FC2ブログ

Oficina del delusion 4:40

北京とかでメキシコとかを想うわけです。妄想するわけです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWEET CANDY

すっかり秋らしくなってきました。

もう、バイクに乗るにも覚悟が必要。
夜だと、スカジャンでもキツイですわ。

仕方ない。
ガクト様御用達の店にでも行くか。

でも、梅田同様に心斎橋もキライなんだよなぁ。
なんとか通販で買えんもんだろうか?

ネットで物色。

あ。

なんで、こんなのを見つけるかなぁ…。
スルーしにくいやん。

COS-0368.jpg

そりゃ、そういう店を調べてるからだろ、という意見はごもっとも。


でも、大治郎レプリカが安いとこも見つけたし、モーマンタイ。


さて。

寒さだけではなく、グランド・セフトのミッションも厳しくなる毎日。
そろそろ投げ出すタイミングを見計らっております。

ゲームへの情熱もなくなってしまいましたねぇ。

でも、他にやることもないし。
パチも、新しい店を物色中ゆえ、デカイ勝負は出来ません。

すでに、下見で何諭吉も殉職してますけどね。


話を戻します。

実はコッソリと観に行こうと思っていた映画があるのですが…

ちょっと油断してるうちに、上映終了。
というか、打ち切り?

その映画とは…「サマー・タイムマシーン・ブルース」
香川ロケのイカした映画だ。(観てないけど)

でも、終わってしまったのなら仕方ない。


エージェントに違法DVDを買ってきてもらおう。


そういえば。

あの「春の雪」も、香川でロケだったらしい。
あんまり評判は芳しくないですが。

もう日本映画は、ダメダメですわ。
「予告のシーン以外ダルダル」か「シュールさを売りにする」しかないし。

ふかわりょうよりもケンドー・コバヤシの笑いが好きなオレには向いてない。

かといって、洋画もなぁ…。
気になるのはロッキーの新作ぐらいか。(ほんまにやるのか?)


公開されても、観に行くかどうかは微妙ですが。


それにしても。

月曜日はヒマだ。
野球のシーズン中も、試合やってないし。(阪神戦ね)

まして、今はシーズンオフ。
その他のテレビも面白くない。

唯一、面白い「クイズ紳助くん」まで、いかに過ごすか?
それを月曜日の夕方までに(つまり勤務中に)考えなければならんのだ。

今日は、どうするかねぇ。
やっぱり、パチ屋の下見かなぁ…それしかないよな。

一度、着替えるために部屋に戻る。
すると、ナオキ氏より入電。

ハ 「どうした?」
ナ 「昨日の天皇賞は観たか?」

養育費でタイヘンなくせに何やってんだか。

ハ 「いや、観てない。勝ったんか?」
ナ 「ああ。三連単を捉えた。」
ハ 「ほう。では、メシ&酒&おねいさまでも…」
ナ 「は?何を言っている。そんな余裕はない。」
ハ 「え?でも三連単やろ?」
ナ 「なんだ?オッズを見てないのか?では仕方ない。さらばだ!アデュー!」
ハ 「ん?待ってー!タキシード仮面様?!」

単に自慢したかっただけなのか?
しかし、何か気になる。

結果を調べる。

1・2・2・6・1・3・0…円。
アレ?

1226130円ってコトは…122諭吉?
仮に100円だけ買ってても122諭吉ですよ?


それなら、スゴイおねいさまでも問題なかろう!(意味不明)


今度は、コチラから電話をかける。

ちっ。
電話に出やがらねえ。

ヤツのヤサまで行くか?
しかし、そこまでするのも面倒だな、などと考えていると…

ナオキから電話がかかってきた。
光の速さで電話に出る。

ハ 「100万馬券とはどういうことだ!」
ナ 「あ。調べたのか。でも、ダメだ。」
ハ 「なんででー!」
ナ 「この金はオフィスの近代化に遣うことにした。引越し代だ。」

ヤツの自宅兼事務所は…まあ、そんなレトロな感じのところだ。

ハ 「えー!近代化反対!今のヘナチョコ・オフィスで十分なり?」
ナ 「灯油も値上がりしてるし、隙間風はイヤ?ン」
ハ 「それも味でしょ?最寄の酒池肉林希望?」
ナ 「オレもそうしたいけど子供の養育費があと16年?」

さすがに何も言えなくなる…。

ナ 「ま、しかし。引越しも手伝ってもらうコトやし…」
ハ 「そんなことは一言も言うとらんぞ。」
ナ 「謝礼代わりにメシぐらいは奢ろう。」
ハ 「…ま、それで手を打つか。今、ドコ?」
ナ 「日本橋だ。」
ハ 「あ!じゃあ、なんか面白いゲームを買ってくれ。」

そう。
ナオキは、かなりのゲーマーなのだ。

まあ、そうでなきゃ日本橋になどいないだろう。
日本橋は大阪のデジタル・シティやし。

ナ 「ああ、それなら問題ないぞ。ジャンルは何がいい?」
ハ 「アドベンチャーとかかな。」
ナ 「エロいの?」
ハ 「…オススメある?」
ナ 「もちろんだ。パソコン版でいいか?」
ハ 「問題ない。」
ナ 「じゃあ、今日の夜に天六で。」

そんなわけで。

行ってきました、天六へ。
いやぁ、すごく楽しみ♪

ナ 「これが例のブツだ。」
ハ 「なるほど…これが『萌え』か。」
ナ 「…まあ、概ね正しい。」

オレの知識など、そんなものだ。

ナ 「初心者にはキビシイと思うので、PS2版も用意してある。」
ハ 「至れり尽くせりだな。」
ナ 「ああ。最後は涙で画面が見えなくなるぞ。」
ハ 「…ん?エロいんやろ?」
ナ 「もうエロだけでは…やってけないんだ、この業界も。」

そうなのか。
というか、どんな業界なんだ?

まあ、ヤツが言うのなら、そうなのだろう。

よし。
じゃあ、やるか!

と、思ったけど。

かなり厳しそうなので(色んな意味でね…)




「クイズ紳助くん」を観てからにしようかな。(たぶん、最後までやらない)
スポンサーサイト

水の星に愛をこめて

今度もまた、負ける戦いだな…。

1000ゲームでレア小役が40チョイ。
投資こそ4漱石だが、BB15発で下皿プレイ。

最高連チャンは5連。
デカイ連チャンがないと、勝てないっての。

だが…

こう見えても、負ける戦いは得意でね!

時として、捨て身が奇跡を呼び起こすことがある。
その後、白オーラで8連チャンなど、奇跡の単発レス。

初当たりが気持ちよく連チャンして1箱カチ盛り。

堅くイクなら、ココで逃げるべきだ。
だが、レア小役の出現率が40分の一を切っている。

攻めろ。
ココで攻めなきゃ、どこで攻めるというのだ。

アミバか。
出てこなければ、やられなかったのに!

ついに単発。

まあ、そろそろ食らう頃合いだろう。

肉、出た!

…また、単発。

黒王に…ラオウ、乗ってる!

はいはい、単発だろ。


そんなこんなで、約2000枚飲ませて終了。
ひどく疲れた一日だ。

やっぱり、歌を聴かなきゃ、勝てないなぁ。


さて。

今日はスープカレーに再チャレンジ。
レシピも頭に叩き込んである。

スパイスもガラムマサラも購入済み。
最悪の事態に備えて、カレーのルーもある。

完璧な準備だ。
オレにしては珍しい。

カセットコンロで基本のスープ作り。
面倒なので、ベースはコンソメで。

手を抜け、気を抜くな!である。
シッカリとアクは取りますよ!

そこへ、スーパーで買ってきた鶏ガラを投入。
さらに、玉ねぎ・ニンジン・冷蔵庫に残っていた白ネギなどを加える。

愛情と月桂樹の葉も忘れてないぜ。

よし。
次は玉ねぎとひき肉を炒めて、もう一味加えよう。

カカカカカーッ
刻め、刻めっ!(鉄鍋のハヤトッティ)

F91を観ながら(気も抜いた)備え付けのコンロ(電気)で玉ねぎを炒める。
確か「華麗なる食卓」では、黒くなるまで炒めていたな。

面倒なので、ほどほどに。
そう…手を抜け、気を抜くな。

ひき肉も多いけど…
残しても仕方ないので、全部炒めちまえ。

「抵抗するなよ、行っちゃえよ!」

味付けは重要だ。
スパイシーかつ、まろやかにキメるぜ!(適当)

目分量で勝負。
別にカレーなんやし、適当でも大丈夫だろう。

味見してみる。

「こいつは…強力すぎる」

ヴェスパー?
それとも、オレの料理なのかはナイショ。

「こうなっちゃったのよ!こうできちゃったのよ!」

…セシリーのセリフがイヤンな感じだ。


なんか、陣内のネタみたい。


ネタはともかく、カレーのタネをスープと合体!
おおっ、いいんじゃないか?

いや、何かが違うような気もする。
というか、やっぱり経験値が足りないんだな。


だって、1回しか食べたことないもの。(大問題)


もう、どんな味かも覚えてない。
微調整でいいのか、それとも根本的に違うかもわからない。

まあ、今更言っても仕方ない。
日々、勉強ですな。

って、不味いワケじゃないのよ!
問題は、いわゆる教科書通りなのかどうか、ってコトでね。

だが、今日一番の問題は…


井上和香ばりに、米を炊いていなかったことだ。


まあ、味見ばかりしてたんで、そんなに空腹でもないけど。
しかし、今から米を洗って、炊き上がるのを待つのもツライ。

仕方ない。
カレーは二日目がウマイんだよ、と自分に言い聞かせながら…


ココイチへと向かう。

だって、カラダがカレーモードになってるもの。
チキン煮込みヨロシク!


相変わらずのカレー・ジャンキー。


そして。

デザートはミスド。
シェイクとポン・デ・リング。(持ち帰り)

これで…


ついにミスドの「おもむ器」ゲットです!
しかし「おもむ器」…

想像以上にイエイな感じ。
コレ、全部集めたい人もおるやろうなぁ。

ん?
ふとコタツの上に目をやると…

ミスドのポイントカードの残りがある。
読んでみると「さらにワクワクチャンス」とのこと。

マーク10コでカフェオレ・カップをプレゼントですって!

銀色の部分をこする。

5枚で6コ。
ということは、あと4コ。

なら1200円じゃないか!


ムリだ。
引き換え期間は明日まで。

どうやったって、そんなに食べることは出来ない。

買うだけ買って…食べずに捨てるか?
いや、そんな勿体無いコトは出来んだろ。

ん?
そういえば…

なんで、食べ物は勿体無いと思うのに、スロットは思わないんだろう?



こんな大人を…修正してください!誰か修正してください!!

恋とマシンガン

なんか知らんけど。

同じ日に違う場所で同じコトが話題になることがある。
アレって不思議。

西天満某所での秘密会議。

仕事の話2割・よくわからない話8割で終了。
それから、遊びの話になる。(よくわからない話には含まれない)

今年は、沖縄か福岡に行って、来年の2月ぐらいにススキノです、とか話す。
すると、めぐめぐ(仮名)にデジカメを買え!と言われる。

なんだよ、唐突だな。
理由を簡潔に述べよ。

め 「旅行の時とか、思い出になるじゃないですか♪」

なるほど。
でも、オレはね…

ハ 「思い出は…写真じゃなく、ココロに焼き付けたいんだよ。」
め 「は?ハヤトッティさん、アダチユミのダンナですか?」


それは「甘?い」っていう方なんで、微妙に違うぞ。
しかし…

スピードワゴンはオレの芸風とカブるからイヤン。(ビヂネスマンです)


その後、一度事務所に戻る。

25日を過ぎると、いきなりヒマになる。
某おそうじ会社じゃ、考えられんことですが。

で、取引先のフジモン(仮名・なんか公家顔)とムダ話。
ちなみにフジモン(仮名)との初対面の時の会話は…

ハ 「京都出身どすか?」
フ 「…兵庫です。」

たぶん、オレ…

フジモン(仮名)の好きな人リストには入ってません。

まあ、それはいい。
その方が、リミッターなしで喋れるから盛り上がる。

フ 「新しいデジカメを買おうと思ってるんですよ。」
ハ 「へー。どんなヤツ?」
フ 「あ、今見てるんで、メールで送りますね。」

仕事しろよ。

フ 「見れます?」
ハ 「見れるよ。なんか派手やな。(写真参照)」

araicamera_1867_22856.jpg

なるほど。
どうも、マティーニ・カラーもあるようだ。(ムラサキ)

フ 「なんとか来月の給料で…と思ってるんですけど。」
ハ 「でも、1回パチンコ行かんかったら買えるやん。」
フ 「…世間一般では、ハヤトッティ理論は通用しませんよ。」

オレが散々身を削り、自信を持っている理論をアッサリ却下される。

ハ 「なんどす、このニセ・京都人!オレの方が、よっぽど京都人どすえ!」
フ 「だまれ、エセ・イタリアン!名探偵コナンで覚えた京都弁のくせに!」

ま、罵りあいの詳しいディティールは省きますが。

とにかく、そんなやり取りがあったのだ。
なぜか、デジカメの話題ばかり。

デジカメのことよりも愛を語ろうじゃないか!(めぐめぐのみ)

…それはともかく。

オレ、甘いオブラートで包んでますが…

マジで写真より目とココロに刻み込みたい派。
ファインダーを覗いている余裕の無い程の景色がステキ派。(意味不明)

よって、デジカメには、まったく興味は無いのだが…


フジモン(仮名)への嫌がらせに、このデジカメを買っちゃおうかしら?
もちろん、マティーニ・カラーで。

それに、想い出探しツアー(10月20日・激しく激しい情熱・参照)の時も、その場所の写真があれば、もっとわかりやすかったかもしれない。

あと、現像してくれない写真も撮れるしね。

また、オレにはヨドバシのポイントがある。
テレビを買った時のポイントが1諭吉ほどあるハズ。(詳しくは不明)

おそらく、このままだと使わないのだ。
だから、あながち悪い選択でもないと思われる。

サイフの中には5諭吉か…。

早速、ヨドバシへ。
思い立ったら、即行動だ。


が、梅田の人の多さに辟易し、早々に退散。

やっぱり、梅田はキライというか…馴染めないなぁ。
ネット通販で買えばいいや。

ところが。

ネット通販では、ポイントを使えないとのコト。
ヒドイよ、ヨドバシカメラ!


仕方ない。
そのうち仕事を休んで、平日に行くことにしよう。

この週末は、スープカレーだな。
桜ノ宮のドンキで、フライパンとコンロを購入。

これでバッチリ。


そして。

自らの理論を確かめるために…


この後、激しい気性の南国娘にカメラ1台以上貢ぎましたけどね。




はい、自信が確信に変わりましたよ。

カナズチ人生、あなどるな

悪夢の4連敗。

だが、この現実味の無さは何だ?
街の様子も、いつもと変わりない。

ああ、そうか…


これが現実逃避ってヤツだな。


だから全然へっちゃらDeath!
もう、井川は大リーグへ売り飛ばせ!


で。

昨日は接待で北新地。
さすがに、やしきたかじんが飲みに来る街。

ステキ。

まずはチキン野郎らしく、鶏料理専門店へ。
薩摩地鶏と名古屋コーチンを掛け合わせた鶏らしい。

言葉の意味はよくわからんが、とにかく…すごそう。

運ばれてくる。
すげぇ。

何がスゴイって、店員のレベル。


うまげちゃん(伊藤語録より)ばかり。
このレベルの高さは恐ろしい。


だが、支払いも恐ろしいことになるのだろう。


会社経費やけどね。
あ、地鶏は普通に美味しかったです。


その後、おとなしく帰宅。

すると、阪神敗退の報。
そりゃ、日本シリーズはオマケですよ。

オマケやけど…


4連敗はないよなぁ。


考えてみれば。

今年のタイガースは普通に強かった。
普通に強いということは、逆にミラクルは起こせないのだろう。

メーク・ミラクルはロッテでしたな。
強かった…ロッテは強かった。


だけど、あの変な茶髪や金髪は許さないぞ!


そして。

今日は、ロッテリアではなくミスドへ。
別にロッテがどうこうではなく、ロッテリアは近所にないし。

それに、今のミスドには「おもむ器」があるしね。

6ポイントで貰える「おもむ器」まで…
残り3ポイント、ラストスパートです。(折り返しじゃないか)

ポイントカードは300円で1ポイント。
ということは、900円分買えばいい。

ドーナツだと7コから8コぐらいか。
それは、さすがに苦しい。

このあいだも、ドーナツ尽くしだったし、何度もやるもんじゃない。

まずは、コーヒーとポン・デ・リングを注文。
これで1ポイント。

店内にて食す。
そして、ふと思い出した。

ミスドでバイトしているトロちゃん(仮名)いわく…
シェイクもオイシイですよ♪じゃないか!

帰る時に抹茶シェイクとポン・デ・黒糖を。
これで、本日は2ポイント。

外でタバコに火を点ける。(店内では吸わないことにした)

ついにココまで来たか。

いよいよ、残りは1ポイントだ。
最終日は30日なので、もう余裕でしょう。


明日、キメますよ。


しかし、さすがにトロちゃん(仮名)だね。
コレが愛のパワーだよ。


愛ってステキ…。




それも、現実逃避…というか妄想やけど、わかってる!よくわかってる!

愛情三十六計

カマタマ?レ!

それはないよ。
間違いなく、それはない。

脱力系というか…


ゲームの中で付ける程度の名前だろ?


さて。

男の憧れとは何だ?

オレはもちろん、憂いのダーティー・サーティー。
こればっかりは、ゆずれない。

まあ、具体的には不明ですが。

それでも。
男には自分の世界がある。

それは、メイド喫茶なのかもしれない。
そうじゃなきゃ、こうも話題にはならないだろう。

天神橋でも、結構メイド服姿の娘を見るしね。
喫茶店があるのかどうかは、未確認だが。(日本橋にはある)

聞くところによると、松山にはあるとのこと。
お、それは地元で行きやすいやん。(なんとなくね)

断片的な情報を拾い集め、友人達の話を総合すると…

「女子のクオリティーが低い」とキッパリ。

まあ、それは人それぞれ。
ストライク・ゾーンは曖昧なもんだから。

調べる。


予想以上で妄想も不可能。


そんなわけで。

今日はステキな給料日。
U店が潰れてしまったので、パチにも行く気が起きない。

しかし。

そうなると、オレは…
スナフキンのように、ギターか釣りしかないのだ。

つまらない人生だ。
阪神が調子悪いから、なおさらだわよ。

そこで、ゲームを買おうと思い付いた。
ストラタスファクション号を押しがけし、ゲーム屋を目指す。

ところが。

最近はハマるゲームもなく、大阪でゲームを売ってるトコも知らない。
まあ、ツタヤに行けばあるだろうと、天六へ。

どうもイマイチ。
でも、どこに行けばいい…あっ!

たしか、以前住んでいた場所の近くにあったハズ。
行け!長柄橋を渡れ!

橋を渡れば、ゲーム屋はすぐにあった。
マスィ?ンを横付けして、するっと店内へ。

男の憧れは「ダーティー・サーティー」やら色々だが…

男のロマンは「ロボットと美少女」が定番であろう。
その二つを一挙に満たすのは…「スパロボ」か?

そんなわけで「スパロボ」シリーズを物色。
だが、知らないうちに、かなりの種類が出ている。

どうする?
まあ、どれも変わらんと言えば、変わらんけど。

そうだ。
ここは、そのスジの人に聞くのがベスト。

犬田動(仮名)に電話だ!

携帯、不携帯…。

仕方ない。
ロボットと美少女は次回にしよう。

グランド・セフトを購入。
暴力的と噂になったアレだ。

そして、秋の夜長はアドベンチャー・ゲームも欲しいところ。
だが、面白くないアドベンチャーは、耐え難いからなぁ。

安いのにしておこう。(古いのは新品でも安い)

これなら、クソゲーでもダメージが少なくて済むしね。
パチに比べりゃ、何でも安いもんだが。

せっかくなので、業務用スーパーでお徳用豆板醤を購入後、部屋に戻る。
よし、久々にプレステのスイッチ・オ?ン!

グラフィックは、名作の誉れ高い「EVE」っぽい。
これは当たりか?

うわっ!
萌えな声で喋りまくりですよ!


…30男には、少々キビシイですな。


1時間程で心が折れました。

タバコに火を点け、天井を眺める。
確かに、安すぎると思ったんだよなぁ。(安いのを選んだくせに…)

パチンコで負けるよりもダメージだ。
こんなことなら、パチにでも行っておけば良かったよ…。


行くか?

U店亡き今、新たなステージを探さなければなるまい。
いつまでもU店との思い出に浸っているわけにはいかないからな。

今度はユンソナ号で走り出す。
まずは天神橋筋商店街の他の店をチェックしよう。

でも、なんかイマイチだな。
クソゲーのせいだけではなく、気分が乗らないよ。

U店の前で立ち止まる。
本当に潰れてしもたんやなぁ。

まったく客はおらんし、交換率は悪いし、どうしようもないけど…


オレはこの店が好きだったんだろうなぁ。(しみじみ)


来た道を引き返す。
やっぱり、しばらくはU店の喪に服そう。


それにしても。
パチ屋が閉店したことで、ヤル気を失くすなんて…


もはや、色んな意味でギリギリの領域。

アイスでも買って、おとなしくゲームでもやろう。
クソゲーとはいえ、あの松山のメイドよりはカワイイんだから。(暴言)

帰り道。
1丁目付近で、いつものメイド服姿の娘を発見。

アレが「ご主人様、お帰りなさいませ。」と跪いてコーヒー渡してくれるのか…

楽しいのか、そんなの?

まあ、松山よりは上だが。
しかし、メイドは顔じゃなく精神的なものかもしれんしなぁ。

しばし、妄想。


ま、アレならちょっとは経験してみたいかも、というのが本音だ。

もちろん…



「アレ」とは松山のメイドを指してはないが。

She's Tight

朝からドーナツ。

昨日、好きなものを先に食べるか、後に残すか悩んだが…
結局は好きなものを後に残しました。

残したのは、ポン・デ・ショコラとフレンチ・クルーラー。

オールド・ファッションとかなら、パサパサになってしまう可能性もあるし。
その決断はどうなるか?

イエイな判断でした。

とにかく。


あと3ポイント、なんとかしないと。


さて。

昨日から、どうも体調がイマイチ。
U店も閉店してしまい、行くトコもない。

やるか?
スープカレーにチャレンジするか?

それは面倒だな。

メシは…あるものを食べよう。
ラーメンと素麺しかないけどね。

部屋で競馬でも見ながら、日曜の昼下がりをダラダラ過ごそうよ。

ところが。

何気なく見ていたネットで、恋愛シュミレーションゲームを見つける。
ちょっと、やってみようかな?

まずはヒロインっぽい子から。
簡単に終わらせちゃうぞ!

失敗。

まあ、こうでないとな。
アッサリ終わったら、またヒマを持て余すことになるし。

ところが。

何度やってもハッピーエンドにならない。
まあ、たまに違う娘にフラッとなってしまったことはあるのだが。

さすがに意地になる。
しかし、やっぱりうまくいかない。

仕方ない。

攻略法をネット検索。


ハッピーエンドまでのチャートを見つけ、一安心。


無事、ハッピーエンドに到達。(当然)
終わると、ほんとにどうでもいいなぁ。

ふと、点けっぱなしのテレビを観ると…


ディープインパクトが三冠達成の歴史的快挙。

良かった…買わなくて。
買ってたら、エライ目に遭わされたことだろう。

なぜ本命に逆らうのか?

それは。
当てたいからではなく…


儲けたいからです。


ま、そんなこんなで。

ダラダラとした休日を演出。
けしてエンジョイはしてないけど。


夜のお楽しみは情熱大陸。

今日はイタリアに旅立った高橋みゆき(日本代表)とのこと。
イタリアはオレのココロの祖国でもある。

これはゼヒとも応援したいところだ。
あの身長は「頑張れ?」と思わせるし。

ところが。
なんか、イタリアに来て痩せたらしい。

それはマズイ。
スパイクは体重が大事。

ただでさえ、身体が小さい分、不利なのに。

試合出場の場面が映った。
ん?


…ホントに痩せた?


イタリアはユニフォームがピッチリ系というのもあるかもしれんが…


パツンパツンですがな。

現在の高橋みゆき選手
Miyuki.jpg
ヴィチェンツァのHPより

まあ、イタリアならメシが合わないこともないだろう。
なかなか、出場機会も少なくなるでしょうが、頑張って欲しい。


しかし、まあ…



相変わらず、主張してますなぁ。(ナニが主張してるかは秘密)

スパルタンX

なんか、一気に寒くなりましたな。

ユニクロのエア・チャイナTシャツのみでは、かなり寒い。
一度部屋に戻り、お気に入りのスカジャンを羽織って、新大阪へ。

今日は朝から中国支店御一行をお出迎え。
せっかくのオフが台無しだ。

朝なんで、尾道ラーメンもサンマルコもやってないやろうしなぁ。
入場券は買わないでおこう。

勝手知ったる新大阪。
待合室で時間潰し。

無事に合流。

まずはホテルへ。
どうもお疲れとのことなので、どこかで休憩することにする。

そうだな…
言葉巧みに、ミスドへと誘導。

おもむ器をゲットするためには、あと3ポイント必要だからね。

ところが。
ポイントカードは、キッチリと12ポイント。

6ポイントで交換なんで…おもむ器2つ。

中国人奥様、大喜びで中国へお持ち帰り。
そして、オレは食べきれないドーナツをお持ち帰り。

しかし、中国人のカッコも微妙だなぁ。
出来損ないのラッパーみたいだ。

「なんかMMとか言うてたなぁ。」
「今時、ギャル語ですか?」

マジでムカつく?
三沢光晴?


超MMとは、ものスゴイ三沢光晴のコトだー!とか思い浮かべながら…


ものスゴク、どうでもいいとも思う。


で、その後は一度部屋に戻った。

そして夜までに、ドーナツを6コ食べる。
胸がムカムカのMMだわ…とか、ちょっとウマイことを考えて、一人悦に浸る。

オレ、ヒトリで何やってんだ…。

あと2コ、晩飯にしようと思ってたら…
中国支店長からのお誘い。

今日は日本シリーズ開幕戦。
これは、普通の日本人なら見逃せないだろう。

イタリア人(風)でもそうなのに。

しかし、中国人ばかりと一緒にいるのがツライのは、よくわかる。
それがわかるだけに、断りにくい。

だが…

あれだけドーナツを残しながら、ワッフルセットを頼むとは何事だ!

さらに、半ばムリヤリにワッフルを1コ食べさせられる。
ヒドイ話だ。

その後、すぐにメシに行こうとのこと。
たまらんな、実際。


リクエストはお好み焼き。

ドーナツ・ドーナツ・ワッフル・お好み焼きって…。


これまた、ある意味「粉もん三昧」ですな。


梅田・東通りの店へ。

店内では野球中継をやっている。
一安心。

負けてるやん、タイガース!

ここ10年。
第1戦に勝ったチームが優勝する確率は90%。

だから、井川は…

それでも、ヤツはタイガースのエース。
だが、エースで負けたら仕方がない…

と、バックやファンが思っているかどうかはねぇ。


シッカリしてよ、井川!(切実)

その後「うまげな中国人」のおる店にも行かず。(まあ家族連れやしね)

で、部屋に戻ってきたら、濃霧コールド負け。


これまた、ヒドイ話だねぇ。


まあ、そんなこんなで。

今日はヒドイ一日でしたよ。
何もやった気になりませんでした。

本来なら、スープカレーを研究するつもりだったのに。
業務用スーパーへ買出しに行くつもりだったのに。


フライパンも包丁もないけどね。


ま、明日もドーナツ確定。(結局、2コ残った)

さすがに、もう今日は食えん。
それに、なんだか疲れた。

ネットで笑い男グッズを物色。
公安9課Tシャツも買っちゃおうかなぁ。

あと「芸能人占い」なるものをやりました。
なんと、北野武タイプとのこと。

すげぇ。
世界だよ、世界。

まあ…

彼氏にしたいタレント 18位
抱かれたいタレント 34位

と、微妙ではありますが。(何基準?)


あ!
もしかして!


MMって「エニネム」のことじゃないか?
おお!そうだよ、たぶん!


ほんの少しスッキリ。




でも、やっぱり…どうでもいいなぁ。

You Can't Do That

断っておきますが。

実際に恐喝はしてないからね、オジキ。
来なかったんだよ、美人局。


残念。


そんな、ちょっぴりセンチメンタルな秋。

大阪転勤以来、何度も死闘を繰り広げてきたU店が20日を以って閉店。
もちろん、最後を看取りましたよ。

最後までニューパルは当たらず。
いや、それでいいんだよ。

ありがとう、そしてサヨナラ…うさぎや。(正式な店名)
イトウリョウも悲しむことだろう。


持ち帰ったコインは、記念に取っておくからね。(軽い窃盗)


さて。

続々と新番組が始まっておりますが。
残念ながら「相棒」以外は、ココロに響きませんねぇ。

今日も「花より男子」が始まりますが…


ちょっとは新しいモノを生み出せないのか、この国は!


まあ、原作は大事ですけどね。
でも、おにいさん…ちょっとウンザリかなぁ、こういうの。

多少、気になるのは…

つくし役が井上真央なんです。
キッズウォーの主役の女の子なんですが。


ちょっと、うまげになってます。


ところで。

世の中はパクりパクられ。
誰かのコピーから始めるのは普通かと思われます。

オレの場合、ギターはさだまさしから。
エレキはヴァン・ヘイレンからでした。(ライトハンド奏法で挫折)

いつも大幅に編集されてましたが、釣り雑誌に出していた原稿も、田山さん(パチプロ)と桜玉吉(マンガ家)の影響を受けてます、絶対。

まあ、オレらクラスなら、シャレで済むんですよ。
影響力もないから。

でも、ちょっと有名なマンガ家さんは、そうもいかんというワケなんですねぇ。
そりゃ、あのマンガ家のしたことは、もちろん恥ずかしいコトですけど。

ちょっと処分が厳しすぎますよね。
事実上、マンガ家としては死刑宣告。

まあ、潔く認めてしまったんでねぇ。
あっさり認めるということは、たぶん悪い人ではないんでしょう。

ソレが災いしちゃいましたね。
でも…


絶対に「なんで私だけ?」と思ってますって。

他にも怪しい人はいますもんね、間違いなく。


もちろん、叩く人の気持ちもわからんでもないんです。
オレも某人気2人組の曲を聴いたときに…

アレ?って思いましたよ。
これってモトリーの「LIVE WIRE」じゃないのって。

だから、オレはこの二人組の曲は聴いてないです。
抗議としては、それで充分じゃないですか。

好きな人は、好きなんだから仕方ない。
キライな人も、キライなんだから仕方ないんですよ。

まあ、それでも世の中には討論好きな人が多いから。
真実なんて、一つじゃないことも多いのにね。

時間の無駄ですよ、そんなの。
人に意見を押し付けるということは、自分も押し付けられてもいいということ。

あたしゃ、ゴメンですね。
押し付けない代わりに、押し付けられるのも却下、なスタンスでヨロシク。

あ、一応、聞く耳は持ちますよ。
でも、その後、実際にそうするかどうかは…自分で決めますけどね。


ほんま、竹熊健太郎さんがブログで書いていたように…


ココロの中で軽蔑する…ぐらいで、いきまっしょい。(パクリ)


で。

色々含めて…
オレって心が広いなぁ、と実感してます。(自分ラヴ)


実際は「ココロの中で軽蔑」してますけどね。


こんなことがありました。

帰宅後、携帯に「どうしても急ぎのがあるんで、なんとかならんか?」と連絡。
これは、どう考えても無理。

でも、そんなもんは頼んでる方もわかってるんですよ。
それなのに頼んできてるんです。

すぐに「無理ですよ」と断るのは誰でも出来る。
ここで何とかするのが、いわゆる出来る人間。

オレはエリート・ビジネスマン。
「無理ですよ」なんて、そんなことは言えない。

「わかりました。一応聞いてみます。」
そう答えて、すぐにメーカーに電話。

「もしもし。あ、ハマーン?ちょっと無理言うんやけど…」

じゃあ、ハマーン(仮名)は何て言うたと思います?
「無理です。」

即答です。

一応、聞いてくれよ。
アンタが納品してるワケじゃないんやからさ。

仕方なく取引先へ電話。

「すんません。やっぱり無理でしたわ。」
「そうかー。ま、しゃあないな。無理言うたな、じゃあ。」

で、この一連の流れ。

ハマーン(仮名)はイヤな人っぽいんですが…

ある意味、当然の事を言うてるだけなんですよね。
オレやって、仕事終わって、部屋に戻ってるぐらいですから。

でも、オレがしたことを、ハマーン(仮名)はしてないんですよ。

確かに、無駄なことかもしれませんけどね。
でも、ちょっと聞いてみるぐらい出来るでしょ?

決められたことだけやるんならね…


「○番台、大当たりスタートです」ってパチ屋で言うてる機械でいいんですよ。


人間の本質は、そういう無駄な部分でわかるような気がするなぁ。

もう、これでオレは絶対にハマーン(仮名)とは付き合えないですもん。
精神的にも、たとえ20キロ痩せたとしても。


…20キロ痩せたら、話は別かもなぁ。
性格なんて、どうにでも出来るもんな。



と、マジメな話を台無しにしてしまうオレが何を言う、早見優。(またパクリ)

激しく激しい情熱

カナダのアジ子さん(仮名)のブログを見る。

ふと、カウンターに目をやると…2222のゾロ目。
こ、これは!

そのまま、パチ屋へ。
坐ったのは222番台の北斗の拳。

いつものように「サイフがヘ?ン!」かと思わせて…


でも、やっぱりダメだったというパターンでもないぞ。


漱石1枚のスイカ1発で14連だコノヤロー!
愛で空が落ちてきたっての。

あわよくば、2222枚を狙っちゃおうかな♪とも思ったが…
1箱キープでの2諭吉2漱石狙い。

残念。
2諭吉4漱石。

ま、沖縄娘に貢いだりで…


すでに手元にいないんですけどね、諭吉さん。


さて。

先日、仕事で吹田の天道町へ。
あれ?ココは…あの現場じゃないか!

そう。
友人・犬田動(仮名)がノックアウト強盗に襲われた現場だ。

犬田さん(仮名)には気の毒だが、なんとなく懐かしい。
オレ達の青春時代が、確かにそこにあったんだから。

そんなわけで。


今日は思い出探しの旅とシャレこんだ。


長柄橋を渡り、吹田南橋経由で吹田へ。
あ、学生時代お世話になった業務用スーパー発見!

懐かしい。
この店の2キロ598円の鶏肉にはお世話になったんだよ。(チキン野郎)

その後、798円に一気に値上がりした時には泣きそうになったなぁ。
でも、営業努力で(中国産からブラジル産に変えた)598円に戻したんだよ。

また買出しに来よう。

直進する。
あら、犬田マジック(魔法の紙)でゴチになった「さと」発見。

二人で六人掛けの机を料理でイッパイにしたんだよなぁ。
あの魔法の紙は素晴らしかった。

そういや、ウチも経費は使い放題やったよなぁ…。(ニヤリ)
逆に、そう言われるとね…やりにくいよ。

縁があったら、また今度。

さらに直進して、岸辺駅を目指す。
おお、揚げ餃子がウマイ東洋軒だ。

まだ、やってたのかぁ。
でも、ラーメンがイマイチの中華料理屋は問題だよね。

ただ、揚げ餃子と唐揚げ、そしてニラレバ炒めは最高だ。
揚げ餃子は、アホみたいに注文して、残ったら持ち帰るのがルール。

ニラレバはモヤシや他の野菜で水増ししない、純粋なニラ&レバーで。
それでも、量はタップリで450円。

素晴らしい。
近いうちに、また確認しにきます。

ついに岸辺駅前。
最初の目的地はラーメン屋「大王」。

当時の犬田部屋から徒歩3分。
そりゃ、オレも犬田動(仮名)もバカみたいに通うわ。

ちなみに、大王と書いて「ターワン」と読むのを知ったのは8年後。
教えてくれたのは、青野番長・まっつん。

ヤツも行きつけの店だったのだ。
お客さんにもファンがいて、遠い下北山村で盛り上がったこともある。

味噌コーンバターラーメン、ヨロシクゥ!

ウマイ…そして、懐かしい。
まっつんから教わった今だからわかるのだが、やはり八角が効いてるなぁ。

スープを最後まで飲み干してから席を立つ。
また来ます。

そして、岸辺駅の下を通り抜ける。
通り抜けたトコロが、悲劇というか喜劇の現場。

ん?
微妙に違和感。

なんだ?
何かがおかしい…はっ!(大袈裟)

犬田(仮名)が捨てられた田んぼがないよ!
その時に助けを求めたレンタルビデオ屋もコンビニになってる!

それに…なんだ、アレ?
スシローって、回転寿司か?

これだけ店が出来て明るくなったら、犯罪も減るよなぁ。
犬田(仮名)の犠牲も、無駄にはならなかったのかもね。

しかし、今から10年チョイ前は…

美人局やらの時代錯誤な犯罪があった街。
そう簡単に油断するのも問題だ。

涙で渡る血の大河、夢見て走る死の荒野。

そう、そんな血で血を洗う危険な街・吹田。


まあ、その美人局も…



まさか、逆に恐喝されようとしてたとは夢にも思うまい。(待ち伏せました)

就是愛

カワムツ。

kawamutu1_1.jpg

コイ科ハエジャコ亜科オイカワ属。
能登半島、静岡県以西の本州、四国、九州各地の湖沼河川に分布。
近年、A型とB型に分類。

オスは、産卵時にブツブツが出て、かなりブサイクになる。(追星ね)
食べてみたら、そこそこウマかったわよ。

とにかく、問題はカワムツよりも村上ファンドだ…
と、ドトール休憩中のオレ様かく語りき。

みたいなね。

そんなウンチクをマ・アヴェ(仮名)にメールしたと思ったら…


トロちゃん(仮名)の元へ。

ある意味、他の女の子とのメールが流出するよりも恥ずかしい。
いや、もちろん、他の女の子なんていませんが。

「ハヤトッティって、イカしてるけど…カワムツ・マニアなのね…。」
「オイカワじゃなくて、カワムツってところがいかにもだわ!」
「しかも、お使いに便乗して、ドトールでサボタージュなんて!」
「そのドトールって、お使いに行った郵便局よりも遠いじゃない!」
「ジャスト・ライク・ダメ・サラリーマンだわ!甲斐性ナシだわ!」

などと、ちっちゃい萌えキャラと化したトロちゃん(仮名)が、そんなマイナスなイメージを持っている妄想を自分勝手に繰り広げて、ココロに大ダメージ。


もっと、センスのある間違いメールを送れよ、オレ様。


さて。

昨夜は「24season3」の最終回。
ここまでの話題作、最後ぐらいは観ないといかんでしょう。

いやぁ…寝ちゃいました。(マラソンの谷口風に)

もちろん、気になると言えば気になるんですよ。
でも…正直そんなに面白いとは思えんかったなぁ。

ま、人それぞれ。
やっぱり、睡眠欲には勝てませんネ。


まあ、縁があったら、今度観ます。


で。

最近、思うのですが。
やはり、料理というのは下ごしらえが重要だと思うのです。

こないだのスープカレーの失敗から得た教訓。
それは…

作る前に調べるということ。(当然といえば当然)

そこで、最近はメキシコ料理のレシピを集めている。
だが、お目当てのソパ・デ・マリスコスのレシピがない。

サルサ・ベルデのレシピはあったのだが、なんか違うような気がするし。
適当にやってみると、オレのセンスでは失敗するのは明らか。

ゼンマバ?ン♪
助けて、味皇様!


ま、包丁とフライパンを買ってからでも遅くはないか。(論外)


そんなわけで。

本日のディナーはミスド。(どんなわけだ?)
しかも、飲茶じゃなくてドーナツですよ。

ちなみに、先月からカフェオレが飲み放題になってます。
これで選択肢も広がる、というものだ。(飲み放題のね)

しかし、今更ですが…

ポン・デ・リングの食感はステキ。
なんか、クセになっちゃうわね。

でも、それを言うとフレンチ系もヤバイ。
オールド・ファッションもイースト系もだ。

ただ、ウチの近所のミスド…全席禁煙なんですわ。

まあ、たぶん昼時以外は大丈夫なんでしょうけど。
やっぱり、なんか気になります。(小心者)

愛煙家として、やはり吸わない人に迷惑を掛けれない。
それが菅山かおるファンというか、JTファンの努めだ。

吸ってるの、ラッキーストライクやけど。

でも、コーヒーにはタバコが付き物でしょ?
飲み放題のコーヒーがあるのに、タバコを吸えないのはねぇ…。

近くのスタバはタバコが吸えんから、わざわざ遠くのドトールに行く男が。
やっぱり、持って帰って食べるしかないか。


じゃあ、カフェ・オレ飲み放題の恩恵は…。

でも、やっぱりタバコを選ぶ。
それこそ、今更止められないもの。

とりあえず。



あと3ポイント集めて、おもむ器の大皿セットを貰っちゃうぞ。

el costo dela vida

小泉首相、靖国参拝。

日中関係が懸念されるとか?(個人的には国交断絶してほしい)
韓国の大統領が訪日しないとか?(個人的にはどうでもいい)

色々と問題アリだそうですが…


こうしましょうよ、という建設的な意見って出ないもんですなぁ。

行ったら、この状況。
行かんかったら、公約違反。

ツライですなぁ。

ま、とにかく。
日本人は外国人へのコンプレックスというか、気にしすぎやね…


と、イタリア人(風)のオレは思います。


さて。

何気に盛り上がったパ・リーグのプレーオフ。

なんか、賛否両論というか…否定的意見が多数。
まあ、色々とオカシイ部分はありますが。

これ、サッカーの世界だとどうでしょうか?

例えば。
去年のチャンピオンズ・リーグ。

最後、PKですからね。

リバプールはグループリーグを2位通過。
決勝トーナメントで負けなかっただけです。

でも、誰も文句を言わないでしょ?
リバプールの優勝にケチをつけないでしょ?

だって。

それがルールだもの。

今回のプレーオフも、シーズン中に決まったワケじゃないでしょ?
シーズン開始前に決まってたでしょ?

じゃあ、今頃ガタガタ言うな!という話ですよ。

それに、こういうもんなんだ、というものを続けていけば…
ルールの妙として、粋に思えるかもしれない。

サッカーのアウェーゴールみたいにね。

まあ、野球は引き分けが少ないから意味ないか。

で、結論。


今のプレーオフ制は、間違いなく問題アリです。(結論ショボッ)


しかし、ロッテの選手はヘンな金髪が目立つなぁ。
誤解を恐れず言えば、ちょっと前の韓国人みたい。

確かに、韓国に縁のある球団だが…


今頃、昔の韓流ブームなのだろうか?

まあ、今回の優勝を…


アイスに還元してくれないのなら、ロッテも敵だ。


それは、さておき。

カオリン(仮名)とジェンヌ(仮名)より北海道土産をいただく。

北海道と言えば、道外不出の白い恋人。
当然、白い恋人を期待していたのだが…

土産は夕張メロンゼリー。

メロン、キライなのに。
まあ、土産に文句を付けるのもワガママ・ジュリエット。

ありがたく、いただきます。

ハ 「女同士の旅は楽しかったことだろ。」
カ 「なんか、イヤミに聞こえるんやけど。」
ハ 「あれ?イヤミに聞こえるのは問題なんちゃう?」
カ 「キーッ!」

軽く火花を散らして解散。
今日は一本取った。(少し満足)

天六か…
ここまで来たら十八番(定食屋)に行くしかあるまい。

かなりの人混み。
なんだよ、まいっちんぐだな。

仕方ない。
いつものやつ、いきますか!

コッコイチッ!コッコイチッ!

いつものように、チキン煮込み5辛をセレクト。
相変わらず、イイ感じだ。

そういや、今日はデザートがあるなぁ。
夕張メロンゼリーですが。

でも、食べてみると意外にイケるかも。
部屋に戻って、早速食べる。


うわっ。

想像以上。



どっちかはナイショでヨロシク。

彼女のINSIDE

お兄様は心配性。

けして「どないなるか興味あるやん」とか「あわよくば…」などではない。
純粋に心配性なんですよ。

でも、アレですなぁ…


うまくいったらいったで、なんかムカつくんでしょうね。(ワガママ)


ワガママは男の罪。
それを許せないのは女の罪。


ま、それはともかく。

「で、昨夜は帰りしにムフフなトコとか行ったん?」

などと、下衆な勘繰りをされるのは、たぶんイヤンであろうが…


行ったんやろか?(ゲス野郎)

まあ、今までが「見逃し三振」ばかりやしなぁ。
バットは振らなきゃ当たらないっての。

噂の予想屋・ハヤトッティ。(三時のおやつよりも予想好き)

ま、今回は…


ちょっとムリ!です、ゴメンなさい!に4HG。(意味不明)


そんなわけで。

昨夜は飲み過ぎることもなく、無事に任務完了。
任務て…何もやってないと言えば、というか…何もやってない確定ですが。

でも「自然に任すのが一番なんじゃないんですか?」というトロちゃん(仮名)のアドバイスに従ったわけですから。
けして、豚まんやギョーザやチキンに夢中だったわけじゃないんで。

タクで帰宅後、オジキにコタツ布団を与え、自分はサッサと熟睡。
そう、これが…


いかんともしがたい男オブ・ザ・イヤー。


で、本日は廣島のオジキと新大阪へ。

オジキいわく「尾道よりも新大阪の尾道ラーメンの方がウマイ」とのこと。
ならば、行くしかあるまい。

「いつものやつ、いきますかっ!」
「おっのみちっ!(坐る)おっのみち!(坐る)」

ダイナマイト尾道なのか、カープ風の応援なのか微妙な動きで新大阪へ。

「本場よりも新大阪駅のがウマイんじゃー!」
「ゲット・ザ・ラ?メ?ン!」

120円の豪華な入場券を購入。
店はすぐに見つかった。

こんなんあるん、知らんかった。

北海道・博多、そして尾道ラーメンが1箇所で味わえる。(正確には3箇所)
さあ、食っちまうぞ。

「おお!このスープに浮かぶ背脂の食感が、実に転校生で階段ゴロゴロ?!」
「太目の麺のモチモチ食感が、非常に時を駆ける少女ナリ?♪」
「一風堂プロデュースでフトコロさびしんぼう憧れの自転車通学?。」
「チャーハンにエビが入ってて、少し幸せ抹茶紅葉まんじゅう!」
「潮餃子の潮の意味が不明よ?流川(ながれかわ)ならシンギン・ガ?ル♪」
「まったく。まるっきり普通の餃子と思われ安芸の島?。」

ああ、尾道の風景が脳裏を過ぎる。(最後の方は微妙)
まるで『奇跡のような出来事』が起こりそうだ。

行くか、尾道。
ラーメンは新大阪でも問題ないけど。

HONDAがおいらの相棒。
国道2号線ツアー、再び!


そんな時間も体力もないっての。


しかし、新大阪尾道ラーメンはナカナカだった。
次は博多も北海道もイッちゃうぞ、バカヤロー!(すべて一風堂プロデュース)

その後、オジキ絶賛のサンマルコのカレーカツサンドをもらって解散。
いずれ広島には行かんといけんのう。

で。

せっかく新大阪に来たことなので、八ツ橋も買って帰ることにする。
すると、秋冬限定で焼き芋あんバージョンが売っていた。

せっかくなので、それを購入する。

これも旨そうだな。
サッサと帰って、オヤツにしよう。

まっすぐ帰宅。
実に珍しい行動ですが。

早速、カレーカツサンドを食べてみよう。

まずは見た目から。
余計なキャベツやレタスが入っていないのは好感が持てる。(野菜キライ)

でも、ほんまに旨いモノは、余計なデコレートはせんからね。(言い訳)
どれ、では一口…

うわ、旨っ!

なんや、コレ?
この衝撃は天神橋有数の妄想家の想像をも遥かに超える。

パンだけが、カレー風味なのか?
イメージほど、カレーカレーしてないのもイイ感じ。(微妙な表現)

まあ、次から新大阪ヘビーローテーション入りケッテー。


しばらく通いますよ、新大阪。


その後、とある掲示板でヤツの書き込みを読む。
書き込んだ時間は…3時50分か。

ヒトリ余分に送っていかないかんから…ムリだ。
どうやったって、90分(一般的?)が捻出できない!

何かないか?
何かトリックはないのか?

ない、というか…

土地勘ないし、帰る時間がどれだけかかるかも、まったくわからん。
聞くか、本人に?

100%に近い確率で「うるさい、オッサン!」としか言われんやろうが。

ま、仕方ない。



しょうもない予想よりも…おやつの八ツ橋だ。(美味でした)

ダイビング深海魚

なんか、こないだ大阪エヴェッサの話をしましたが。

来年より香川からも1チームがBJリーグに参戦決定。
母体はサーパスで有名な?あなぶきん工務店(仮名)とのこと。

なんだよ。
色んな噂はあるけど、実は儲かってるやん、あなぶきん。


それとも自転車操業なのか?


まあ、それこそオトナな事情。
純な少年の心を持つ、見た目はオトナ、頭脳は子供のボクチンには関係ないわ。

そこでチーム名を予想してみることにした。

バレーボールは四国88クイーン。
野球はオリーブ・ガイナーズ。

そこらへんのネーミング・センスから分析してみよう。

仙台89ERSがあるので、88は使わないハズ。
讃岐弁利用のガイナーズを使うというのも微妙と思われる。

なんせ、アイランドリーグには出資してないもん、あなぶきん。(仮名)
そんな事情もあるので、ネーミング共用もありえない。

それにだ。
オリーブも確かに名産だが、大事なモノを忘れてないか?

そう。
うどんだ。

だが、ウドンズとかはありえない。(たぶん)
よって「讃岐うどん」→「コシが強い」などとイメージさせて…

何になるんだ?(思いつかず)

やっぱり、クイーンに対するキングが妥当といったところだろう。
クイーンには出資してるしな。

もしかして…
アナブキングス?

カッコわるっ。

あなぶきん工務店100周年ということで100キングス?
略して100キン?

安っぽいな。

それなら…
こんぴらさんの石段の段数である1368を絡めてくるのではないか?

わかりにくいわ。

あとは…壇ノ浦や源平の合戦絡みかなぁ。
扇と弓矢なら、イメージは沸きそうやし。

まあ、アレだな…


あなぶきん(仮名)関係で働く友人の情報を待とう。

でも、一応…
オレ予想の本命はキング、対抗はアローでヨロシク。


大穴はお遍路ズで。


さらに、勝手に応援グッズを考えてみることにした。

エヴェッサにはハリセンという応援グッズがある。
香川の名産といえば…うどん以外には手袋であろう。

手袋オッケー。
ハルカ・マニア風にしてください。

うどんをモチーフにしたマフラーもいいね。
人気のある選手の時は、どんぶりを頭上にかざすというのもイイ感じ。

BGMはとんぼでね。

忘れてはいけないのが、ずきんだ。
なんせ、噂のあなぶきん工務店(仮名)のイメージキャラクターは…

赤ずきんちゃんからインスパイヤされた「あなぶきんちゃん」。(マジです)

ホームの観客が、全員チームカラーのずきんをかぶる…
これは…非常に、素晴らしく壮観な絵になるだろう。


某国のマスゲームみたいやけど。


でも、出来たら買うな、たぶん。


しかし、ついに香川県にもプロチームか…。
地元のチームを応援する、というのが夢だったんだよなぁ…。


もちろん。

ダンスチームにも期待してますから。




どちらかというと、ガッチリ娘でよろしくメカドック。

東京バーニングタウン

待ちに待った。

番組改編時期ゆえ、つまらないテレビばかりの毎日。
いよいよですよ!

いよいよ、今日から「相棒season4」スタート。

いやぁ。
ほんまに楽しみ。

今日は、朝から仕事が手に付かなかった。
手に付かない割りには、それなりにやってのける自分のセンスが恐ろしい。

だが。
所長が歯の痛みを訴えて早退してしまったので、サービス残業残務処理。

ヤバイ。
サッサと終わらせなければ。

なんせ、今日は天気が良かったもんで、バイクっ子。
行きしはコッチ向きの一方通行ゆえ快速だが、帰りしは大回りしなければ。

場合によっては、昔のように…

ガードレールを蹴りつつ戻らなければならないな。
コール・ミー・ガンボーイ!

ムリ、そしてウソ。

ま、それに…


そこまで残業するほどマジメではない。


アッサリと終わらせる。

ポークカレー(3倍辛・チーズ)を食した後、ゴングを購入しつつ悠々と部屋へ。
これも欠かせないから。

そして。

ゴングに夢中になって「相棒」を見逃してしまわないように…


帰宅直後から6チャンネルを流しっぱなしの気合も見逃しちゃイヤン。


さて。

オレの住む高級マンションの1階に、ナゾの組織がある。
エコロジーな名前の看板が出されているが、まともに信用するワケにはいくまい。

オレも右京さん(水谷豊の役名)ぐらい、ひねくれてるからな。
ま、あんなに頭脳明晰ではないけどね。

で、そのナゾのエコロジー組織秘密基地(仮称)だが。
いつも得体の知れない巨体の白人が外でタバコを吸っているのだ。

非常にイヤンな感じ。

その姿は、まさに白鯨。
とりあえず、あだ名はモビィと付けることにした。


でも…白ゲイだったらイヤだなぁ。


まあ、白鯨だろうが、白ゲイだろうが構わない。
オレ様の前で調子に乗ってると…

キサマのキャンディ・アスをスマックダウンしてやるぜ!


悦ばれたりしてな。


そのモビィが、今日もいた。

でも、今日は「相棒」観るからカンベンしてやる。
そそくさと自分の部屋へ。

やはり「相棒」は面白い。
しかも嬉しいことに、脇役で田中実も出ていた。(弁護士役)

「刑事貴族」のメンバー、大集結ですよ!

よって、一応カオリン(仮名)にメールする。
しかし、シブいところを…まあ、かっこええけど。

で、今日の「相棒」は初回ゆえ、2時間スペシャル。
ほんまにサイコーでしたよ!

2時間、タバコすら吸いませんでした!

まあ、切らしてしまってたんですけど。
それでも大丈夫なぐらい、マジで良かった。

オレもあんな美女から悪事に誘われたいなぁ。

騙されたいですよ。(切実)
飽きるまで騙されたフリしますから。(誠実?)


さて。

サッカーが始まる前にタバコを買いに行こう。
もう、そろそろ限界だ。

じゃあ、モビィ…まだいやがる。

しかし何者だ、コイツ?
まさか、本当に白ゲイなのか?

It's in my yard!
I am the Game, Becuase…I'm that damn good.

そんな、どこかで聞いたようなキメ台詞を考えながらも…


2時間、タバコレスだったので、タバコ最優先。
近所の自販機へとダッシュ。

ところが。

あろうことか、ラッキーストライクが売り切れ。
やむなく、少々遠目の自販機へ。

帰ってきたら、さすがにモビィはいなくなっていた。

すると、ナゾのエコロジー組織秘密基地(仮称)からショッカーが出てきた。
一瞬、身構えるオレ。

1号 「あのデカイ外人さん、何者やろな?」
2号 「ほんまや。気色悪いよなぁ。」

あら。

どうやら、モビィは秘密組織とは関係ないようだ。

しかも「気色悪い」扱いやし。
なんか、そうなると可愛そうやなぁ。

今度、優しく声を掛けてみようかな。

そして、白鯨だったら手を差し伸べて…



白ゲイだったら、予定通り蹴り飛ばしゃいいや。

CTU INTERCOM

大阪エヴェッサ。

日本初のプロ・バスケリーグのチームです。
大阪らしい微妙なネーミングですが。

まあ、基本的にはどうでもええんですけど…

ダンスチーム「Bt」は意外に本格的。(魔少年?)
アレです、いい女だ…野盗にくれてやるにはおしい…(レイ)な感じ。

しかし、最初の頃のレイは典型的な悪役ぽくないですか?
でも、このセリフで正しいかどうか調べてたら…


セリフだけで大興奮。

マミヤ…どこまでも哀しい女よ
ならば、おまえのためだけに死ぬ男がひとりぐらいいてもいい

うわー!死なないでー、レイっ!とチキン肌になります。


もう、何年も前に終わってるのに不思議。


…「Bt」の話に戻します。

腹筋も割れてるし、オレも頑張らないかんなぁ、と思いましたよ。

でも、一番のお気に入りの娘は、唯一お腹を見せてなかったガッチリ系。
ああいう娘に…


ストラタスファクションを叩き込まれたいなぁ。(ソフトマゾ)


それでも。

オレは某・おそうじ会社でのアンケートで「宗教は?」との質問に…
臆することなく「阪神タイガース」と記入した男。

もちろん苦い顔をされましたが。

そう簡単に、別のチームに忠誠は誓えません。
あ、アレは別ですよ。


四国88クイーンは。(マイナーですなぁ)


そんなこんなで。

久しぶりに、携帯の着メロを変更。
コッソリとCTUのヤツもダウンロードしました。(実はハマってるのか?)

普段のパチ屋からのメールをCTUに変更。
愛をとりもどせ!!をマ・アヴェ(仮名)専用に。

マツケンサンバも今更な感じなので、木蓮の涙を上書き。

しかし、スタレビの木蓮の涙が着メロになってるのがスゴイ。
今になって、急に人気が出てきたのだろうか?

間違いなくイイ曲なんですが「会いたい」ぐらい救われない曲。
死んじゃってますからね、もう。

以前、下北山村ボート屋対抗歌合戦で歌いましたよ。
そして、スットコドッコイ・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。(最低点)

It doesn't matter !!
んなこたぁ、どうでもいいんだよ!

LIFEイズ人生もダウンロード。
これは大好きな曲なんでトロちゃん(仮名)専用にしようかね♪

ニヤニヤしてると、木蓮の涙が流れてくる。

鮪(仮名)でした。
それまでのマツケンサンバに上書きしたからね。

う?む。


深い意味はないけど少林サッカーに変更。


悲しいかな。

一番頻繁に来るのは、パチ屋からのメール。
そりゃ、そうだ。

パチ屋のメール会員には、大阪で5軒、香川で5軒なってますからね。
もう、1日中CTUですよ。

ある意味、落ち着かないなぁ。

でも、誰も振り返らないんですが。
ドトール休憩中にも、4回ぐらい鳴ったんですけどね。

そんなに社会現象になってないね、こりゃ。
キーンホルダー(吉宗の)を持ってる人は見たことあるのに。

それとも。


単に乗り遅れたオレが今更なだけ?
まあ、すでに半分以上見逃してるんで…

乗れてない説もありますが。


でも、大丈夫。



来週火曜日の最終回だけは観るから。

大阪ストラット

今更ながら。

国勢調査に協力。
まあ、記入しただけですが。

果たして。


国籍・イタリアで通用するでしょうか?


オチャメにイイ感じで記入していく。
そして、最後に封をした後に…

「これで国から嫌がらせされるのでは?」などの不都合を予測。

ヤバイ。
調子に乗りすぎたか?

まあ、ええか。


ダメなら税金を滞納するだけだ。


さて。

今日は、福岡から遊びに来ている鮪(仮名)と中国で隣のクラスだった大阪在住の北千里(仮名)の女子大生2人と粉もんツアー。

待ち合わせはナヴィオ前。
泉の広場と並ぶ、梅田の待ち合わせのメッカ。(未確認)

若っ!
ナヴィオで待ち合わせなんて、若っ!

まあ、ヤツらは女子大生やから、ほんまに若いんですが。
しかし、オレ様…ナヴィオで待ち合わせなんて十数年ぶり。

柵に腰掛け、ふと昔を思う。
目を閉じれば、今でもあの娘が手を振りながら駆けてきそうだ…


ロクなもんじゃねぇ、と気付いて妄想せず。


そして、人の流れに耐えられず、三木楽器へ避難。
そのまま梅田センタービルへ流れて、午後のティータイム。

うむ。
やはり、梅田は落ち着かんなぁ。

帰るか?
このまま、何事もなかったかのように帰るか?

そもそも。

待ち合わせ時間は「私ら、買い物してるから、ハヤトッティは適当に」である。

これは「2時間待ったけど、来んかったんで帰ったで」作戦をしちゃおうか?
今日はP店の新台入替。

よし決めた。
帰ろう。

用意、ドロ?ン。
携帯の電源を切ろうとした瞬間、電話アリ。

諦めてナヴィオ前に向かう。

久々に会うヤツらは…ま、あんまり変化ナシ。
太ってたりしたら、ボロクソに言う予定だったのだが。

まずは十三へ。
十三はナオキが独身時代に住んでいた場所。

昔はよく来ていたが、ココも十分久しぶり。
まあ、今でもよく通過はするんですが。

十三ではネギ焼きとタコ焼きを食す予定だ。
保険は京園の豚まんというか点心。

まずはタコ焼き有名店・カリトロへ。
しかし、カリトロはあんまり印象がない。

というか、昔はなかったんじゃないか?
もちろん噂は聞いているが、それも最近になってからだ。

まあ、いい。

カリトロはソース・ポン酢・しょうゆ、そして無地が選べるお店。
無地を出せるということは、生地に自信アリなのだろう。

面白いじゃないか。

頼んだのはソースとポン酢ですが。

おや?
かなり、でかいな。

まずはソースから。

ああ、ウマイ。
口の中に小宇宙(コスモ)が広がります。

ポンはどうだ?

ああ、これもサッパリでウマイ。
これなら無地もしょうゆも期待できそうだ。

出来そうだが…ここで満足しても仕方ない。

次はネギ焼き。
十三の名店・やまもとへ。

学生時代。

やまもとのネギ焼きは高嶺の花だった。
なんせ、学生には少々値が張る店。

それだけの金があれば、オレは間違いなく「マジ・カペ」を打つ。
当時から依存症でしたからね。

ま、それでも何度かは昔ハニーと行ったけど。
かなりウマイのは間違いない。

まあ、食事に関しての贅沢と言えば、唐揚げ弁当+ライス大盛ぐらい。
それは1年後、噂の犬田動(仮名)が大阪に来るまで改善されることがなかった。

まあ、詳しくはナゾのまま封印。(あびる優クラス)


話を戻す。

しかし、今のオレは商社のショー・ストッパー。(千両役者)
ネギ焼き程度の出費は痛くもかゆくもない。(時期によるが)

飽きるほど食ってやる!


やまもと本店、本日休業…。


とりあえず、やまもと梅田店に向かうことにする。
阪急電車、大活躍。

梅田店は、軽く行列。
これまた久々に行列に参加。

すじネギ焼き、えびネギ焼き、焼きそば大、とん平焼きでSTOP!

多っ!

それでも、なんとかほぼ完食。(微妙な表現)
大阪の粉もん…かなり制覇したんじゃないか?

一日で。
というか2時間ぐらいで。

支払いは、もちろんS・E・S(スーパー・エリート・サラリーマン)のオレ。

安っ!(4漱石でお釣りアリ)

酒を飲まんかったら、こんなに安いん?
これぐらいなら敷居も高くないやん。

なんで、今まで来んかったんかなぁ…

あ。

それすらパチにつぎ込んでたのね。
そして、それが依存症なんだね、と妙に納得。

その後、鮪(仮名)は通天閣へ、北千里(仮名)は用があるとのことで解散。

徒歩で帰宅。
そして、休憩するためにP店へ。(意味不明)

新台は何だろう?


榎本加奈子はどうですか、ときたもんだ。


なんのギャグやねん。

打たずにスルー。
まあ、これでよかったのかもしれんが。

打ってたら、ネギ焼き何枚分になるか、わからんからね。


考えてみれば、スナックでも4漱石では過ごせないだろう。
それなら、今日みたいに若い娘と食事(粉もんですが)も悪くない。

あ、でも…

ムフフなお楽しみがないもんなぁ♪


じゃあ、スナックなら…


あるんか?
そんなもんあるんか?



あるんなら教えてよ!

本日のスープ

朝から不快な訪問者。

おかげで目が覚めてしまった。
友人・アヴィにもらったインニーなシャツ(寝巻きとして重宝)でドトールへ。

アイス・カフェオレを持ち帰りながら、天神橋筋を歩く。
なんか…

インドネシアのその筋の人みたいなカッコだ。(見た事ないけど)

なあ、ブラザー。
こんな上物は滅多にお目にかかれねえぜ。

それよりも…この街でチャカポカール様に逆らうヤツはいねえ。
わかるだろ?この意味を。


商店街を出たら大雨だったので妄想停止。


それでも昼には雨は上がった。

チャンス。
昼メシを食べに行こう。

ココイチへ。
いつものようにチキン煮込みをキメる。

部屋へ戻ってウトウト。

すると、アジ子さん(仮名)からメッセで呼びかけ。
ランスTシャツに関する業務連絡。

なんか、そうなると「マイヨ・グランペール」が欲しいなぁ。
でも「マイヨ・グランペール」は恐れ多くて着れませんね。

山でオレとやりたいヤツはかかってきな!Tシャツとか売ってないんかな?

その後、ユニクロの航空会社コラボシャツの話になる。
中華航空のを買ったぜ!と軽く自慢。

すると、ワタシにもアメリカン航空のをよこせ!と軽く恐喝。

仕方ない。
ランスTシャツで骨を折ってもらうので買ってくるか。

ネットでは売り切れだが、店では残ってるかもしれない。
バイクにも乗らないかんし、行ってくるか。

途端に大雨。

瞬く間に、ナゾのロシア人「アンドレイ・グッチョリーナ」と化す。

結局、引き返す。
走行距離4キロ。


着替えてから、シャツ十数枚分パチ屋へ寄付。
ギャフン。

ちっ。
夜は何を食べようかなぁ…はっ!

スープカレーを作ってみるか。

オレも洗い場のファンタジスタと呼ばれた料理人。(?)
廣島のオジキに言わせれば、スープにカレー粉を入れればよいとのこと。

出来るんじゃないか?
オレにも出来るんじゃないか?

早速、買出しだ。

だが。

我が家の狭いキッチンで料理出来るのか?
そもそも、ラーメン作る鍋しかないやん。

そういや、包丁もないぞ。
中国で、わざわざ買ってきたのにドコにやったんだ?(リアル中華包丁)

しかも、買出しに来た阪急ストアには包丁を売っていない。

やっぱり、ヤメようよ。
後片付けも面倒やし。

バカヤロー!(闘魂注入)
やる前から負けることを考えるヤツがあるかよ!(東京ドーム張り手)

やってやる。
アイデア次第で何とかなるハズだ。

玉ねぎとかはすりおろして…
あ、ひき肉でキーマ風ってのもアリだな…キーマ・スープカレーか。

あるのか、そんなん?

まあ、パイオニア精神は人一倍。
チャレンジしてみる価値はある。

問題はカレー粉だ。
この店にも、いくつかスパイスが売っているが…どうする?

スパイス・セットなるものを購入。
そして…

無難にジャワカレー・辛口をセレクト。
これで大きな失敗はないだろう。

玉ねぎをすりおろし、水分を飛ばしながら炒める。
にんにくも人参さえもすりおろす。

ひき肉も炒める。
ちょっとスパイシーに味付ける。

クミンなんかも入れてみた。
月桂樹の葉なんかも入れてみた。

隠し味はたまり醤油だ。(少し残ってたから)

味見。
あら?悪くないじゃない。

玉ねぎ部隊と合体。
水を加え、コンソメを少し多めに投入。

煮込む。
なんかイイ感じだ。

ジャワカレーのルーを一片投入。

味見。
なんか、コクが足りないな。

もう少し入れてみるか。

そんな風に、ルーを足していったら…なんかトロミが出てきた。
当然だ。

出来上がったのは、ものの見事に普通のカレー。

ガックリ。
しかし、あのままでは妙に水っぽいカレーになるしなぁ。

なんか一味足りないんだよ。
なんだ?

散らかったキッチンを見渡す。
そして、ネットで検索してみる。(作る前にやれ)

あ、もしかして…

塩?
塩なの?

そりゃあ、チョッピリ…



ショッパイですなぁ。(なんだこのオチ)

「千葉!滋賀!佐賀!」ですか。

オレは「DJラオウのニコニコラジオ」に27ペリカ。
Go!Show!Hah!

ススキノです。


さて。

ついつい宅配ピザで過ごしてしまいがちな秋の夜長。
ピザの端ッコがウマく感じるようになったのは…

物悲しい季節のせい?
それとも…

アッサリ希望になった歳のせい?

明日はピザ屋に電話して…


わざわざ店まで取りに行く、なんてコトを思案中。(20%オフ)


さてさて。

そんなフライデー・ナイト。
待ちに待った週末の夜。

久しぶりに、おでんとビール。
スナズリのおでんを初めて食べました。

コレは不思議食感だ。
こんな風に柔らかくなるのか…。


でも、一本・2コは少ないだろ。

恐るべし都会の物価。
この120円は価値がないなぁ。

まあ、マイナーおでんの存在を知ったことを喜ぼう。


その後。

部屋に戻って…「フィールド・オブ・ドリームス」を鑑賞。

いつもラスト15分が涙で見えない、この映画。
今日もまた、涙で何も見えませんでした。

いつになったらラストシーンを見れるのやら。

しかし、この映画。
昔、当時付き合っていた彼女と一緒に観た時に、彼女は言いました。

「え?どこで泣くん?」

その時から、二人の間に秋の気配が漂うようになったのでしょう。

こんなことは今までなかった
僕があなたから離れてゆく…

うつらな目で、壁にもたれてオフコースを口ずさんだなぁ。(遠ひ目)


さて。

今日の「24」は何時からかねぇ?
そろそろ「24」を観ようかな、と思っていたら…

裏番組で「バトル・オワライヤル」なるものをやっている。
バッファロー吾郎にHG、そしてケンコバに原西も出るのか…。

迷うことなくコッチを優先。
セイセイセイセイ。

一発芸では勢いが肝心。
そういうシチュエーションでは、バッファローや原西、そしてケンコバが活きる。

ケンコバの「バスケがしたいです…。」はツボにハマった。
深夜に、ヒトリ爆笑するイヤンな男になってしまったが。

しかし、一番印象に残ったのは…


天才・村上ショージ。

スゴイ。
村上ショージさんはスゴイ。(さん付けで)


で、明日からは(伊藤理論)またしても3連休である。

何をするかねぇ。
スロはデインジャラスやしねぇ。

明日はまず8時に起きて…
公園をジョギングして…
部屋の掃除の後は区役所にも行くもんね、とばかりに予定を立てても…

朝9時にムリヤリ起きたら…
雨が降ってるじゃないか…
予定は明日にしてボクはまた床に就いた、になるハズだ。

だって、もう午前4時だもの。
とりあえず、グウグウと寝よう。

昼まで寝よう。

で、下書きに設定して寝てたワケですが。


朝8時半から、国勢調査表を取りにくるアホが大阪には生息してます。

ハヤトッティ、多いにご立腹。
少しは考えて行動しろっての。



いや、そりゃオレもまったく書いてなかったんですけどね。

TOYS IN THE ATTIC

売り出しといて、買われ過ぎたら困るなんて不思議。


不思議なんやけど、気持ち的にはよくわかります。
資本主義のルール上問題なくても、この世にはアンタッチャブルなモノがある。

だから、今回のトラ騒動。
エリート・ビヂネスマンの考えは…

いやぁ、金儲けの得意な人はスゴイですよ、と認めつつ…
金持ちは、みんなシベリアに送っちまえというのが本音だコノヤロー!

そんなアナーキー・イン・ザ・TJB(天神橋)ことハヤトッティDEATH!

まあ、そんなわけでね。

世の中には色んなルールがあるんですよ。

ルールがないと、そりゃタイヘン。
ルール無用の悪党は、黄色い悪魔に正義のパンチをブチかまされちゃいますしね。

で。

路上のルールは洗いざらいを捨てちまって何もかもはじめから。

恋のルールは夢から覚めぬこと。


じゃあ、スープ・カレーのルールは何よ?

唐突。
そしてムリヤリな問題提起ですけどね。

今日は4ピースなサオを物色するため、大阪駅前ビルへ。
残念ながら、目ぼしいモノもなく、ビルをフラフラ歩いていると…

スープ・カレーの店を発見。

いや、これは運命の出会い。
トムがジェリーを追いかける時の格好(イメージです)で勢いよく入店。

その時にオレが見たものは!


スープ・カレーにナスとピーマン…。

「ご注文は?」
「じゃあ、ふんわりタマゴのオムライスを。」(ナスとピーマン嫌い)

とりあえず、ナスとピーマンに限らず具はオプション希望。

だって、あんなん後乗せでしょ?
ジックリ、コトコト煮込まれてないでしょ?
スープとハーモニーを奏でてるワケじゃないでしょ?

じゃあ、選ばせてください。
押し売りなんて、ヤクザなコトはやめてください。

いや、もちろんね、美味しいんかもしれませんよ、好きな人には。
でも、キライな人には美味しくないってこともあるんじゃないでしょうか。

なんで、判で押したように…
どこの店も、スープ・カレーにナスとピーマン入れてんの?

そもそも、なんでカレーとナスを組み合わせるんやろ?
夏野菜とか言われてるくせに、いっつもおるし。

なんか、ナスって過大評価されてるような気がするなぁ。

盆だけで上等ですよ。
ナスはサッサと田舎に帰れっての!

いや、もちろんね。

誰か一緒なら食べてもらうというか、ムリにでも食わすけど。
オレ、ほとんどヒトリでメシ食べるんやからさ。(ヒトリ上手)

イイ歳してヒトリなのも問題ですが…まあ、それは棚に上げておこうよ。

そもそも、カレーじゃなくて、スープ・カレーにしてるということは…
オレ(の店)は他とは違うんだよ、とドコかの中心で叫びたいワケでしょ?

じゃあ、なんで?

なんで「具に必ずナスとピーマン」なんていう、当たり前のコトをするん?

珍しいコトやろうとして、普通のコトやってるんはオカシイっての。

決められたレールから飛び出してみろよ。
ちっぽけなルールなんて気にしなくていいんだ。


ん?



じゃあ、ルール云々言うなって話ですけどね。

ホント?モット!ズット!!

まあ、もはや昨日の話なんですが。

せつない仕事中の楽しみランチタイム。

たまには、イカしたニューヨーカー風にスシ・ランチ。

弁護士のセンセイ方と並んで食事。
偶然、隣に坐っただけやけどね。

まあ、しかしなんだねぇ…
これがエリート・ビヂネスマンらしい生活っていうのかなぁ?

でも、正直なトコロ…


ランチは寿司よりもうどんを希望だ。


そんなエリート・ビヂネスマン・ライフですが。

夕方からのうたた寝が度を越した。
8時間睡眠はいかにもマズイ。

いつもは2時とかに寝て、7時半起きなんで…

明らかに普段より寝てるじゃないか。

噂の「24(シーズン3)」も見逃したし。
まあ…そのうちDVDで観れば問題ナシだ。(その程度か)

しかし、香川は毎日1時間の放送だが、大阪は毎日2時間放送中。


忙しいんやなぁ、大阪人は。


それで気付いたんですが…

CTUって、これが元ネタなの?
てっきり、ライガーや邪道・外道が考えたのかと思ってました。

それよりも、もっと元々の元ネタがあるんでしょうか?(スムル風)

まあ、それはいいや。

確かに、友人のラ・ラッサー(仮名)、しゃしゃみん(仮名)が絶賛するだけのことはありますよ、コレ。あ、犬田さん(仮名)やマ・アヴェ氏(仮名)もそうだったかしら。

噂の「24」。
正直、面白さはマクガイバーやAチームに劣りますが…

気になります。
非常に先が気になります。

でも、まあ…


最後だけ観ればええかな、とも思いますが。(邪道)


我ながら、アウトサイダーだと痛感。


さて。

で、今日も雨降り。
よって、サッサと定時ダッシュ。

だが、5時からもエリートなオレ。
まっすぐ部屋に戻るなんてコトはありえません。

まずは近所の中古CDショップへ。

なんと、一番感動した映画「フィールド・オブ・ドリームス」発見!
しかも、かなり安い。

購入。
ついでに攻殻の主題歌「GET9」も購入。

攻殻のDVDは…中国のエージェント待ちだな。

そして、オケラ街道(天神橋商店街)へと戻ってくる。
さて、今日は何を食べようかね、と食べ物屋を物色。

そうだ。

中国時代に散々お世話になった辛ラーメンを食べよう。
ああ、ホットでスパイシーになれそうだ。

韓国食材店で辛ラーメンを買おう。
あら、チャンジャもあるじゃないか。

コイツはビールに合うぞ?とニヤニヤしてると、カオリン(仮名)登場。

カ 「あ、辛ラーメン。CMの影響?」
ハ 「あなどるな。昔から辛ラーメンマンゆえ済州エアポート熱唱ナリ。」

そう、今は日本でもCMをやってたりするのだ。
お陰で買い易くなりましたね。

カ 「…で、美味しいん?」
ハ 「…うむ。かなり、うまし!だ。(大市民風)」
カ 「私も買おう。あ、あのポスター。アレ、新庄?」
ハ 「いや、雰囲気はあるけど…違うやろ。四天王のヤツや。」
カ 「おお!出た、韓流用語・四天王!で、なんて名前なん?」

知るワケない。
知るワケないが、知らないというのもシャクだ。

ハ 「チョウ・ユンファやったかと。」
カ 「へー。」
ハ 「あの次長・課長の『お前に食わすタンメンはねえっ!』の人。」
カ 「あ、そうなんやー。スゴイなぁ。んじゃ、帰るわ。ばいびー。」

走り去るカオリン(仮名)の背中を、せつない気持ちで見送る。

そう、そのせつなさとは…




やんわりとしたボケをすべて潰され、放置された者のせつなさだよ。

看我七十二変

仕事中に妖精を見ます。

しかも、割とよく見ます。
もしかすると、妖精さんを呼び出せるのかもしれない。

いや、まあ…

この妖精さん次第ですからね。
オレの仕事のデキって。

なんせ、オレ。
スパロボ的に言うと…

集中と必中がありません。
ド根性とひらめきはあると思いますが。

いや。


だから、なんだ?と言われても困りますが。


さて。

本日は高校生ドラフト。

もちろん、職場のテレビで観てましたよ。
いや、それがイイか悪いかは別ですけどね。

でも、今回のドラフトは高校生が対象ゆえ、指名されることもないワケで。


安心して観ていられました。(どこまで本気かはナイショだ)


でも、今回のドラフトは面白かった。

ほんまね、ちゃんと何が当たりかとかぐらい、最初に説明しとけっての。
いいオッサンが何やってんの。

まあ、台湾の陽くんは、少しカワイソウかもね。

いや、しかし考えようによっては日本ハムも楽しいチーム。
ゴレンジャーとして頑張ってもらいたいですよ、オレ的には。

それに。

陽くんはショートですから、仮にソフトバンクに入団しても…

ムネリンがいるじゃな?い。

これは営業的にもキツイでしょ。
だから、陽くん。


日本ハムに行きなさい。(たいした理由じゃないけどね…)


でも、何気に戦力がバランス良く散らばったんではないでしょうか。

阪神は、鶴と若竹、あと前田がイイ感じ。
巨人は、話題の辻内以外にも地味に福井を取れたんで成功でしょう。

ロッテもいいですね。
ハズレ1位候補を二人も取れたんですから。

しかし、広島が内野手を取ってないのが不思議。

現時点で、広島の一番の問題でしょ?
プロやのに、マティーニ(草野球チーム)クラスの失策率やん。

外野は、今でもイイ選手が多いのに。

ん?
待て待て。

ということは…

大学・社会人では即戦力内野手を取りに来るコトになるワケでしょ?

ま、まさか…


ついにオレが指名される時が来るのですか!


広島東洋カープ第一回希望選択選手…

ハヤトッティ内野手・オオガネ商事?(仮名)


どよめくわ、会場。
ざわ…ざわ…間違いナシ。

ちょっとイヤンな感じのどよめきが想像出来ますが、それは仕方ない。
なんせ、鯉の隠し玉ですからね。

もちろん。

指名されたなら、入団します。
心は一つです!(古っ)

そんなパンチ佐藤の入団時のフレーズが浮かぶ世代。

入団したら、すぐにベテラン組。
年齢的にはギリギリでしょうけどね。

とにかく。

黒田をパシリに使わないけんのう。

もみじ饅頭、買うてこんかい!とか言うてね。
誰がチーズの買うてこいとか言うたんじゃー!とか。


まあ、ギリギリなのは…



年齢ではなく、こんなことを少し本気に考えてるオレのココロなんですが。

他還是不憧

噂の朝ドラ「ファイト!」の最終回を見逃す…。

金曜日(最終回の1日前)になって、太郎さんが北海道へ旅立つことに。
うわっ、あと一回しかないのに、どうすんのよ!と気になっておきながら…

無様ね。(赤木リツコ風)

まあ、アレだろ…


何年後、とかで終わるんでしょうが。


それはさておき。

最近、バイクに乗るのも週イチがイイところ。

やはり、走ってないとバッテリーが弱る。
バッテリーが弱ると、自慢のデジタルな防犯装置(抑止程度)も作動しない。

もっと言えば、セルが回らんようになります。
いや、オレはハスラム(バリ伝にも出てくる)ばりに押しがけは得意ですよ。

でも、やっぱり動くものが動かんのは良くない。

そんなわけで、今日はバイクの日。
買い物してから、軽く京都ぐらいまで走ることにしよう。

長柄橋を渡り、東淀川区へ。
まずは、ジャンプ(釣具屋)に寄って、ユニクロにも寄ろうかね。

東淀川区は何年か住んだ場所。
またジャンプもユニクロも近所だったので何度も行っている。

それなのに、道を間違うオレ。

オカシイとは思ったんですけどね。
まあ、それでもジャンプに到着。

今はバイクで動くのが多いので、振り出しか4ピースのサオが欲しい。
出来れば、ベイトとスピニングの2本。

ハ 「…というワケなんですよ。」
店 「でも、1ピースの方が絶対ええし、安いで。」

いや、まあ…そうなんですけど。
1ピース背負って、バイクになんか乗れませんがな。

とにかく。
そんなもんは置いとらん!という勢いだ。

じゃあ、仕方ないな。
来月のお手当てで、リールだけ買うことにします。

さて。
じゃあ、行くか…京都へ。
ユニクロはネット通販でいいや。

ところが。

店を出たら、またも雨。
しかも、カッパも持ってこなかった。


ヘナチョコゆえ、その場でUターン。
さらに、普段は通らない100円橋(通称)を渡って部屋に戻る。

まさか、バイクまで100円取られるとは思わなかったが。

部屋に戻って、ユニクロのHPを見る。

あ。
なんかチームウェアが安くなってる。

そうだ。

チームといえば…ベホイミ(仮名)はどうなったんだ?
ベホイミ(仮名)改革は、一向に進んでいないじゃないか!

Tシャツもステッカーも、まだ作られてませんよ!

そういや、昔。
ボート屋仲間で「ダムンチュ」Tシャツを作ろう!という計画もあったなぁ。

とにかく「ダム人」と書いて「ダムンチュ」とするまでは、すぐに決まった。
なんせ「ウミンチュ」に対抗意識がありましたから。

ダイバーとかが、これ見よがしに着てるでしょ?
「海人」とか書いたTシャツを。

でも、そんなダイバーより、間違いなくオレらの方が「○○ンチュ」なんで。
だって、ダムに囲まれて住んでるワケですから。

ふん。
エセ・ウミンチュめ。

で、ナメられないように(被害妄想)「ダムンチュ」Tシャツ製作決定。

それに、オレの日本名は「ハヤンチュ」とも読めますからね。
ヘンな親近感もありますし。(意味不明)

しかし…


「ダム」に、どんな当て字をするかでモメて頓挫。


候補は「駄無人」「堕夢人」「蛇夢人」などがありました。
今考えると、別になんでもええんですけどね。

ま、ツチノコの目撃例もあるので「蛇夢人」が良かったかなぁ。


まるっきり、別の意味になってますけどね。


ベホイミ(仮名)だと「中回復」か。
悪くない。

悪くないけど…



いちいち、他人に説明するのが面倒だ、に30ガバス。

クレイジー・ラヴ

抱いて抱かれて 狂おしく
燃えて焦がれて しどけなく
身も心も 惜しみなく捧げて

I LOVE YOU,I NEED YOU,I WANT YOU "好きよ"
I LOVE YOU,I NEED YOU,I WANT YOU "好きさ"

交わす愛は 泣けるよな クレイジー・ラヴ


「ケ?ン!」


そう。
クレイジー・ラヴ。(スターダスト☆レヴューで)

理屈じゃないんだ。

ふるえるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!
おおおおおっ、刻むぞ血液のビート!
山吹き色(サンライトイエロー)の波紋疾走(オーバードライブ)!!

そんな昼下がり。


天に滅した昼下がり…。


さて。

おぼつかない足取りで、見つけたのは新たなカレー屋。
カレー好きのオレゆえ、これは食べねばなるまい。

まあ、その前に…


お金を下ろしてこないとね。(サイフがヘ?ン)


コンビニまで行き、再びカレー屋に戻る。
その日のメシ代に困るまで、やるなってんだ。

豚角煮カレーとガーリックバターライスを注文。(ライスが選べる)

旨そうなニオイ。
やはり、カレーはサイコーだ。

味は…

なんか、高級なボンカレーみたいな感じ。
まろやか系で悪くないけど、もっと刺激が欲しい気もする。

もっと刺激をくれよ!
ハバネロ・クラスの!

ちょっと偏頭痛がするぐらいのさ!(変態じみてます)


ま、朝から北斗で足に来るぐらいの衝撃を頂いておりますが。

だって、最後は800ハマリで、その間にレア小役23回ですよ?
その内、4チェが19回って…

態かどうかは知りませんが、変にはなるでしょ!(サマンサ語録)


それはともかく。

癒しが必要。
癒しを求めてJ堂(本屋)へ。

浅見光彦を5冊購入。
もう、パチはしばらくヤメ。

クレイジー・ラヴ。
クレイジー・ラヴゆえに、愛(スロット)を捨てます。

たまには読書三昧で、ヒッキーになるとしよう。

そんな決意の帰り道。


コンビニで無意識にスロの本を買うとは、なんたることか!


しかも、部屋に戻って、そのスロ本を読んでいるうちに…


アイス(クレープ屋さん)がデロンデロン。
慌てて食べようとしたら、デロンデロンのアイスが短パンに落下。

しかめっツラでティッシュを取ろうとしたら…

アイスが短パンから布団へと死のダイヴ。
ソッチに気を取られる隙に、今度は飲みかけのペットボトルを倒す。

若武者リークアウト!

一瞬、身動きできないオレ。

なんとか我に返り、復旧させたものの…なんだ、この仕打ち。

神さま…
ボクが何をしたと言うのですか…

いや。
神などいない。

それは、もう午前中にわかっているではないか。
まあ、こんな日だってあるさ。

だけど明日がある。
明るい未来があるハズさ。


とりあえず、今日はいかんともしがたい日で確定やけどね。


愛さずにはいられない もう後戻り出来ない
巡り会ってしまった あなた…

抱き合うより意味深に 愛を語るその瞳
見つめられて 心乱れてゆく…

73.jpg
    ケ?ン!

ね。
コレを見たいがゆえに…



クレイジー・ラヴ5段の腕前になったワケですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。