココからなら1時間ほどで行けるな。

ハ 「いや、別にかまんけど…彼氏は?」
デ 「彼氏、オーストラリア行ってん。」

あら?
これはもしや…ドッキドキ系の誘いですか?(あくまで前向き)

デ 「8時に起きてしもてさー、ヒマやねん。下北まで来ーよ。」
ハ 「…下北?」

下北は陸の孤島。
ココからなら3時間コース…。

ハ 「ムリ。(キッパリ)じゃあ、またな。(アッサリ)」
デ 「えー。リョウくんにも断られてんやからさ。」

イトウリョウの後かよ!

なおさら交渉決裂だ。


今日は洗濯・海遊館に行く(下見のみだが)と、かなり忙しい。
しかも夜の土曜ワイド劇場は水谷豊主演。

いくらディオちゃん(仮名)の頼みでも、この状況じゃ、さすがにムリだ。

その旨を伝える。
どうやら、納得してくれたようだ。

ハ 「まあ、彼氏と別れたら連絡してくれ。」
デ 「…いつもの『あわよくば作戦』やな。」


…否定はしません。


さて。

海遊館までツーリングに行ってきました。
どのぐらい時間がかかるかなぁ、と思ってましたが…迷いながらも20分。

アッサリと海遊館着。
空いているようなら、そのまま見ていこうと思いましたが…

駐車場へのクルマの行列を見て断念。

バイク置き場の場所だけ聞いて、即効で帰宅。
バイクなら混まないというのがわかったので充分だ。


しかし、暑い。
夏の日差しが腕を、エンジンの熱が足を焦がす。

すこし休憩しよう。(20分で帰れるのに…)
コーヒーぐらい飲もうじゃないか。(誰に言ってる?)

と、パチ屋へ。
なぜなら、この店のBOSSは100円なのだ。

新台・プラネット999を初打ち。
2漱石で引っかかり、5連チャン。

リプレイハズシが冴え渡る!(誰でも出来る)
高設定のニオイを感じるも、200抜けでヘタレヤメ。

8漱石プラス。

帰ればええのに、来たばかりゆえ帰れない。(意味不明)

新台・ウイニングポストへ。
ナゾのゾーンでナゾのビッグも、アッサリ飲まれてハッキリとマイナスへ転落。


BOSS1本を1諭吉で買ったことになる。

高いコーヒー…。


さあ、帰って水谷豊を見よう。


あ、忘れてた。

犬田動さん(仮名)。
SWAN氏が「嫁の写真、送ってくれ」とのことなんでヨロシク。

パパたちは色々とタイヘンみたいだね。


オレは…いや、ほんまにお気楽サラリーマンで。



でもね、オレにも色々あるんだよ…とは思えんやろうなぁ。

Right Here Waiting

女の見栄と男の幻想があるから、ややこしい。

取引先の女性・ハマーン(仮名)。
ガンダムのハマーンと似ているのは性格だけだが。

金曜日。
みんなで暑気払いと言う名目で軽く飲むコトに。(名目は多数ある)

ひょんなコトから体重の話になる。

ハヤ 「ハマーン(仮名)は55ぐらい?」
ハマ 「そんなにないですから。(怒)」

んなわきゃない。

これでも優しくコメントしてるつもりだ。
実際は60を巡る攻防になるハズなのだ。

ところが。

他の男性社員も口々に「そんなにないよ」とハマーン(仮名)に同調。


おまえら、何を夢見てんだ?

「体重アンダー50kgなんて病弱(もしくはそう見える)じゃないとムリ」

これが世の定理。
ホント世の中を知らないなぁ。

ちなみにウエストU?60も同条件じゃないとムリなんで。

ハマ 「ハヤトッティさんやって、80ぐらいあるでしょ?」
ハヤ 「いや、それはムリ。金本浩二で83やもん。あって75やな。」

そうなのだ。
レスラーの体重でそんなもの。

また、オレはJIS規格外の体型ゆえ、合う服が少ない。
首回りで合わすと、かなり全体的にボリュームがアップしてしまう。

脱ぐと意外にショボイんです。(そこまではないか)

ハマ 「絶対あるって?!」
ハヤ 「ならお互い計ってみるか?」

一瞬、ハマーン(仮名)の表情が曇る。
ここでハマーン(仮名)も引けばよかったのだが…

ハヤ 「やめるなら今のうちだぞ。(ニヤリ)」
ハマ 「は、は、計るわよっ!(汗)」

店員さんに聞いてみると、なんと体重計も置いてあるらしい。

いよいよ真っ青な顔になるハマーン(仮名)。
かわいそうなので、ココらへんでやめてやるか。

ハヤ 「…やっぱり、やめとくか?」
ハマ 「こ、ここでやめたら認めることになりますから。」

結局、オレ以外の男は体重を見ないために廊下で計る、ということで手を打つ。

まずはオレから…上着のみナシ着衣状態で75kg。
これでも、ちょっと太ってしまったな。

次はハマーン(仮名)だ。

ハヤ 「服、脱がんの?」
ハマ 「脱ぎません!」

ハマーン(仮名)、壁にもたれながら、恐る恐る体重計へ。

ハヤ 「ズル禁止。」
ハマ 「ちっ。」
ハヤ 「57kg以下なら抹茶シェイク。」
ハマ 「そんな条件いらん…」

ハマーン(仮名)、諦めて体重計に載る。


65kg…。

ハヤ 「…」
ハマ 「…(顔面蒼白)」

すいません。
さすがのオレも一瞬言葉を失いました。

ハヤ 「…」
ハマ 「…なんかツッこんでくださいよ!」
ハヤ 「…ああ、その…な。」

正直、くだけたフォローも出来ませんでした。

席に戻ってからも…

ハマ 「ウソだ、ウソだと言ってくれ…」
ハヤ 「ハマーン(仮名)、現実から目をそらすな。」

いたたまれない。

ハヤ 「あ、所長。ボク、今日友達が来てるんで先に帰りますわ。」


逃げるように、そのままライブへ。

で、ライブ。

会場は難波にあるマザーホール。
今日は二丁拳銃のバックバンドをやっているSWAN氏に招待されているのだ。

少し遅れてしまったが、SWAN氏はリハやらなんやらで忙しいだろう。
帰り際にでも会えればいいか。

そんなことを考えていたら、普通に客席で会う。
ロックスターが短パンにTシャツ姿で客席をウロウロしてた。

SW 「いやぁ、今からジェット機のステージでな。見に来てん。」
ハヤ 「ジェット機?」

話を聞くところ、ジェット機とは元ジュンスカのボーカル・宮田和也と元ユニコーンのドラム・川西(西川)幸一が結成したバンドらしい。

なんですと!
それはヤバイだろ!

すごく得した気分。
実際、演奏も良かった。

やはり、あのドラムは存在感がある。

その後、GB(芸人バンド)を挟んで、メインの二丁拳銃。
そのSWAN氏。
ちゃんとソロ回し?もあるし、コーラスもやっていた。

結構、イイ扱いだな。

二丁拳銃、思いのほか良かった。(失礼だな)
やっぱり演奏がシッカリしてるからだろうな。

友人が頑張っていると、刺激を受けます。
よし、オレも頑張るぜ!


帰り道、難波で迷う。

どうってことないぜ。
歩いて帰ればいいだけだ。

ライブ後でテンションも高いから歩いて帰ろう!

うぉお?お?♪歩いていこう!♪
前が見え?るよう?に(オーイエー♪オーイエー♪オーイエー♪)

ちなみに、昔の曲は演奏してません。

あ。
地下鉄の駅、発見。(日本橋)

日本橋からだと、乗り換えナシで帰れるよなぁ…。(難波→日本橋は一駅…)

地下鉄にフェード・イーン!(軟弱)


いや。
正直ね、疲れたんですよ。

ライブ中、ずっと立ちっぱなしでしょ?
足がね…。


ホント衰えたなぁ、オレ。


この性根を叩きなおすぜ!

今から、バイクで海遊館に行って来ます。


でわ、また。


どろーん!

気分モヤモヤ サラサラ チクチク

水族館が好きだ。

海遊館にも行きたいのだが、まだまだお子様は夏休み。
さらに、有名スポットゆえ土・日は人が多いことだろう。

じっくりと自分のペースで見たいからねぇ。


やはり、仕事を休んで行くしかないな。


来月のスケジュールはどうだっただろうか?
分厚い新品同様のビヂネスな手帳をめくってみる。

広島のオジキが長いお勤めを終えて、シャバに戻ってくるんだった。
これは付き合わねばなるまい。


…予定はそれだけだ。


さて。

毎月25日は我が社の給料日。

やはり、今日が給料日の会社が多いのだろうか?
帰り道の銀行という銀行、さらに郵便局にまで大勢の人間が詰め掛けている。

まあ、そんなのは想定内の出来事だがな。

デキるオレ様は仕事中に銀行へ。
そして、そのまま郵便局へとハシゴ。(マイナスを解消するため…)

電気代とガス代をコンビニで払い、仕事中に自分の用事をすべて完了。


ま、コレがいいことなのかどうかは、また別の話ですが。


それにしても。


給料日はステキだ。
1杯・577円の微妙に高いコーヒーを飲みながら、しばし休息。

やはりウマイ。
普段の160円も悪くないけど。

さて、何をするかな。

あ、西天満の楽器屋に行こう。
そろそろ弦を張り替えないとね。

先週の日曜日にも行ったのだが、なぜか閉まっていたのだ。
今日は平日やし、開いてるだろう。

ところが。

またしても閉まっている。
もしや…


ココも潰れたの?


やむなく、隣の中古釣具屋・はっするベりい(仮名)を物色も…
もはや釣具に興味ナシ。

とか言いながら、梅田の釣具屋・イチバーン!(仮名)へ。

ブランクを埋めるためにTDバイブレーションを3個購入。(意味不明)
買ったところで、いつになったら投げれるやら。


実は。

わざわざ梅田(北新地?)まで来たのには、ちゃんとワケがある。
たしかこの辺に美味しいシュウマイ屋があったハズなのだ。

たぶん5年近くご無沙汰なのだが…アレはホントに旨かった。

遠い記憶を辿って、幻のシュウマイを探すものの見当たらず。
おかしいなぁ。

間違いなく、この辺にあったハズなんやけど。
探しまくった挙句…


いま、そこにある天下一品へ。

いや。
コレはコレで悪くないんですが。

しかし、シュウマイ屋はドコに行ったんやろ?

アレ、旨かったよなぁ…
あの店も潰れてしまったんかなぁ…って、ソコにあるやん!


さすが盲目の闘将・ハヤトッティ。


食べたい!
食べたいけど!


今日は、こってり・大を食べてしまっている。
さすがに、これ以上はムリだ。

来週こそ!と心に決めて帰宅。


そして、甘いものは別腹とばかりに抹茶シェイク。


…こってりとの相性最悪。

根が貧乏性なもんで、ぜんぶ飲んだけど…非常にイヤンな感じ。


久しぶりにリバースを経験するかと思いました。



そんな状態で見る「どっちの料理ショー」は、そりゃイマイチだろ。


このモヤモヤ気分を吹き飛ばせるのは、トロちゃん(仮名)しかいない!

メール送信。


返事ナシ…。(現時点)



余計に、気分モヤモヤサラサラチクチクだ…。

I Can't Take It

近所のカレー屋・Tがリニューアルオープン。
早速、オープン記念フェアに駆け付ける。

4倍辛カツカレーを注文。

うん。
普通にウマイ。

そして、オープン記念ということで色々とノベルティーグッズを貰う。


そういうのを集めるために、また通うことになるんだろうなぁ。
店の戦略に乗せられた感はあるが、カレー好きなのでゴキゲン。


さて。

大阪に戻ってきて以来、バイクに乗っていないことに気付く。
まだまだヘルメットやって、おにうなのに。

そういや、ライダーの憧れである赤いスカーフ。
探すとなると、意外に見つからないですなぁ。

ま、それは後でもいい。
どうでもいいワケではないからね。

またバッテリーがイカれたら大問題だ。
とりあえず、エンジンだけでもかけておかないと。

セルを回す。


エンジン、完全に沈黙。
フトコロに寒い汗が流れる。

200キロのストラタスファクション号を押しがけ。

今度は純粋な汗を流す。


何度目かのトライで、なんとかエンジン始動。

不安なので少し走ることにする。
どうなるかと思ったが、走り出すと夜風がイイ感じだ。
ストラタスファクション号とのシンクロ率上昇。

どこまでだって行けるゼ!
もっとアクセルを開けろ!

ハイテクのデジタルメーターがピコーン♪ピコーン♪と動き出す。
ガソリンが残り少ない模様。

でも、大丈夫。
そのコーナーを曲がればガソリンスタンドだ。


すでに閉店…。(最近、こんなんばっかり)


さっきまでの威勢の良さを、気恥ずかしく思うほどの経済スピードで帰宅。

そんなわけで。

まだまだアイスがウマイ日本の夏。
トルコアイス・ブームのあとはクーリッシュ・ブーム。

ただ、このクーリッシュ。
ウマイのは間違いなくウマイのだが、保存が出来ない。
で、完全に凍ってしまうと美味しくない、というか…食べられない。

冷凍庫の温度を色々と試してはいるのだが、これもどうも…。

よって、ほぼ毎日のように近所のコンビニに買いに行っている。
まとめ買いしても、冷凍庫で凍ってしまうのだから仕方がない。

おのずと…いつも一個だけ買うワケだ。

そんな毎日。
そろそろ「クーリッシュ男」等と店員にコッソリと言われてないか不安だわ。


そんなわけで。

今日は、少し離れたコンビニまでクーリッシュを買いに行く。

無事にクーリッシュ購入。
さあ!帰ってガブガブといっちゃうぞ!

その帰り道。
モスの前を通る。

ふと「抹茶シェイク」の文字が目に入る。

なんですと!

思わず店内に身を投げ出す。(店に入っただけじゃないか)

で。

注文する。
微妙に高いのに注文する。
クーリッシュを買ってきたとこなのに注文する。


何をやってんだか。

でも仕方ない。
クーリッシュを美味しく頂くために、抹茶シェイクは飲みながら帰ることにする。


うわっ!何だ、コレ?

やばい。
むっちゃウマイ。

明日も来よう。
カレー食ってから来よう。(開店フェアは明日まで)


夏はカレーと抹茶シェイクでウッドボール(キ・マ・リ)だネ♪

Hello There

細木数子は、もう飽きたわ。


それは、ともかく。

たまには、マジメに仕事だ。

中国支店長と共に中華系業務の新規開拓。
アポもシッカリと取っている。
後は約束の時間に合わせて、東大阪の相手先に向かうだけだ。

高速道路、大渋滞。
少し遅れそうだ、と連絡する。


東大阪・アイヤー工業(仮名)社長、緊急入院中…。


ハ 「どないします?」
支 「新大阪の中国人がやっりょる貿易会社に行こうで。」

ムリヤリ高速を降りて、一路新大阪へ。


新大阪・アルアル貿易(仮名)社員一同、北京出張中…。


支 「おい、そこのパーキングに入れろ。」
ハ 「何すんですか?」
支 「イパネマ航空(仮名)に行く。」
ハ 「チケット、買うんすか?」
支 「イパネマ航空(仮名)の事務員に、うまげな中国人がおるんじゃ。」
ハ 「任務了解!」

ま、仕事なんてそんなもの。

その後、何食わぬ顔で事務所に戻る。


まあ、うまげな中国人も35歳ではね…。


ところで。

最近、遊んでくれる人間が少ないので淋しい。
昔は良かったなぁ、といかにも後ろ向き。

ヒトリでは、やることも限られるよなぁ。
来月からは連休もあるしね…。

このまま給料の○割をパチ屋に預金し続けるのなら…

どこかに旅行に行くか?
これからは暖かい場所がいいな。

トロちゃん(仮名)を誘って、九州・温泉ツアーか?

いや、ちょっと時期尚早だろ。
よって、仮に一緒に行けても、もれなく鮪(仮名)が付いてくるハズ。

それはヤッカイだ。


やはり、ここは純粋に一人旅だな。

…そうだ。

昔、中途半端(ほぼ記憶ナシ)に行っただけの沖縄にジックリと行こう!
飛行機でポーンと行って、レンタルバイクでビューンと回ればいい。
そしてタコライスも食べようじゃないか。

レタス抜きにしてくれるだろうか?
それは心配だな。

そうと決まれば、早速沖縄を調査しなければ。


日程は3連休プラス1日の3泊4日ぐらいで考えておこう。

まずは、ツアーを調べる。

ファミリーやらカップルやら、大きなお世話だ。
オレはヒトリで旅したいんだってば!

純粋に航空券だけだと、どうなんだ?

超割で片道12300円。
北斗なら30分か…


なんか、切ないね。

レンタルバイクは400ccで48時間・12900円。以後1日・3500円。

あと、宿泊はいかがなものか?

どうやら、3000円ぐらいで泊まれる部屋もあるみたいだな。


よし、相場はわかった。
あえて深く追求しないが、スロットよりも健康的だろう。

行こう、沖縄へ。



沖スロもあるしね。(ニヤリ)



しませんってば。

しないんじゃないかな?


ま、チョット覚悟はしておきます。

空飛ぶUmbrella

いきなり、中国支店長から呼び出される。

いつのまに日本にいたのだ?
というか、今日は日曜日じゃないか。

しかも、昨夜は知り合いの誕生日パーチーがあり、遅くまでダベっていた。
いくらタフ・ボーイのオレ様でも、昼過ぎぐらいまでは寝ていたいところだ。

しかし、仕方がないのでホテルまで迎えに行く。

用件はなんだろう?
給料を上げてくれるとでも言うのか?

いやぁ。
だったら、うれしいなぁ。

ニコニコしながらロビーで待つ。

我ながら前向きな男だとは思う。


支 「こだま・ひびきの漫才を見たいんやけどの。」


…なんだ、そりゃ。


その後、なんば花月まで一緒に向かう。
プログラムを確認。

こだま・ひびきの出演予定ナシ。

ハ 「どうします?出てませんよ。」
支 「こだま・ひびきが出てないんなら意味ないわ。」

ラーメンを食った後、ホテルまで戻り、解散。


なんだかなぁ。


ところで。


本屋が好きだ。

本屋では何でも出来る。

そこにいながら海外を旅したり。
萌えキャラに恋したり。

まあ、とにかく妄想力を磨くにはサイコーだ。


せっかくココまで出てきたんだから、本屋に寄って帰ろう。


別に何か欲しいものがあるワケではないけどね。

J堂・大阪本店。
人気のない北新地を抜けて、堂島アパンザへ。

ココには色んなものがあり、取引している銀行もあるので、おつかいで来ることもあるし、仕事中にサボリに来るコトがあるのだが、もちろん誰にもナイショだ。

フラフラと店内を物色。
ザ・コブラツイスターズの楽譜を発見。
買いたいところだが、今は給料日前。
じっとガマン。

なんやかんやで疲れたので、喫茶店でアイスコーヒーを頼む。

本屋に喫茶店が併設されているのもイイ感じだ。


結局、何も買わずに店を出る。


そのまま、帰ればいいのに何を思ったか、今度はJ堂・天満橋店へ。

天満橋店はオシャレな「シティモ」の中にあるので、オシャレな若者であるオレ様にはお似合い。誰がなんと言おうとお似合いデス。

駐輪場に自転車を止める。(150円)
スタバの外の席で、変な姿でメールを打つ男が気になるが、ここはスルー。

この「シティモ」は休日に来ると、程よい人の多さ。


まあ、J堂のある7階以外は見たことないけど。


ちなみに、ココも喫茶店を併設。

再びアイスコーヒーを注文。
タバコを吹かしながら、まったりと過ごす。

さて…何を探すかね?
たまには読書とシャレ込みたいのはシャレ込みたい。

まあ、オレにとっては、コッチのJ堂の方が本を探しやすいしね。

そして、またもフラフラと物色。


…何も買わずに帰宅。


ダメだ。
今日は、なんか疲れた。

難波まで行ったし。(タクですが)
本屋もハシゴしたし。(それは自業自得ですが)

部屋に戻って、タバコを…



これだけフラフラして、タバコ買ってくるの忘れてるやん…。

雨の中、コンビニへ。

お茶、コーヒー、クーリッシュ(アイス)…それにタバコと。
他には、なにもないな。

さあ、阪神戦を見よう。




カサ、忘れてきてるやん…。

TUBE SNAKE BOOGIE

熱いぞ、甲子園。

済美高校敗退後は、オレにとっては消化試合。
ところが、宇部商の2番バッターのスイングに魅了される。

あんなスイングをする高校生は見たことない。
スイングだけなら小笠原(日本ハム)クラスだ。

ヤツこそ、まさに2番バッターの常識を打ち破る男。
空振りこそが絵になる男。


マジで褒めてますよ、大絶賛ですから。


さて。

今日も定時に終了。
せっかくのフライデー・ナイトだ。
まっすぐ部屋に戻るワケにもいくまい。

しかし、どこかに行くアテもない。

そうだ。
西天満に、店内がすべて白で統一された落ち着かない喫茶店があったハズ。
落ち着きのない男にはお似合いだろう。

早速、ユンソナ号で走り出す。


潰れてました…。

最近、こんなんばっかりです。


で。

以前にも書いたけど、オレはバカ舌。
好き嫌いも多いです。

そして…アイム・チキン!

マーティーやC?3POのように「オレをチキンと呼ぶな!」とは言いません。

だってチキン野郎なんだもの。

そんなオレが自信を持ってオススメ出来る数少ない店。
その名は「おなじみ」。

今回の帰省中、ヒトリでコッソリと行ってきたのですが…
いつも頼んでいた「鳥の骨抜き」がメニューからなくなってる!

と、昔「おなじみ」を紹介してもらったスワンくんに報告したのですが…

ありました。
ハヤトッティ、ハヤトチリだわ。

この「鳥の骨抜き」とは唐揚げではなく、どちらかというと…天ぷら?です。
カラシしょう油で食べるのですが…いや、ホンマにデインジャラス。

チキン野郎にはたまりません。

あと讃岐のチキン野郎が狂った果実のようになるモノが「一鶴」でしょうか?
これは、かなりメジャーですが。

昼も夜も、ヒトリでも大勢でも。
そして、結婚式から二次会までの、わずかな時間に食べに行ってこそチキン野郎。

そして最後に。

「伝説のほろ酔い打線・マティーニ」と「そろそろ中年爆走族…ベホイミ(仮名)」の会議室として利用されている「玉藻」の唐揚げも紹介しておかなければ。

片栗粉を多目(もしかしたら全部?)で揚げてあるので、どちらかというと竜田揚げなんですが、これも帰省の度に食べてますなぁ。

ココも世のチキン野郎に試していただきたい逸品です。

ま、場所が悪いのか、あんまり流行ってないけど…
というか、客が多いとマスターがキレ気味なんですけど…
流行ってたら、オレらが楽しめないからいいんですけど…

結構、なんでも美味しいと思います。

唐揚げ以外は、ズリバターとアジの刺身の切り方が非常にイエイな感じ。


忘れてた。

下北山村の「つなぎめ」の唐揚げ。

コレもウマイですよ。
友人の犬田動(仮名)もまっしぐらでしたから。


ちなみに。

中国チキン事情はダック系ではなく、火鍋チキン系がアツイと思われます。
紅も白も(スープの色ね)合いますなぁ、実に。

あ、メキシコのチキン事情も非常にイエイです。

なんせ。
一羽、丸々食べてましたから。(全盛期)


串に刺されたチキンがクルクルと回されながら焼かれる光景…。

アレほどステキなモノはないよ。
また行きたいなぁ、メキシコ。


そういえば…


おねいさまもクルクルと回ってたなぁ。



どんな場所かはナイショですが。

Love & Pain

野球小僧にあったかーいー♪

男らしくて純情なオレは、小4から野球小僧。(サッカーもやってたけど…)

そして「タッチ」に影響を受けずに「フォーエバー神児くん」に影響を受けた男。
もしも、本当にパラメット(フォーエバー神児くんの科学兵器)があれば、憧れの日ハム入団も夢ではなかったハズだ、と今でも思っている。

ま、えだまつ作品では、ほとんど登場する「武蔵野ワイルドキャッツ」が憧れですが、実在しないことは子供ながらに理解してましたので。

もちろん、誰も知らないとは思いますが。

しかし。
後年、一部で話題になった「キャットルーキー」は、えだまつかつゆき野球作品へのオマージュと見るが、果たしてどうだろうか?(ドマニアチック)

それにしても、えだまつかつゆき先生のマンガは哲学だった。
あとは「東京野球小僧」と「4SPIRITS」がオススメかな。

久しぶりに読みたくなり、仕事中にマンガ喫茶へ。

ない。
まあ、予想してたコトだが。

今度の帰省の時に、実家の魔窟を探すしかないようだ。


さらっと「彼氏彼女の事情」を最終回まで読んで、席を立つ。

しかし…なんだ、この展開。

カレカノはテンポはいいのだが、オレのような「コミックス待ち」程度の読者だと…

ついていけません。


やっぱりオレ的少女マンガ最高傑作は「ハイテンション根性ERS」だな。
あと「劇団ホーホー」も。

中村かなこ先生の新作が待ち遠しい。

先生本人のやっているHPにwebマンガを発見。
面白いなぁ、相変わらず。

興味のある方は、自分で調べて。


そんな不良社会人野球小僧。

今日はグローブの切れたヒモを交換するぞー!
ばちこーい!

いやぁ、それにしてもドッキドキ。
グローブのヒモ交換…32歳にして初体験です。(ホントに野球小僧なのか?)

間違って硬式用のヒモを買ってきちゃったけど、問題ないよね?
なんか太さが違うような気がするけど…

些細なコトとする。

まずは古いヒモを取り外す。
固い。

さすが15年モノ。

ムリヤリにツメを立てながら引っ張る。


ツメが敗北。

人差し指のツメが割れて剥がれる。
しばし、なにが起こったのかわからぬままボーゼン。

我に返る。
そして仕方なく、割れたツメをはうっ!と取り去る。

まあ、どうってことないけど…

なんで、グローブを直そうとして流血沙汰になるんだ?
しかも痛みの持っていき場所がないため、余計腹立つ。

無事な左手で自らを殴る…というワケにもいくまい。



とりあえず…今日はココまで。


痛みをやわらげるために、ビールを買いに行く。
すると、ネット通販で頼んでいたMANAのCDが届いていた。

そうか。
メール便はポストに放り込んで終わりだったな。

早速、ビールを飲みながら聴くコトにしよう。


しかし、厳重に箱詰めされてるな。
でも、ここまでしてるのに…ケース破損。

なんだこりゃ?

それに、ビニールで包まれてないけど…中古品?

そりゃねーだろ。
新品で買ってるんやから。


それでも、ガマンしきれずに聴くコトに。

もう、いいや。
今日はツイてない日なんだよ。

これはもう、あきらめるしかない。
何か大きな力がオレを集中攻撃しているのだ。

その流れに逆らってはいけない。


でも、この店では二度と買わないけどね。

ま、こんな日は何をやってもダメだ。
おそらく、トロちゃん(仮名)にメールしても返事が来ない確率が高いだろう。
おとなしく「やきゅつく」でもやるか。

すると…

木元(重要な選手)、8週間の重傷!


すいません。
オトナゲないですがリセットしました…。

なんだ、この仕打ちは!


まあ、リセット出来るからね、ゲームは。


その後、ドラフトで宮地克彦(尽誠学園→西武→ソフトバンク)を指名。
我ながら激シブな選択だが、他に選択肢がなかったともいう。


…すべてリセットするか?



そして新しく始めるか…武蔵野ワイルドキャッツで。(だから誰も知らないってば)

听不到

吹けよ風、呼べよ嵐。

雷を伴う雨に打たれながら、部屋に戻る。
なんだよ、もう。

いきなり土砂降り。
少しは香川に降りやがれって。

ま、香川に降っても早明浦に降らなければ、意味はないんですが。


しかし。

毎年、水不足を繰り返してますが…


なんの対策も練らんというのは、まるでバカだと思いませんか?


それはさておき。

お盆シリーズの温泉ツアーのコトを書き忘れてました。

まあ、書き忘れるぐらいですから、どうってことはないかもしれませんが。

よく考えてみると、この忙しいというか、かき入れ時でもあるお盆の時期に貸切状態というのは、かなりステキなのではないかと思いまして。

不倫旅行にもピッタリですな。


そんな美馬温泉。
美馬塩江線沿いにあり、地元の人しか来ないような町営温泉。

ちなみに、お盆の13日に1台のクルマともすれ違いませんでした。


まあ、すれ違う時は、かなりのドキドキ感があると思われますが。(道が狭い)

入浴料は400円。
ロゴ入りタオルは200円。

ちなみに、塩江の温泉は400円やら756円とワケのわからない値段設定。
また、きなりの湯(下北山村)が500円なので安い方ですな。

温泉は程よい広さ。
温度は少し高めで、焼けた肌には少しばかりキツめ。

しかし、なにより貸切というのが素晴らしい。

そして。

ホントに何もないんだもの。
一応、レストランとか休憩場はありますが、人の気配ナシ。

もちろん好き嫌いはあるでしょうが…常に都会の雑踏の中で暮らしている、人混み嫌いでシャイなシティー・ボーイのオレにはサイコーでした。

一度、温泉から上がり、ビールで冷却。
バイクゆえ違法行為だが、これぐらいは許されるであろう。

そして、再びザブンと温泉イン。

くうっ!
こんな時間に、こんな場所でくつろいでいる自分がたまらなくステキだ!

新鮮な空気に温泉。
これぞツーリングの醍醐味であろう。


満足して、ストラタスファクション号に火を入れる。

あれ?
エンジンかからず。

もう一度。
今度はキチンとかかる。

さあ、ベホイミ(仮名)のリーダーの待つホールへ急ごう。

急いでるわりには、かなりくつろいでいたが。


信号もなくノンストップで塩江へ。

国道に戻る時に、久々の信号。
シフトダウンしながら減速。


エンスト…。

ミスったようなエンストではない。
急にエンジンが回らなくなったような感じ。

道の駅へ避難してエンジン・チェック。


そんなもん…見たって、わかるワケないやんっ!


頭を抱えていると、アンケートを頼まれる。

バカヤロー!それどころじゃないっての!
この状況を見て理解しろってば!

半分あきれながら、一言文句を言おうと振り返る。


カワイイので任務了解。

何気にのっぴきならぬトラブルを抱えているのだが、イタリア紳士ゆえ仕方ない。
しかし、やたらと多い。(A4で5枚ぐらいあった)

バイクを愛するクールガイを演じながら、マジメにアンケートに答えていく。

でも、バイクは香川ナンバーなんやけどね。


アンケートを終え、再びセルを回す。


アッサリとエンジン始動。

やはり人に協力することが大事だな。


ココロ穏やかに家路に着く。

道中、何かを忘れてるような気がするが、どうせ「さっきの女の子のメルアド?イヤイヤ、いらないってば…どうせトロちゃん(仮名)以外にはメールしてへんやん…そりゃ、彼女は聞いて欲しかったかもしれんけどさぁ…いや、くれるというなら教えて貰うけどネ…」などと、勝手なファンタジーを連想しつつ、自問自答し解決。

家でビールを飲みつつ、音楽鑑賞。


あ。
リーダーを忘れてた。

まあ、ええか。
明日のバイトで会うし。(交通量調査)


で、次の日に聞いたら…


6諭吉、やられたらしいですわ。

まったく…子供も出来たのに、なにやってんの!
今日は、ちゃんとバイトしようぜ!


ま、そのバイトの間も…



お金を紙切れに変える作業で忙しかったんですけどね。


なぜ、歩いて1分ぐらいのトコに場外馬券売り場があるんだろう?
なぜ、二桁の数字を当てるだけなのに、一度も当たらないんだろう?
なぜ、武豊は、買ったときには来ないんだろう?

そんな、なぜのハリケーンに巻き込まれつつも…



北斗のケーンよりはマシと気付くのもイヤな感じだね。

Clavado en un bar

渋滞を警戒し、フェリーで神戸へと戻る。

いや、確かに渋滞はないけど…


満員でした。

エアコンの効いた客室へは行けず、甲板にて日焼けしつつ神戸着。
そして43号線を爆走し、天神橋の部屋へ戻る。

道を間違えたのはナイショだ。


さて。

帰省中の出来事ですが。

まあ、特にいつもどおりでしたんでね。

ラオウは天に返せず。
というか、設定マイナス8ぐらいだろ?と疑うぐらい。

次の日、確認したら…

オレの4諭吉を挟んでBB100回オーヴァーでしたが。


久しぶりに琴電に乗りました。
高松まつりの日に。

久々に琴電で座れませんでしたわ。

あとホルモン屋は美味しかった。
でも「たまも」がベターかな。

酔ってても車で帰れるし。


ところで。


人生にモテ期は何度あるのでしょうか?

女子大生にもココは見られてるので、あんまりハードにはナシですが…


夜のエチケット袋のOBには気を付けてくださいね。


そして。

今日も井川と三浦の投げ合いでしたね。
これぞ、プロ。

そんな中で、コッソリと。

清原が今季絶望の模様。
桑田もあんな感じやし…KKの時代も終わりを迎えるのでしょうか?

でも、桑田以外のピッチャーって…誰がおるんやろ?
結局、桑田が投げないと仕方がないのでわ?

まあ、今までの補強がね。
こうなるのは誰でもわかってましたが。

それを考えると、我がタイガースはピッチャーが豊富。
中継ぎもJ・F・K以外にS・H・Eと粒揃い。

佐久本と石毛ぐらい、無償トレードしちゃえ。


しかし。

もはや巨人も終わりですな。
今更、誰が監督をやろうと一緒でしょ。

オーナーも戻って来ましたし。

ちなみに。
阪神のオーナーは戻ってきてません。

そりゃ先のことはわかりませんが。

その辺ですよね、問題は。
こんなこと、恥ずかしげもなく出来るのがYGなんですよ。

どれだけ優遇されとるかもわからず、それにアグラをかいたままではね…
長嶋さんがかわいそうだわ、ホント。


でも。

ここで見捨てないのが、本当のファンですから。


たぶん、地方のファンはむっちゃ減ると思いますけど。



ま、香川県民はオリーブガイナーズを応援しないとね。


そういや。

香川にバレーボール・チームも出来てますな。

あなぶきんちゃんも応援してるみたいなんで…



オ・カ?ニョ氏(仮名)としゃしゃみん氏(仮名)。


グッズを手に入れてオレにください。

なんか、元Vリーガー以外はカワユイ感じよ。


もちろん。



ユウにはかないませんが。


あ。

北京でも、ファイトでもなくて。



菅山かおるですんで、念のため。

St.Elmo's Fire

10日の夜に帰省。

しかし。
岡山駅で、落雷のため激しく待たされる。

それでもトロちゃん(仮名)とメールしたりで、わりとゴキゲン。
当然、ビールも飲む。

岡山駅のビール。
なぜか230円が235円。

どういうこと?

2本買う。

そうこうしてるうちにマリンライナー到着。
20分とか、そのぐらいの遅れで高松へ。

グリーン席は運転手の真後ろ。
あんまりグリーンな感じせず。

やられたか?

やられたのは、高松に着いてからでした。
知らぬ間に、琴電が30分に1本の時間帯に。

チヴォリでコーヒーをしばき、時間潰し。

築港駅に向かうと、女子高生の大群。

なに、コレ?
部活?
こんな遅くまで?

キャピキャピ(死語)な車内で、今回の旅のお供「万枚くん」を読む。


キャピキャピなのにオレだけキャシー(スロット用語)だな、などとニンマリ。


まあ、なにがニンマリなのかは、普通の人には伝わるまい。


翌11日。

まずは散髪。
サマーな男にしてもらう。

よし。
待たせたな、ストラタスファクション号。(バイクの名前)
今日は、軽?く徳島まで行って「びんび屋」でメシでも食おうじゃないか。

やれるのか、オイ!とばかりにエンジン・オン!

うむ。
相変わらずイイ吹き上がりだ。

バイクはヤル気マンマン。

行こう、刺身定食のもとへ!


オレが暑さでギブ。
リタイア地点は、スタート地点から5キロほど離れたパチ屋。

やむをえまい。
エアコンの効いた店内で、CRユンソナ。

コォッ、テバネセヨ。

すんなり2諭吉勝ち。

帰り道、バイクパーツ屋を覗くと…

赤い彗星モデルのヘルメット発見!

私もよくよく運のない男だ。

リアクション・バイトで購入。
そのままシャア着用で帰宅。

そして、桜井高校の前でイキのいいエヴォを追走。

早々に木馬に出会うか。
私は運がいい。

モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを教えてやる。



存分にシャア気分を堪能。


夜。
パパ達と近所の居酒屋たまもへ。

オレ以外、みんなパパのくせにバカばかり。

ああ、そうか。
パパだから、色々あるんだね。

普通、これだけ周りが結婚すると、結婚したくなるようなものやけど。


心より現状維持希望で。

さて。
今日こそ徳島に行くか。

メール着信。

「北斗、?大量導入!」


いや、行きますよ。
ちゃんとね。



ラオウのもとへ!ではなく、ピリオドの向こうへね。

夏の日の1993

解散総選挙です。

まあ、それでもね…
何も変わらないと思いますが。

で。

オレは住民票を移してないので、香川2区。(と思われる)
地元選出の議員が造反したかどうかを確認する。(ヒマ人か、オレは?)

どうやら、賛成派のようだ。
というか香川選出の議員は、全員賛成派っぽい。

じゃあ…

つまらん選挙になるなぁ。

それよりも。


造反組潰し?のために、我々バサー(バス釣りする人)の敵、浅はかな女・コイケさんが立候補する選挙区(忘れた…)がYO!チェケラッチョ。


非常に複雑な感情ですけど。


このところ社会派のハヤトッティ。

何度も何度も、しかも自分で言うので真実味はないですが…


オレはエリート・ビヂネスマンです。

そんなエリート・ビヂネスマン。
今日は済美の試合をラヂオで聞くために、自ら進んで営業へ。

なんせ、済美はオレ様のこの夏のイチオシ。
青春・汗・涙・カルピスソーダなどのキーワードが似合う夏の甲子園。
なんとか済美に最後まで勝ち残って欲しい。

1漱石分の図書券を何十諭吉分の図書券に変えてもらわなければならないからね。

連勝単式、的中者総取りルールです。

ちなみに、お金じゃなく図書券での賭博は合法ですので。
ですよね、○○県警さん?


まあ、そんな感じで。

どこでヒマを潰そうかと考えていたら…


普通に渋滞で時間をロスしてました。
13キロの渋滞って、どういうことやねん!


さて。

無事に済美も勝ち上がり。(西天満を出て、森ノ宮辺りで確認)
警戒していた柳川と名電が一回戦で負け。
順当なら三回戦で当たるであろう大阪桐蔭もあの調子。

逆側を見てみると、対抗に推す鳴門工がチャンスあり。

このまま勝ち上がってくれば…とんでもないことになりますよ!


そんなわけで。

数十人の諭吉(分の図書券)との出会いも現実を帯びてきました。

ミズノのオーダーグローブも!(¥26250)
ミリオネアのベイキャスティングスペシャルも!(¥39800)
パワーサーフQD真鯛も!(¥34000)
トーナメントキャスターも!(¥87500)
大治郎レプリカも!(¥59000)
モリワキのチタンマフラーも!(¥92400)
ギブソン・レスポールStdも!(¥328000)

なんでも可能です。
ヘタすると、すべてが可能じゃん!


いや、あくまでも図書券なんですけどね。(ホントにホント♪)

でも、夢は膨らみます。


その勢いで。(まだ済美は優勝してないけど…)

今回の帰省。
ま、新幹線は喫煙席の指定席ですが…

岡山からのマリンライナー。


グリーン車を購入しました!(¥950)

いやぁ。
セレブチックに決めちゃってゴメンなさい。

まあ、950円なんで許してくださいよ。
スロなら2分でなくなるんだから。

それを考えると琴電の築港?仏生山間の310円は許せないな。

非常にボッタですよ。

でも…なんで琴電って、たまに乗りたくなるんだろう?
いつまで経っても、座席の表面を逆立てちゃうんだよね。(ビロードっぽい)

そんなことを考えていたら…


くるりのDVDにて、琴電大フィーヴァーとのこと。

と、いうことは、桂林で逢った2番目にカワイイ娘も観てるかもなぁ…。
よし。
今度、会ったら琴電を案内しよう、って…


名前も連絡先もわからないことに愕然とする。

27時間も一つ屋根の下で過ごしたのに…(マジ)
いや、もっと言えば隣のベッドにいたのに…(ホントにマジ)

…電車内ですけどね。

あれ?
でも、確かに連絡先は(コッソリ)聞いたぞ…なんで、ないんだ?

引越してから、一度も開けてない中国関連の荷物の入ったダンボールから、パソコンのマイドキュメントまで、すべてをひっくり返すが…

ないよ、あの娘の連絡先…。


助けてください!誰か助けてください!(森山未来風)


ま、あきらめも肝心だな。

彼女が壮絶に死んでも、いつのまにか忘れちゃう物語だってあるんだから。
桂林くるり子(仮名)だって、忘れて当たり前。

よし。
ワン君の店でビールでも飲むか。


中国人のワン君と都合の悪いコトは中国語で会話。
他の女性店員のコトを「大波」「有点ル膨」「没関係」などと語る。


うん。



非常にいかんともしがたいね。

hechicera

郵政問題とやらが否決されました。

民営化されるにしても、されないにしても、オレの暮らしに影響があるとは思えないので(知らないからね)どうでもいいんです。

ただ。

反対派の意見で「過疎地から郵便局がなくなる」というのがありましたが…

なくなるワケないじゃん。

某電話会社も、赤字間違いナシの島にでも電話線を引いてるでしょ?

完全に民営化して、利益のみを追求!
なんてことは、たぶん出来ないんですよ、こういう業種はね。

しかし、こういう言いがかり的な言い方って…


某アジアの国みたいですな。(深読み禁止)


それに。

「オトナゲないよ、小泉さん…」という意見もありますが…

そのオトナゲない人を選んだのは誰だ?という話ですよ。

政治家の方じゃないんでしょうか?
もちろん、巡り巡ると我々です。(投票しないのも含めて)


となると、誰も文句は言えないと思うのですが。


小泉さんには、存分に好き勝手やってもらいたい。
そのぐらいの権利の行使は許します。


まあ、あくまで不良社会人の考えですけど。


さて。

そんなアツイ一日。
仕事帰り、目的もなく本屋に行くと真琴ジェンヌ(仮名)と遭遇。

カオリン・オブ・ジョイトイ(仮名)と待ち合わせの時間つぶし中らしい。
便乗して、喫茶店でデートとシャレ込む。(ジェンヌは「あわよくば」系やし)

そして、オレの年代モノの携帯の話題になり、古いだの、ボロボロだの、真鍋かをりは微妙だのと文句を言われる。

しかも、なんか勝手にいじくり倒しているのですが。

ジ 「なあ?この『棚橋トロ子』(仮名)って彼女?」
ハ 「あ、トロちゃん(仮名)ね。ま、オレはラヴやけど、彼女は…って、おい!」
ジ 「は?(怪訝そうに)」
ハ 「なに、人のメール見てんねんっ!」
ジ 「ん?ええやん、別に。私、あんたの彼女ちゃうし。」
ハ 「ああ、それもそうか。じゃあ、問題ナシだね!…って、大アリじゃっ!」
ジ 「うわぁ?、熱心やなぁ。」(聞いてない)
ハ 「いや、あの…」
ジ 「あと『中邑』『柴田』『北京』…私らへのメール、少な?。」
ハ 「…返せって。」
ジ 「あ…はい。」

一応、冷静に乗りツッコミはやり遂げましたが…

どう思います?

こんなのが許されるなら、マーシーやって無罪でしょ?
世の中のハレンチ行為は、すべて肯定されるでしょ?

でもね…やっちゃいけないことはあるんだよ。

ハ 「ジェンヌ、彼氏のメールとかも見るんか?」
ジ 「うん、コッソリね。(わりと普通に答える)」
ハ 「でも、見られたらイヤやろ?」
ジ 「そんなん、絶対にイヤ!最低!」
ハ 「・・・(お前は何様やねん?)」(ココロの声…弱気)
ジ 「だって、浮気してるかもしれんやん?チェックせな。」
ハ 「じゃあ、自分がチェックされても仕方ないやん。」
ジ 「なんで?私は浮気なんかしてないもん。」

いや、まったく。

この論点のズレはなんだ?
もはや、お前はジャイアンか!では済まんぞ。

ハ 「こわー、最悪やわー、タチ悪いわー、痴女やわー。」
ジ 「誰が痴女やねん!」

痴女でしょ、ある意味。
のぞきとかスカートめくりと一緒やわ、こんなん。

いや。
そりゃ気になりますよ、オレも。
覗いて見たいし、めくってみたいですよ!(熱弁するコトではないけど…)

でも、合意がなければ…それは単なる暴力、犯罪ですやん。

勝手にメールを見るのも、そのライン上にあるんじゃないの?


やっぱり、やったらいかんコトやと思います。


ジ 「まあ、男と女の違いやって。」
ハ 「そりゃ、そうかもしれんけど…」
ジ 「もし、あんたが痴女に襲われたら、どうする?」
ハ 「そりゃ、これ幸いとばかりに…」
ジ 「うわっ。サイテーの男。トロちゃん(仮名)に報告や!」


あれ?
なんか、おかしくないか?

オレ、サイテーなの?

なんだ、そりゃ。


しかし、まあ…男はつらいよね。

こんな女とも妥協点を見つけようとするんだから。(人それぞれ?)


そりゃ、付き合いたいとは思いませんが。(短期決戦で)



ま、男はつらいし、タイヘンです。




もちろん…オレは何一つ同情されませんけどね。

Lay Your Body Down

昨日から4食続けてカレーです。

これは、キレンジャーを目指せるなぁ。

しかも、全部が同じ店。(某ココイチ)
こりゃ、すっかり常連さんだなぁ…
バイトの娘との恋が始まるかもネ♪とか思ってると…


土曜と日曜、キチンとすべて店に行ってるのはオレだけでした。


ちなみにジャギに5戦5敗…。


さて。


仕事は何でもタイヘンですが。

海外で働くのは、きっともっとタイヘン。

それなのに、オレの周りでは海外で働く人が多い。
そして、やっぱりタイヘンな目に遭ってるワケで。

オレなんか、とある村に就職した時でさえ文化の違いに苦しんだもん。
まさに「不思議の国」に迷い込んでしまった感じ。

そこで一生暮らそうとは、どうしても思えませんでした。

まあ、アリスでは…

「ここじゃみんな気が狂ってるんだ。私もきちがい、あんたもきちがい」
「私がきちがいだってどうしてわかるの?」
「そうに決まってるさ。でなければ、あんた、ここへ来やしなかったさ」

なんてくだりもありますが…。


オレ、やっぱり…まともすぎたんだろうな。(ホントか?)


ま、それでも。

おかしなものはおかしいワケで。

今日の昼下がり。
昨日の昼から数えて、3連続ココイチでカレーを食べた昼下がり。

久しぶりにスカイプを使用しました。

相手はメキシコ在住のぴんち氏。
メキシコで働いている方です。

そして、何気に会話というのは10年ぶり。(それもスゴイ)

いや、色々とタイヘンだそうです。

当然、育ってきた環境も文化も違うワケですしね。
そりゃ、かなりキてましたよ、ぴんちさん。

職場の人間から、ラジオのDJにまで。

まあ、そんなもんじゃないの?とも思うけど…

我々の共通の友人であるタジリ氏。
氏は、それこそ「貸切ジェットでツアーは続く」のスターな男。

同じように、もう何年も会ってません。

それでも、ちゃんとメールの返事は来るもんね。
しかも、軽いオチ付きで。

たいしたもんですわ。


しかし、それはタジリ氏が日本人だから、という話になりました。

ああ、そうかもしれない。
やっぱり、日本人だからかも。

で、そう思ってる人って、周りにほとんど日本人がいないんですよね。
だから、余計にそう思うワケで。

だってさ。

本当に異国の文化を知った上で「海外で働きたい」まで考えんもん。
やっぱり、日本っていいんだし。

周りに外国人よりも日本人が多い状況で「海外で働きたい」とか言われても…ねぇ。

そうか。

そういうのを聞かされたときの、あの軽い違和感というか、なに言ってるの、コイツ?感は、こういうことだったんだな。

オレがオトナ気ないってワケじゃなくて。


まあ、でも。

十分、オトナ気ないけどね、オレ。
ナイフみたいに尖ってるし。

カレーも大好きやし。


で、まあ色々と話したのですが。

Lさんの話は止めよう、とか…
Gさんは何やってるんだろう?とか…


ま、オレがちゃんとやってるんだから。(自称)

他の人は、もっとちゃんとやってるよね。


そんな、ぴんち氏から教えてもらった「Google Earth」。
簡単に言えば、ズーム出来る地球儀みたいなもんですが。

ヤバイ!
面白い、コレ!

思わず夢中で、部屋にいながら旅した気分を味わいながら、色々と試していると…


固まった…。


途中まで書いて「ああ、コレは素晴らしい出来だ!」と、とてもおもしろおかしい作品に仕上がった本日のハヤトッティ・ブログが消えちゃったよ…。

慌てて(寝たり、特命係長を見ながら…)書き直したけど…


なんかライブ盤には勝てないような気がする。


チキショー、グーグルアースめっ!
ホントに最高傑作だったのにっ!



いや、ホントにホントだよ…。(少し弱気)

Down Boys

東条えみ、AVデビュー。


なんですと!

って、元々…アレ?
デビューしてなかったっけ?

教えて、エロい人!


でも…

こんなことにプロレスを使わんといて欲しかったですなぁ…。


さて。

それよりも問題は、今年のアニベルサリオ。
コレがしょうもないと、どうもその年が締まりません。

ついにアトランティスとワグナーJrの決着戦か?と、思っていましたが…

どうでしょう?

考えれば考えるだけ実現しないような気が…。


期待しないで待ちますか。

変にガッカリしないように。(弱気)



で、話は変わって。

どうも、無駄遣いをする人間だと思われているらしい。

先日の銀行口座の一件以来、給料は全て郵便局の口座に移し変えている。

で、その郵便局の通帳は実家にあったらしいのだが、母親が何の気ナシに記帳してみたら…なんだ、この異様な金の動きは?ということになった。

そりゃあ、ね。
出入りは激しいでしょうが。


It dosen't matter!
んなこたぁ、どうでもいいんだよっ!

イタリア風紳士・ハヤトッティ…もう32歳ですやん。
何を今更…って、感じでしょ?

まあ、パチはヒドイもんですよ。
例えるならジョジョのディオ以上。(意味不明)

しかし。
ヒドイかもしれないけど、趣味なんだから仕方ない。

そして、それは無駄ではないのです。
磨いてるから。

人間を、男を、勝負カンを。

いや、ホンマね…磨いて磨いて、ピッカピカ!
それどころか、磨き過ぎてポキリと折れそうですわ。


…ダメっぽいな。


よし。
少し生活を改めようとしてみるか。(ヤル気感じず)

ムダじゃない金の使い方か…


わかんないよ、そんなの…。


とりあえず、軽い貯金でもしてみるか。

そうそう。
ちょうど、欲しいモノが出来たんで。

それは…ミズノ製のオーダーグローブです。

何気にお値段もかなりのもの。
平気で普通のヤツの倍ぐらいします。

まあ、すでにショート用と外野用の2つ持ってるんで、サード用を希望。
片岡(タイガース・補欠)モデルをベースにして、あーだこーだと考えてます。

流行のシルバーでキメちゃおうかねぇ。
ヒモを青にすれば、シルバーブルーで西肥バスみたいだなぁ。

妄想は尽きません。


もう、最近は全然野球も出来てないんで、部屋の飾りになってしまうでしょうが。


そんな話を同期としてたら…

同 「でも、もう2つあるんやろ?」
ハ 「そやで。」
同 「しかも、内野用と外野用で。」
ハ 「もちろん。どこでも守るぞ。」
同 「その3つめのグローブって、むっちゃムダちゃう?」


そうなのか?

でも…


ムダかどうかを決めるのはオレじゃないの?


で、まあ…



オチどころか、結論も出てませんけどね。

ALL IS FORGIVEN

「やっぱり海外組」

と、言われるようなコトを、自分達がやってるコトに気付け、とっとと気付け。

そろそろ、左サイドで松井大輔を試してもいいのではないか?

と、ココで下書き保存してたら…


2日ほど経ってまして。


ま、アテネ世代のキラメキは確認しました。



さて。


うまげなんは、ぜんぶ中国人でないか。

そんな讃岐弁を喫茶店で聞きながら、ビヂネス・トーク。

受付嬢のいる自社ビルを持つ、美人秘書を時間外も連れまわすという不純な仕事へのモチベーションは、美人中国人小姐のいるスナックがある、という割と身近で些細な幸せに勝てやしない。


それは誰でも同じこと。

では、行きましょうか。
そのスナックへ。

ヘイ、タクシー!

会話の弾む車内。
そうかぁ、うまげなんは中国人か。
たぶん、かなりうまげなんやろうなぁ。

軽く妄想しつつ、鶴橋駅前でタクシーを降りる。
そして、案内してくれる取引先の人の後を付いて行く。


…臨時休業。(マジ)


まったく、ひどい展開だったなぁ。

帰りは環状線で帰りました、


ま、それはそれでおいといて。


更新したと思ったら、下書きのまま。

ほんのチョッピリ、うっかりちゃんだったわ。
仕方ない、風邪も食らってたしね。

で。

忙しいながらも、8月のイベント「トロちゃん(仮名)の誕生日」も無事に終了。

わざわざ電話をかけてきてくれたから、喜んで貰えたとしよう。
苦労した甲斐がありました。

慣れない場所で、変な汗をダラダラと流しながらね。
もちろん、風邪の影響もあるのでしょうが。

なんせ、先週の週末はブっ倒れてたワケですから。
それなのに、阪神百貨店まで行くモチベーションはドコから来るの?

そう。
このモチベーションこそが、純粋な愛。


自分で自分を褒めてあげたいです。(有森さん)

結局、自分を褒める男。


そんな有森さんは国際結婚。


友人のマ・アベ氏(仮名)も国際結婚。
北京の某大学の食堂の二階にて出会い、そして結婚。

ま、それだけなら美しい話。
もちろん、そんな美しさには、本来縁のない男。


とにかく世界を股にかけた男である。


そんな氏も、普段は嫁(北の最終兵器)のマークがキツく、また自分の店(いけなくないマッサージ店)もあるのでなかなか飲みに行けない日々を過ごしている。

そんな生活を続けながらも。

現在、嫁が里帰りで実家(ウクライナ)に帰ったそうだ。

ノビノビと自由を得た室内犬のように暮らすマ・アベ氏(仮名)。
そして、そんな氏に軽い嫉妬を覚えるしゃしゃみん氏(仮名)。


盲目の闘将・ハヤトッティ。
あんまり、えらそうなことは言えませんが…


君たちに結婚生活は向いてなかったのではないか?

いや、もちろん…



もっと問題のある方もいらっしゃるようですがね。

GOIN' DOWN TO MEXICO

アンガールズで失笑すら出来ないオレ。

でも、アンガールズのショートコントはデインジャラス&クライシスだわ。
音感がヤバイ時の小柳ゆきとか、化粧がギリギリの小柳ゆきぐらいドキドキよっ!

まあ、わかりやすく言えば、中西学ぐらいドキドキ。(深読み禁止)


そんな、誰が呼んだか(たぶん呼んでない)お笑いブームを感じようとして、そのうえで尚且つ感じ取れないお笑いブーム時代の盲目の闘将・ハヤトッティ。


ちなみに持っている星は「ふたりのアカボシ」…なんつって!(ケヴィン風)


…さて。

そんな感じで、笑いにもウルサイ男・ハヤトッティ。(盲目の闘将なのに?)

すでに押さえている人は押さえているでしょうが…


ついに山崎vsモリマンのDVDが発売されました。

失礼ながら、山崎邦正単体では、ホルスタイン・モリ夫単体では、それこそ正直ドキドキながらも、この二人の絡みは絶品だと思われます。

西のミック・フォーリー、東の山ちゃんと言われる現役ナンバーワンの誉れも高い山崎のハード・バンプに、山崎をリスペクトしつつも、自分の仕事をキッチリこなすモリ夫。

これぞ、真のプロレス!

グッド・リズム!グッド・ヴィドゥムッ!


買うか?
コロンボ後回しにして買っちゃうか?(コロンボは決定済み)


まずは、ラオウ様に聞いてみよう!

「あっちでラオウを見たぜ!」

「あっちに黒王の足跡が!」


ウソつきなガキに振り回された挙句…


謁見することもなりませんでした。


ハヤトッティ・ザ・エリート・ビヂネスマン…

山崎vsモリマン3枚分ぐらいを暗証番号のわからない銀行へ預金。


まったく…お約束通りながら、ムカつくな。
だけど、死には至らない気分はどうだい?みたいな感じ。

先にトロちゃん(仮名)へのプレゼントを買ってて良かったね、ハヤトッティ…。


よし。

もう一度、プロ野球チームをつくろう。
ユニフォームもキッチリと仕上げよう。
ハムのままで使うなんてコトはナシの方向で。

新生・香川ファイターズ(仮名)、新たな船出です!
などと、やってたら…

今度は金村、ミラバル、小笠原、田中など主力を放出…。


なぜなら、新庄と坪井を残すためだ。


最終的に、マティーニぐらいの人数でシーズン開始。
まあ、ゴレンジャーがいるから、打線はなんとかなるだろうが…


いいのか?
ダルにチームを委ねていいのか?

と、指揮官であるオレはシーズン中も悩んでいたのだが…


なんと、アッサリとプレーオフ進出。


しかも、松坂・西口を攻略し、優勝決定戦へ。

待ち受けるのはホークス。
ホークスには1ポイントのボーナスがあるが…

このまま行けっ!「ワンチャンス打線」(こんなのヒドイよね?)

斉藤は打ち崩すものの、和田と杉内に押さえ込まれ終戦。
ダルビッシュ、先発にリリーフにフル回転も力尽く…。


そして、オレも力尽く…って、もう8時かよ!




ハヤトッティ・32歳…


まだまだ、ブッこんでいくんでヨロシクゥ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。