FC2ブログ

Oficina del delusion 4:40

北京とかでメキシコとかを想うわけです。妄想するわけです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Got My Mind Set On You

ボン・ジョヴィ来日決定。

チケットは12月17日発売開始。
珍しく用がある土曜日。

しかし、こうなると話は別だ。
朝10時には電話を握り締めておかねばならん。

もちろん。
大阪ドームなので、そう簡単に売り切れることはないだろうが。

が、油断は禁物だ。
ポール・マッカートニーの時のように…

ポール?
ああ、目の前で観たよ…レフト・ポールをね…。


みたいに、小粋な小噺で皮肉なクールガイを演じることになるからね。


さて。

忘年会のスケジュールで12月の予定が埋まっていく今日この頃。
いやあ、時の過ぎゆくのは早いですなぁ。(シミジミ)

で、ワタクシ。

12月の3連休は、志摩町の下見に行って参ります。
あわよくば、トロちゃん(仮名)に会おうという魂胆ミエミエですが。

現在、日本で大フィーヴァーしている地震強度偽装問題。

あんなのを聞くと、やはりマンションは危険だ。
もしオレが被害者なら…間違いなく現世からドロンしなければならない。

それに都会暮らしというのは、どうも面白くない。
何でもあるのは、何にもないのと同じだ。

それならば。
無理して都会で住むよりも、田舎でノンビリ暮らす方がイイ。

早速、志摩町の不動産を検索。
4件ほど発見。

さすがに、2700カキーンもはしないようだ。(中古ですが)
問題は通勤だが、それは置いといて。

このまま、今の会社に居座れば家賃はタダやし。
時々、空気の入れ替えに志摩町まで行けばよいのだ。

そして45歳で引退、同時にローン完済。(希望)
顧問料を貰いつつ、防波堤からカジキを狙う毎日。(願望)

コレだ!と思いましたね。

そうと決まれば、パチなどにウツツを抜かしている場合ではない。
ローンも扶養家族もない今こそがチャンスなのだ。

中国支店長(中国支店預かりの身なので)に報告。
やはり、お世話になっている方への報告は重要である。

支 「…今まで、散々遊んどんやけん死ぬまで働け、ロクデナシ!」

そう来ますか。


言い返す言葉もありませんけどね。


まあ、この件は置いといて。

今日からの、ミスド・キャンペーン。
ポン・デ・ライオンのバスタイム・グッズとのこと。

今回の狙いはバスマットだな。
ブルーとピンクの二枚あるのもステキ。

2枚ゲットのために必要なポイントは12ポイント。
つまり3600円分である。


素直に3600円で売ってくれたらねぇ…。(何がメインなんだか)

まあ、アレだね。。

人生なんとかなるのだから、バスマットだって何とかなるだろう。
とりあえず。


明日からの晩メシはドーナツ確定。


あ。
もう、こんな時間。

水曜は「相棒」最優先やし。(サトエリ、怖っ!)
そして夜は…



噂の「マクガイバー」をヘヴィー・ローテーションでレイヴ・オ?ン!
スポンサーサイト

My Brave Face

ロナウジーニョ!

本日は北斗。
給料日明けの危険な月曜。

スイカの確率に引っ張られズルズルと漱石を浪費。
高確濃厚な演出、待望の2チェ。

アミバを倒し、4連後全て飲まれる。
ああ、変わらぬ毎日。

ホドホドで退散し、トボトボとオケラ街道を歩いて戻る。

近所のカフェ「ロマンチック(仮名)」にてコーヒーブレイク。
今日は…コロンビアにしよう。

うむ。


このシブ味がバルデラマ!


さて。

今時、サッカー馬鹿蔵かよ!とも思うが、それはさておき。
やはり、ロナウジーニョ!はバケモノだと実感。

宮腋くん(仮名)が「ヤツはヤバイ!」と言っていたのが…

確かウイイレ4とか、そんな時代だ。
まだ髪も短くて、あの時は完全なFWだったんだよなぁ。

正直、オレはここまでになるとは思いませんでしたわよ。
オレ、先見の明はあるハズなんですけどねぇ。

しかし、ネクスト・ビッグ・シングは…


ジオバンニ(バルセロナ・メキシコU17代表)でウッドボール。


さて。

そして、保留者続出の阪神タイガースの契約更改。
鳥谷と杉山はともかく…

藤川には、1億ぐらいやればええのに、と個人的には思います。

あの細い体で、1年間投げ抜いたんです。
今年は無事でしたが、来年はケガするかもしれません。

というか。


あんな使い方をされては潰れてしまうのではないかと心配でなりません。

そういう意味で、藤川を見たいのですが…
出てくる度にドキドキさせられて、心臓に悪いっての。

活躍したら、素直に年俸を上げてやってほしいです。
来年、もしもケガしたら恐らくダウンなんですから。

実際、濱中も関本もダウンですからね。(ちょっとカワイソウだわ)

しかし、恐らくは赤星と今岡が大幅アップでしょうから…
どこかにシワ寄せは来るんでしょうけど。

ま、8000万ぐらいが落し所でしょうかね?
岡田監督も、そう言ってましたし。


そして。


明日はジョージ・ハリスンの命日です。(現地時間)
ジョージを偲んで飲もうじゃないか。

西天満に「キャシャーン(仮名)」という店がある。
ビートルズのコピーバンドが、毎日演奏している店だ。

ナカナカ雰囲気も良くて、たまに行ってたのだが…

やはり、お一人様には敷居が高い。
そこそこ、イイ値段なんで、どうでもいい女性は誘いにくいし。(暴言)

でも「キャシャーン(仮名)」も、人でイッパイだろうなぁ。
人が多いのは、かなり苦手やしなぁ。

結局、どこかでシミジミと飲むことになるのでしょう。


もちろん、ヒトリで。

いや、それには理由があって。
年に一度、ジョージのコトを考える素晴らしい気分を…


女の香水の香りで、濁らせたくないのサ。(王様の仕立て屋風)




てなコトを言ってみたかったりするだけだったりして。(宮川風)

炎のたからもの

朝から事務所へ。

しっかりと遅刻。
だが、支店長も遅刻。

問題ない。

任務はスンナリと昼前に終了。
さて、どうするかねぇ…久しぶりに天下一品でも行くか。

チャーハン定食(ラーメン大)を食した後、バイク屋へ。
2諭吉渡して、バッテリーと幾ばくかの漱石を頂く。

さて。
せっかくの土曜日だ。

給料も出たことやし、買い物でもしていくか。

そうだ、噂のファイテンを買おう。(今更?)
アニキ(阪神・金本)とQちゃんにあやかろうよ。

すると知り合いから電話。
まあ、近所やし寄ってくか。

広島土産のモミジまんじゅうを頂く。
しかも、にしき堂のクリームモミジ・チーズだ。

とうりもん・八つ橋(生)と並ぶ大好物。

しかも、コイツは大阪では買えないからな。(ノーマルは売ってる)
ハヤトッティ感激。

浮かれポンチ状態だったのか、ファイテン店を通り過ぎる。
まあ、気付いたのは部屋に戻ってからなんで…どうしようもない。

とりあえず、モミジまんじゅうを食っとくか。

ほんまに久しぶり。
やっぱり、激ウマ。

連続で5個。
そして、初めて…

甘いものは別腹と実感。


すぐに悶絶しましたが。(コッテリ大は危険)


よし。

少し動こう。
SHEのDVDを観ながら「I・O・I・O」を一緒に踊る。

ノリノリのダーティー・サーティー。
さらに、ティッシュの空き箱を履いてみる。

あ、ピッタリ。
なんか嬉しいなぁ。

すると、ピンポーン♪と呼び鈴が鳴る。
そのまま、普通に応対してしまいましたが…


もしも見られていたらと思うと、かなり恥ずかしい。


そんなわけで。

届いた荷物は「冒険野郎マクガイバー・シーズン1」。
吹替は、しっかりと石丸博也(ジャッキーの声の人)です。

楽しみだったけど、どちらかというと勢いで買ったんでね。

どうだろう?
今、観ても面白いのだろうか?

問題ナシ。


1枚目、ノンストップで終了です。(6枚組)


もちろん、特撮なんかはショボイんですけど…
設定や物語が面白いので関係ないですな。

サイコーです。
そして。


これでしばらくは無駄遣いせずに済むでしょう。


現在、2枚目に突入するかどうか悩み中。
でも、中国で買ってきたDVDを、ほとんど観てないんですけど。

やっぱり思い入れがあるかどうかってのは重要ですな。
観ても観なくてもいいからレンタルでいいや、という映画は…


結局、どうでも良かったやん!という場合が多いですから。

まあ、あと…
これが思い入れかどうかはわかりませんが。




カリオストロの城が3枚もあるのはどういうことなんでしょうか?

誰がために

いやね、たった2日メールせんかっただけで…

なんで彼女でもない中国人から、激しく怒られないかんのですか?
ほんま、頼むわ…忙しいねん、仕事と不良上司の世話でさ。

しかし…


オレも、なんで無条件で謝ってんの?

まあ、紳士ゆえ仕方あるまい。


さて。


仕事なら問題ないですが。

取引先との仕事以外での付き合い。
これが、ナカナカ難しいような気がする。

オレはゴルフをやらない。(若者ゆえ、釣り派だ)
ボーリングも今となっては、自ら行かないなぁ。

カラオケも好きじゃない。
マイクが来たなら微笑んで、18番を一つ歌うだけだ。

おねいさまは好きかな。
が、お触り以上は気が進まない。(『以上』はソレが含まれたっけ?)

よって、酒ぐらいしか共通点がない場合がほとんど。

だから、まあ酒の誘いは断らないのですが…


そう楽しい酒ばかりではないワケですよ。


あ、でも最近の若者は飲まないんだよね。
酒なんて飲めなくてもいいじゃないか!ってヤツが多いのよ。

それはそうです。
ただ。

飲めなくてもいいじゃないか!というのは…


勉強できなくてもいいじゃないか!というのと同じニュアンス。(特に会社)
出来ないより出来た方がいいに決まってるワケです。

そして。


自分で言うことではないぞ、コラー。(誰に言ってんだ?)


で。

ウチの中国支店長は、父親の同級生。
父親ならば断れることも、断れない場合がある。

60前にして、日本で離婚。
そのまま、大陸で20歳も年下の中国人と再婚。

バイタリティ溢れております。
それゆえ。

若い中国人がおるんじゃ、とのことで…とあるお店へ。

以前の「うまげな中国人」は30代後半。
今回は…

40代前半じゃないか、コノヤロー!(未確認)

せめて30前半を希望したいのは、ハヤトッティ世代じゃ仕方ないだろう。
まあ、若い娘もいましたけどね。

でも、疲れてるんだ…ボクチン。
早々に引き上げましょうオーラを出す。

どうやら、オーラなしの模様。

帰りたい。
でも、帰れない。


だって、120円しかないんだもの…。(悲しきダーティーサーティー)

まてよ。

銀行には行ってないが、今日が給料日なのは間違いない。
当然だが、ウチは給料が遅れたことはないからな。(以前の会社は…)

コンビニのATMで下ろして帰るか。
普段は悔しい手数料も、今ならどうってことない。

すると、その時にマイクが回ってくる。
ちっ。

こうなれば十八番を一つ歌うだけだ。
BEYONDの「パラダイス」をリクエスト。

遠方 有一個地方 那里総有我們的夢想
某天 也許会相遇 相遇在這個好地方

不要太担心 只因為我相信 終会走過這条遥遠的道路

おお♪ぱら・ぱらだ?いす♪

し・ふぉう・な?ま・じょんやお♪
にぃ・し・ふぉう・な?ま・でぃ・ようゆぇん♪

「な?ま」の「ま」の部分は「も」に近い感覚で歌うのが阿Poul風。

うん。
悪くないんじゃないか。不錯!

中国人の評価は…


馬馬虎虎ということで。(ソコソコ)


それでも。

中国語(普通語)で歌ったことによって、小姐の雰囲気も変わった。

教えてくれ、誰か。
オレはあと何人女を泣かせればいいんだ…。(ヒイロ風)

さあ!

ウェルカムですよ、若い小姐!ばちこ?い!
セルライトの原因は血行不良だぞ?!(意味不明)

支 「さて。じゃあ、オマエは帰れ。」
ハ 「…はい?」
支 「オレは、ママと飲みに行くけんの。嫁には言うなよ!」
ハ 「…はい。」
支 「あ、それとの。明日、朝荷物預かっといてくれ。10時にの。」
ハ 「…任務…了解。」

想定の範囲外。

結局、コンビニで金を下ろし、地下鉄で事務所に戻る。
大人げないですが白状します。


軽く殺意を覚えました。
それはねーだろ。

愛のために戦うつもりだったのに…。(ナゾ表現)

夜の街。
クリスマスを意識したのか、鐘が鳴っている。(早くないか?)

葬いの鐘が良く似合う
地獄の使者と人の言う

だが我々は愛のため 戦い忘れた人のため

闇追い払う時の鐘
明日の夜明けを告げる鐘

エリート・ビヂネスマン戦士は誰がために戦うのだ?


嫁さんに告げ口してやるか?(小物)

だが。




恐らくオレも共犯にされる可能性が激しく大というのが有問題。

永遠的永遠

お客を迎えに行った時、所持金は3220円。(1220円は小銭)

給料日まで、あと2日。
立派なビヂネスマンなのにね。

やはり北斗の拳は危険だ。
南国育ちは、オレ以外は吹いてましたよ。

2人しかいなかったけど。


よって、悔しさ倍増です。

あ、それから…
フロム・部屋・トゥ・パチ屋はいいんですが。

フロム・パチ屋・トゥ・銀行は止めた方がよいと思います。


来月はFPTG禁止。(頭文字ね)


さて。

そして、中国からのお客を迎えに行ったわけですが。
どう見ても、支店長を含め、日本人しかいません。

どういうことだ?
日本人だけなら、好きにどこでも行けるじゃないか。

支 「まあ、どうせヒマやろと思ってな。」

そんな理由で、オレの休日を潰すというのか!
オレには、心を休めるヒマさえないのか!

午前中で、心は折れたり、傷付いたりしたけどな。

が、上司と一緒なら、金の心配はいらんし。
せいぜい、旨いモノを食わせてもらおう。

で。


寿司ということになりました。

遠慮せずに食べろ、ということで。
ガッツリといかせて頂きました。

もちろん、好みは人それぞれですが。
トロよりゲソが好きなオレ。

いつになったら。


セレブ(風)から真のセレブになれるのやら。


帰り道、スーパーで食料とビールの買出し。
ピッタリ1800円。

タバコを買ったら、残金は小銭のみで1120円。

いや、マジで…


セレブ(風)ですら、ありえんケ?ン!


ま、明日一日だけですから。
毎月毎月のコトですしね。

慣れてますよ。(自慢にはならんだろうが)


部屋に戻って、メールをチェック。
どうせ、ほとんどがパチンコ屋からなのだが。

あ、珍しい。
チェン(仮名)からメールだ。

「誕生日は最近でしょ?忘れたので教えて」とのこと。
最近の意味がよくわからんが、なんとなくはわかる。

というか、忘れてるなんて…

あれだけラテンの情熱を注いだのに、愛されてないのかしら?
そりゃないぜ、ママシ?タ。

「去年は一緒に食事したけど…」

あれ?
そうなん?

記憶を辿る。

が、どうにも思い出せない。
確かにオレは、クラスメートに「カサノヴァ」と呼ばれていた男。

しかし、自分の誕生日を一緒に過ごした女のことは覚えてるハズだ。
それなのに覚えてないということは…

チェン(仮名)のカン違いじゃないのか?


あのヤロー、他の男と間違えやがって!(憤怒)


一応、去年のカレンダーを確認する。
月曜日か…じゃあ、仕事に行ってたハズだ。

はっ!(脳内でフラッシュバック)

メシ食いに行った…ような気がする。
渋滞に巻き込まれて、国貿から五道口まで2時間以上かかったんだ。

それで遅刻して…


チェン(仮名)の端正な顔が、般若みたいになってたな。
で、会話の流れで誕生日の話になって、そういや今日だ、という話になったハズ。

要は、自分も忘れてたわけだ。(大団円)
普通のビヂネスマンは日付じゃなく曜日で考えるもんね。(未確認)

というか、そのぐらい必死で働いて、やっと「エリート」と呼ばれるワケで。
今も昔も必死で働いてるつもりはないけどね。(軽く問題発言)


ま、実は学生の時も忘れてて、ゆう(男)に…


「アンタ、マブでヤバイよっ!」と呆れられたことがあるのはナイショだ。

単に忘れっぽいのか?(たぶん、そうだ)

でも、これで今年は大丈夫。
バッチリ、思い出すことが出来たね。

そうだな。
今年は自分に何をプレゼントしちゃおうかな…

大治郎レプリカ…59800円。
アルファのCWU(シルバー)…17800円。
俺がハマーだ!DVDボックス…25200円。

ステキな想い出…プライスレス、なんつって。(ケヴィン風)

しかし、自分へのプレゼントって…


オレはサボテンに話しかける毎日を過ごす孤独なOLか?
男か女かの差やけどな。

まあ、今年はムリやけど、来年は一緒に祝ってくれるそうです。
優しいなぁ、チェン(仮名)は…って!

それこそ来年なんて、もう結婚してたりとかするかもしれんやん!

大丈夫かな?
嫁に誤解されたりとかせんかな?

そんな心配は無用だわ♪なんて、ご意見こそ無用。


本人が一番わかっておりますから。

とりあえず。


来年の誕生日の予定は決まったワケだ。
今はそれを喜ぼうじゃないか。(長期的だな)

ちなみに。

五月天のボーカル・阿信も同じ誕生日。
他にも色々いるんですが…


誕生日の日のブログ用のネタとして温存しときます。

つまり。




その日は、すでにネタに困ることが確定!みたいな感じ。(予定レス)

美麗新世界

グラチャン・バレー。

今日から男子が始まりました。
メンバーを見て、知らないヤツばっかりやなぁ…と思ってたら。

荻野がいます。

大復活ですな、こりゃ。
荻野なんて、何年ぶりの日本代表?

オレが高校生の時の、日本代表だったハズ。
調べてみたら、今年の2月に7年ぶりに復帰とのこと。

すげえ。

オッサンの鏡だ。(失礼)
オレも負けられない。


でも、まあ勝たんでもええか。(無気力)


さて。

明日は休日だが…
またしても中国絡みのお客アリ。

いきなりですよ、今日になって。
しかも、何時になるかは不明。

ヒドイ話だ。

もちろん、休日出勤など付かない。
うまげなおねいさまも付かない。

ボランティアみたいなもんだ。
ま、ボランティアゆえ…

素直に携帯に出るかどうかは微妙だぜ!
蝶が飛びまくり♪なら、そのまま続行の予定。

願わくば。


バッテリー代ぐらい、なんとかしてください。(切実)


それにしても。

行きたかったぜ…モトリー・クルー。
バックチェリーも前座で出て、1諭吉しないなんて格安だわ。

やはり、単純明快な音楽がサイコーだ。
いつかポイズンも来てくれないだろうか?(おそらくムリ)

金曜日は、大阪で二丁拳銃ライブ。

SWAN氏のプレイを聴きたいところだったが、その日は接待。
正直、あまり気乗りしない接待なのだが、サラリーマンゆえ仕方ない。

ダメ応対娘にイヤミの一つも食らわすぞ、コラッ!。(長州風)

そういえば、前回も接待後に駆けつけたな。
今回も行けるといいのだが。

まあ、SWAN氏もトシ・ヒケタ氏も。


もう少し、ブログを更新していただきたいですな。(忙しいのか?)


ところで。

カープを引退する野村の背番号7。
てっきり、期待の新人・梵(そよぎ)が付けるのかと思ってましたが…

球団が永久欠番にすると提案。
金はないけど、素晴らしい気持ちがあるじゃないか、広島カープ!

すると。

野村がそれを固辞。
これまたカッコイイじゃないか、野村!

やっぱり背番号は重要だと思うんですよ。
特に一桁の番号はレギュラーナンバーですので。

チームの顔に与えるべきです。
あんまり永久欠番にしてしまうのも、長い目で見ればどうかと。

オレは巨人ファンではないですが。
高橋(外野手の方)には1桁の番号を与えるべきだった、と思いませんか?

24じゃ…絶好調!にはならんでしょ。
確か高橋が入団した時は、7番が空いてたんですけどね。(未確認)

ちなみに。
オレが今までの人生で、背負った背番号は…

4、7、10、14、21、26ときて、現在は27。

何気にエースナンバーばかりで自慢になってしまいますが。

4は川藤。一応、巨人では永久欠番です。(微妙?)
7はカントナに真弓、ベッカムも入れとくか。

10はキャプテンナンバーであり、言わずと知れたファンタジスタの番号。
阪神では永久欠番。(物干し竿・藤村)

14はクライフ。オランダではエースナンバー。それに津田(元カープ)。
21と26は…思い浮かばないな。

あ。
スゴイのがいた。

ジダンとダーヴィッツ。(ユベントス時代)

そして、現在の27。
ヴィルヌーヴ(父)の番号であり、曽田マニアにはたまらない番号だ。

でも、本当は31(掛布)か44(バース)が欲しかったのですが…
マジ草野球は、30までしか付けられんのでね。(超草野球は可)

あと、最初に貰った番号も思い出になりますなぁ。

オレは、マティーニ入団2年目に、希望の27を頂きましたが。
26の時も、番号入りリストバンドを作ったりでノリノリでした。

野球で、背番号27だとキャッチャーぽいですけどね。
古田に谷繁…伊東もそうだ。

あと、星野の投げた球を素手で取った中島も。(ドマニア)

阪神は、明らかにキャッチャーの番号ですもんね。
山田、野口、岡崎…お見事です。

このままいけば、古田も永久欠番でしょう。
だって、古田のイメージしかない番号を付けたくないわな、普通。

そう考えると。

オレが引退する時も永久欠番にしたほうがいいんでしょうかね。(遠ひ目)
あんまり若いヤツにプレッシャーをかけたくないし。(軽い妄想)

もちろん。

期待してる選手には与えたいと思いますよ、27番を。
オレの手で27番を渡したいと考えてます。




ま、その頃までマティーニが活動してるかといえば…激しく微妙ですが。

渚にまつわるエトセトラ

桜玉吉ナイズされていく脳内。

そうか、オレはあんな暮らしをしたいんだ。
西伊豆のペンションの代わりに、志摩町の喫茶店でも買ってさ。

ヒトリ、のどかに釣り糸を垂れる毎日。
釣ったサカナが、その日のオカズ。

釣れなきゃ、のりたまでいいや。


ステキ。

出来れば、死ぬ時はカジキとの死闘を繰り広げて死にたいなぁ。
防波堤からカジキは釣れへんやろ?。

などと妄想していれば。

いつの間にか、仕事の修羅場終了。
でも、これで修羅場というのなら…


レンタルボート屋の方が、1000%修羅場だ。


そんな阿修羅の如くなオレですが。

相変わらず理不尽なコトばかり。
でも…もう、諦めました。

理不尽なヤツが悪いんじゃない。
理不尽じゃないオレが、今の時代にそぐわないだけなのだ。

そう考えることにしました。

つまり。

アナタのやってることは、すごくおかしなコトですが…
おかしくないボクが悪いんですよ、気にしないで♪

アナタの言ってるコトは、限りなく不思議なコトですが…
同じ業界にいるんだから、ボクも同じ不思議少年ですよね♪

ってね。

こう考えるコトでココロの平安が訪れましたよ。
オレも突っ張ってたんでしょうねぇ。

もちろん。


自分を落としたように見せて、相手を見下してますがね。(何様)


しかし。

なんで当たり前のことが出来ない人が多いんでしょう?

電話を切る時は「失礼しま?す」と言う。(特に伸ばさなくても可)
「ムリです」と言う前に「やってみます」と言う。(ミドリちゃんか?)
文句を言うなら、一緒に手も動かす。(出来れば文句も言うな)
自負を持つのはいいが、それは自信過剰じゃないのか?(ま、気付かんよね)

自分が何様なのかわかってないから出来るんでしょうけどね。
それが若さというものか…。

やっちゃいけないことを、やっちゃいけないんだ。
男は女湯に入っちゃいけないんだよっ!

それは子供しか許されんし。

ふん。
じゃあ、仕方ねーな。

ガキ相手に本気で相手出来るかよ。
と、なるのも大人げないんですけど。

ま、でも。
なんで、そんな態度を取られるのか?というと…


たぶん、オレがすでに相手に見下されているからです。

…ギャフン。


さて。

今週は23日が休み。
しかし、もはや3連休じゃないので何もする気がしません。

というか、バイクが動かないので、どこにも行けないんですが。

次の3連休は…
12月の23日?25日か。

沖縄に行きたいところだが、クリスマスにブチ当たる。
その時期だと、アベックばっかりの恐れがあるな。

そうなると、たぶんウザイ。

去年は、何をしてたかね?
あ、確か上海蟹を食べたんだ。

カニか…
カニねぇ…

悪くないな。

でも、2年連続となると…
3年連続もやらなければいけなくなる。(意味不明)


ま、たぶんドコに行っても、人が多いだろう。
近所でおとなしくしとくか。

おとなしく南国娘を…



そう、やっちゃいけないことをやっちゃうからねぇ、人間は。(立松風)

全是愛

近所に、気になるバーがある。

歩いて帰れるところに飲み屋がある、というのは男の憧れ。
ぜひとも気軽に通えるようになりたい。

だが。

その店は、いつが休みなのかわからない。
さらに、店内が狭いので、すぐに満席になっていることがある。

ちょいと「いちげんさん」には敷居が高いなぁ。

また、そんな店で「とりあえず、ナマ」とも頼みにくいのではないか?
やはり、バーボンをロックで飲まないといけないのでは?

ま、それは飲む人の権利を押し通すとして。

オレの場合、基本はソロ活動。
なんせ、周りに飲む人がいないから。

おのずとヒトリで飲むことになるのだが、ヒトリなら部屋でいいや、となる。
もちろん、部屋にも酒は常時用意してある。

だが、噂のダーティーサーティーが部屋で缶チューハイというのもなぁ…

サマにならん。(似合ってるとは思うけど)

オトナの男は、カッコよくないとダメだ。
行き着けのバーぐらい、持ってないとね。

そんなことを言いながらも…


昨日の夜から、今夜までで外に出たのは2回。

ヤバイ。
紛れもなくヒッキーじゃないか。

しかも、2回ともココイチに行ってる。
ああ、オレ…

カッコイイ男になれないかも。


まあ、何もしないのが一番の贅沢というのもわかってますから。


いやいや。

それでも、例のカフェソロは探しに行ったんです。
でも、すぐに断念して、ドトール休憩。

マ・アヴェ氏(仮名)と他人が見ても暗号にしか思えないメールのやり取り。
ああ、なんか楽しい。

しかし。


嫁の機嫌は良くなったのだろうか?


ところで。

中国にいた時に、一緒にカラオケに行ったナカノくん(仮名)という男がいる。
中国のカラオケとは…まあ、色々あるワケですわ。

で、連れて行ってもらったんですよ、オレも。
そんなムフフなお店は、メキシコのソナ・ロッサ以来なんで…


期待してたんだ…
すごく期待してたんだよ…


まあ、それはいずれまた。


そんなナカノくん(仮名)ですが。
今度は広東語で唄おうとしている、という情報を思い出した。

そんなとこで異文化コミニュケーションしようとしやがって!

オレは、もはや中国に行くつもりはない。
行くつもりはないが…


オレも異文化コミニュケーションをしたい。(本音)


英語の曲は、ビートルズとワム!があるのでノープロブレム。

メキシコ用にマナァの「Oye Mi Amor」は練習済み。
今は「Hechicera」をお風呂で口ずさむ毎日。

ア?イ♪ケ・ボニートス・オホ?ス♪
ア?イ♪ケ・ボニータ・ボカ?♪

よってノ・アイ・プロブレマ。

中国はどうだろう。

Beyondの「Paradise」と「我不信」は、なんとかイケる。
歌詞カードを書き写して、ピンインも書き込んだからな。

そんなん授業でもやったことねーっての。

五月天も中国に行ってすぐに歌わされた時よりも上達してるハズだ。
こっちも、ピンインを書き込んだから。

ウェイシェンマ・ニィ・ダ・イェ?ン♪
イージン・メイヨウ・チョンジ?ン♪ウォ・ブシ?ン♪

うむ。
普通語は(数曲なら)メイ・ウェンティー。

問題は広東語だ。

我々の世代には、広東語は馴染みが深い。
ジャッキーもチョウ・ユンファも広東語だからな。

だから普通は、広東語こそが中国語だと思うであろう。(未確認)
なんとか、広東語もモーマンタイにしないといけない。

幸い、Beyondは広東語で歌うのがメイン。(日本語もある)
名曲「海闊天空」を課題曲としよう。(日本語版は『遥かなる夢に』)

この曲は悲しい思い出ばかりだけど名曲と思う。(コマの遺作)

Beyondの15周年ライブ。
この曲のサビのときに、家強(ベース、コマの弟)が涙で歌えなくなるんだが、観客とギターのPoulが代わりに歌うところは、こちらも涙アンド鳥肌モノ。

どれどれ。

こんなこともあろうかと、中国でバンドスコアを購入してある。
TAB譜じゃないから、見方がわからんけど。

当然、DVDも買ってある。

広東語は、まったくわからないが…
DVDなら、目で見て、同時に耳で聞くのだ。

なんとかなるんじゃないか?


これで、ナカノくん(仮名)だけにイイ思いはさせないぞ!


レッツ・プレイ!


ところが。

久しぶりに観たもんで…


サビの部分で、オレまでウルルン。
最近、涙腺ユルルンだな。

仕方ない。
今日は…今日だけは、思い出に浸ろう。

どうせ、潤んだ瞳じゃ、字幕も見えませんから。


まあ、その…




明るい未来も見えないんですけどね。(ケンゾー用語)

翼の折れたエンジェル

朝から無粋な電話。

やはり本田ディオ(仮名)だ。
10時半ゆえ、非常識かどうかギリギリのライン。

でも、休日やしね。


個人的判断で無粋とさせてもらった。


ハ 「…用件は?」
デ 「いやいや。昨日から大阪なんやけど、ヒマでヒマで。」
ハ 「…ヒマな保険セ?ルスレディと違って、オレは忙しいんだ。」
デ 「寝てたんやろ。あ、そうや。保険、入ってよ!実は…」

話によると。

研修期間が終わって、給料の保証がなくなったらしい。
そのせいで、現在の月収は8諭吉程度とのこと。

ハ 「それは、ちょっぴりキビシイな。」
デ 「そやろ?私、カワイソウやねん。な?入ってよ!」
ハ 「…枕営業でも何でもして稼げ!努力しろ!」
デ 「酷っ!昔、サオリさん(仮名)に言われて、保険入ってたやん!」
ハ 「んなもん、とっくに解約したわ!」
デ 「はっ!もしかして、ソレも枕営業なん?サイテー!」
ハ 「なんでやねん!」

サオリさん(仮名)は、バイト先(JA)の同僚だったためだ。
けして、枕営業ではない。

…下心があったことは否定しないが。

デ 「じゃあ、一緒にゴハン食べてあげるし。」
ハ 「…間に合ってますんで。」

ウソだ。

確かに本田ディオ(仮名)はカワイイ。
カワイイけど…

武士は食わねど高楊枝である。

ハ 「まあ、せっかく大阪に来たんやから、メシぐらい奢ろう。」
デ 「ゴチになりまーす。」

高楊枝はどうした?
しかし、ディオ(仮名)は、おそらくメシが目的なのだ。

人生のセンパイとして、そのぐらいはね。

ハ 「今、ドコにおんのよ?」
デ 「梅田。」
ハ 「じゃあ、阪神百貨店の阪神グッズ売り場で。」
デ 「どんな待ち合わせよ!」

それが一番わかりやすい。

その後、速やかに合流。
人混みを避けるように、北新地方面へ。

ハ 「で、何を食べる?」
デ 「ザギンでシースー。」
ハ 「給料日前なんで。」

ということで、スープカレー。

ハ 「ほら。ナスとピーマンも食べなさい。」
デ 「ええオッサンのくせに。」

しかし、何しに来たんだろう?
それとなく聞いてみる。

ハ 「で、何しに来たん?」(直球)
デ 「いや、友達に会いに。」
ハ 「友達は?」
デ 「連絡取れんで困ってる。」

ノー・プラン。
まあ、人のことは言えないが。

デ 「もし連絡取れんかったら、泊めてな。」

こ、これは…

武士は食わねど高楊枝だが、据え膳食わぬは男の恥。
何より女性に恥をかかすことになる。

それはイタリア人(風)としては、一番してはいけないことだ。

ハ 「いや、ソレはマズイだろ。」
デ 「なんで?私とハヤトッティで、何もあるワケないやん。」
ハ 「いーや、わからんぞ。オレも甘く危険な野獣になったり。」
デ 「うわ、キモっ!」
ハ 「なんだとっ!今までも何人もの女を抱いては捨て、抱いては捨て…」
デ 「はいはい。」


ま、連絡は取れたんですけどね。


そんなわけで。

野獣になれないのは仕方がない。
じゃあ、風にでもなるか。

原チャリに乗れないなら、CBに乗ろうじゃないか。(下品な表現)

ストラタスファクション号、行くか!


ストラタスファクション号、完全に沈黙。
でも、最近は押しがけでイケるからね。

ところが。

何度やってもダメ。
南森町を過ぎて、扇町辺りまで押してきてしまった。

天六まで行けば、バイク屋もあるが…

もうムリだ。
すでに左腕から首の左側にかけてダメージ。

早くも張りが出ている。
いいぞー、効いてるぞー、などいう余裕はない。

迎えに来てもらおう。
電話をかける。

ところが。

なんと神戸までバイクを取りに行ってるらしい。
これはナカナカ最悪の展開に近くないか?

ファイト一発!なシチュエーションだが…


リポDぐらいじゃ、ムリだろう。

どうする?
考えるんだ、ハヤトッティ…あ!

バッテリーだけ外して持っていけばいいのでは?

扇町にムリヤリ駐車。(駐輪?)
車載工具でバッテリーを外す。

リックサックに積み込み、歩いてバイク屋へ。

早速、バッテリーチェッカーで…あ、全然振れない。
ということは、バッテリーが死亡してるということだ。

バッテリーが死亡ということは、充電してもダメ。
これにて最悪の事態が確定。

このバッテリーは特殊なバッテリー。
悔しいことに少々値が張る。(約2諭吉)

しかし、背に腹は代えられない。
だが。

スープカレー後に、パフェまで食したヤツのせいで明らかに足りない。
三井住友カードでキャシーかよ。

すると。

店 「すいません。在庫ないみたいです。」
ハ 「ということは?」
店 「取り寄せになりますね。」

良かった。
週末なら、給料も出てるしモーマンタイ。

ん?
じゃあ、今日はどうすれば?

まあ、最近は河川敷通いもしてないし…
運動不足やから、ちょうどええんかもしれんけど…


一駅分歩いた上に、400ccのバイクを一駅押すのはどうかと思う。

しかも往復で。


もう、すでに全身が筋肉痛です。

まあ、アレだね。




若さゆえ、筋肉の反応も早いということにしようぜ。(単なる運動不足)

Rayando el Sol

オレはオシャレな都会派ビヂネスマン。

時間に追われる毎日。(朝のみ)
セレブチックなアフター5は、南国娘とランデヴー。(金はかかるぞ)

そんなオレの癒しはコーヒー。

朝・UCC(アイス)、昼・キリン(自販機)、夕方・ドトール。
それ以外に、仕事中にも当然飲むので、量だけは多いほうじゃないだろうか?

一番のお気に入りは、サンダルで行ける近所のドトール。
理由は、近い・タバコが吸えるの2点。(それだけ?)


間違っても、コーヒー通ではなさそうだ。
でも、好きは好きなので仕方ない。


あわよくば、手動でカリカリと豆を挽いてみたいじゃないか。
あわよくば、この香りの残り方はレジーニャだな、とか言ってみたいじゃないか。


ま、それはともかく。

巷のコーヒー通の間で噂のカフェソロ。
これが、ゼヒゼヒ欲しい。

そりゃ、北京にいたらオシャレ・グッズは見つからないが、ココは大阪だ。
すぐに見つけられるだろう。

まずは天神橋筋界隈を物色。
見当たらない。

まあ、これはしょうがないだろう。
中国人も多いしな。

しかし。

梅田や心斎橋には行きたくない。
堺筋線の扇町から北浜までで見つけてこそ地元密着。

まあ、行っても天六とか天満橋までだな。


たぶん、ないな。

おそらく、通販で買うことになるでしょう。


そして。

本日のドラフト。
巨人が、久しぶりに巨人らしさを発揮。

まあ、ゴジラも最初は阪神希望やったしね。
なんか、あの指名された選手も入団しそうですな。

ちなみに。

オレの電話はなりませんでした…。

NTT西日本から5人も選ばれたのに、アイランドリーグからはゼロ。
そして、マティーニ(NGリーグ)からもゼロでした。

来年こそ!

で。
そんなNTTですが。

なにゆえ「電話代」と「フレッツ基本料」を別々に請求するのだ?

まとめて請求してくれ。
面倒で仕方ない。

たとえ、オレが毎日コンビニに行く男でもだ。

だって、あの大きさの請求書は持ち歩きにくいでしょ?
セカンドバッグなんて、ヤーさんとか野球選手しか持ってないし。

あ、もしかして…


ドラフトで名前を呼ばれなかったオレへのイヤミ?

だとしたら怒髪天だ!(意味不明)

目には目を。
屈辱には報復を。

頭の中でNTTへ「ああもしてよろう、こうもしてやろう」と妄想。


もはや、すべてが被害妄想。


さて。

ワールド・カップ出場国が決定しました。
我がイタリアとメキシコは、第一シードに選ばれるのではないかとのこと。

しかし、現在。
イタリアは負けナシ中で、メキシコは勝ちナシ中。

イタリアは肝心の本番でつまずくんじゃないのか?
メキシコは、このままズルズルと逝ってしまうんじゃないのか?


ま、どちらにしても不安になるということがわかりました。


で、日本はといえば…

所属チームでロクに試合にも出れてない二人が、いまだに先発。
イタリアじゃ、試合に出てなければカッサーノでさえ選ばれないのに。

神様・ジーコの運が、どこまで日本を守ってくれるのでしょうか?

以前に提言したとおり、松井を代表に選んだのは嬉しいのですが…
このままでは、予選3試合で2得点といったところでしょうかね。

それは、純粋につまらんぞ。


かといって打開策があるかといえば、ない!と即答だ。


そんなことを色々考えながら、天神橋をチャリで走っていたら。

閉店してしまったU店の常連客とすれ違う。
そして、お互いに気付き…ザ・シェフのようにニヤリ。

が、言葉を交わすこともなく行き違う。

そうか…
アンタも失くした何かを探しているんだな。


確実に冬の気配が近付いているが、非常に心温まる瞬間。

あとは…




どうにかフトコロを暖かくしてくれないか?(切実)

Set Me In Motion

Viva La Raza!

最高の芸術家を失った。
真のピープルズ・チャンプだったとも思う。

ポッカリです。
今年は、こんな喪失感ばかり。


エディ・ゲレロは天才だったっての。

彼を忘れさせないためにも「スリー・アミーゴ」計画を急がねば。


しかし。

エディ・ゲレロを知らない人は知らないんだなぁ、と実感。
少々淋しいが…まあ、そんなものか。

そして、高橋ひろの死も、あまり取り上げられることがなかった。
本田美奈子よりも売れてたと思ってたけど…

インパクトがないからだろうか?
それとも、オレがメイン・ストリートにいないからなのか?


たぶん、どっちもだな。


だからこそ。

レッツ・シング!「太陽がまた輝くとき」


なんか、今日も喪失感が埋まりません。
オレ…やっぱり、インリン様の言う「ヒマでモテないプロレスファン」だな。

いつものように、酒に逃避します。


いつものように「相棒」を観ながらね。



どろん。

LATINO HEAT

新日本プロレスがユークスの子会社へ。

どうも、猪木から株を購入するらしいが…
それでは、猪木のフトコロだけがヌクヌクなのではないのか?

まあ、見捨てはしないけど、しばらく見る気がしない新日本。
どうでもええわ、と仕事に戻ると…


エディ・ゲレロ、急逝…。


なんてこった。

一瞬、グリンゴス時代の相棒・ラヴ・マシーンが、ドラッグが原因で亡くなっているので「まさか…」と疑ったのですが…。

心臓発作とのこと。
が、もはや理由はどうでもいい。

ロックが去り、オースチンも去ろうとしているWWE。
エディまでいなくなったら…


とにかく、残念。


エディ・ゲレロさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

オールウェイズ

バファリンの半分は優しさで出来ているらしい。

なるほど、そうか。
では、主に頭痛に効く成分は半分だけということになるな。

そう思った風邪っぴきのオレ。
優しさがあれば、すぐに治りそうな気がする。

そんなわけで、残りの半分に賭けてみることにしましたが…


バファリン、機能せず。


そんな休日。

昨夜は接待。
だが、体調が思わしくなく、早々に切り上げさせてもらう。

雨の御堂筋を這うように横切って、事務所へユン・ソナ号を取りに戻ると…

チャリのカギが見当たりません。
ヒドイ話だ。

やむなく雨の中を、傘も差さずに歩き出す。
どこかでタクシーに…乗るほどの距離じゃないが。

オレは主義として、カサを持たない。
なぜなら、男たるもの勇敢でなければならない。

その主義が裏目に出たというのか?

チャリなら5分なのに…
風邪引いてるのに…
しかし、なんでタクが来んのよ…

などと考えていると、道路が逆向きの一方通行と気付く。
都会は一方通行が多すぎんねん。

なんとか部屋に辿り着き、早々に眠る。


そして。

前述のように、バファリンの半分に賭けたわけだ。

朝からパチ屋のメールで起こされる。
が、イマイチ調子がよくない感じだ。

こんな日はおとなしくスロー・ライフに限る。
間違っても、スロ・ライフではない。

それに、鶏肉を調理してしまわなければならん。
この週末を利用して、残りの1キロを食べてしまおう。

まずは解凍だ。
チキン野郎になってやるぜ!

とりあえず、半分はカレーだな。
あとは…鍋にでもするか。

じゃあ、噂の男前豆腐も欲しいところだ。

だが、近所に売ってたか?
なかったような気がする。

買出しに行くにしろ、何にしろ、まずはユン・ソナ号を回収しなければ。
事務所までテクテク歩く。

ダメだ。
予想以上にしんどい。

ユン・ソナ号を回収し、部屋に戻ったら取引先のライミ(仮名)さんから電話。
東大阪某店の北斗の拳がイベントとのこと。

しんどいのに。

しんどいけど、迎えに来るらしいので行くことにする。(意味不明)
しかも、会社の車で迎えに来ました。(一仕事あったらしい)

速やかに東大阪へ。

なるほど。
すでに行列が出来ている。

これは本物か。
しかし、注意が必要なのは…

銀行も郵便局も近くにあるということだ。
これは、すぐに下ろせますよ、ダンナというワナに違いない。(被害妄想)

なんとか台はキープ。
が、レア小役がイマイチ。

続けざまに2チェが二回スルーしたので、ブン投げる。
でも、簡単に移動出来るほど空いてない。

ライミ氏(仮名)は、なんとか食いついたところか。
箱に移しているので、もう少し頑張るだろ。

やむをえまい。
新台・GO!GO!マリンなどで茶を濁すことにする。

ところが、かなり回る。
優良店なのかもしれないな。

ただ、1漱石(新通過単位はいずれ)単位で玉が出てくるのがイヤン。
すぐに当たったら、どうすんだよ。

1漱石あたり21?24回転ぐらい。
最近は、パチは打ってないので怪しいけど…

これなら、十分戦えるのではないか?


…戦えませんでした。

4諭吉ストレート。
867回も回して309分の1が当たらず。

しかも、シマ(並びのこと)でオレだけが大当たりゼロ。
逃げるように、スロのシマへ。

その頃、同じようにライミ氏(仮名)もフラフラとピヨってました。
お互い、咳き込みながら撤退を決める。

ラ 「風邪気味の時は、エエ感じなんやけどなぁ…コホコホ。」
ハ 「オレ、頭の上にヒヨコが見えるんですけど…ゴホゴホ。」

精神的にも肉体的にも金銭的にも大ダメージ。

ラ 「…とっとと帰ろう。」
ハ 「○○(店名)のク・ソ・バ・カ・ヤ・ロ・ウ!ぬぶぅ!」
ラ 「ジュウザは出てこないよ…」

気付く人がおるんはイイことなんやけど。

ハ 「しかし、給料日まで、どうやって暮らせというのか…。」
ラ 「あと2週間か…折り返し地点やもんなぁ、まだ。」

さらに気が遠くなる。

ハ 「あと3諭吉で2週間…ムリ!どう考えてもムリ!」
ラ 「はぁ?贅沢言うな!オレなんか一ヶ月の小遣い、3諭吉!」
ハ 「ボクチン、独身貴族!貴族には貴族の暮らしがあるんだもの!」
ラ 「困るのなら、貴族だろうが遣い過ぎなんだよ。」

その通り。

咳き込む男二人を乗せた営業車
ラ 「まずはタバコをやめろ!そして400円のポークカレーで過ごせ!」
ハ 「カレー了解。でも、タバコはムリ。」
ラ 「めぐめぐ(仮名)も『あのイタリアン(風)吸い過ぎ』ってさ。」
ハ 「ふん。そんなこと言う女、コッチから願い下げだね!」
ラ 「彼氏がおるとわかったらソレかよ。」

そんなこんなで天神橋にて別れる。

まったく。
今日もヒドイ一日だった。

フラフラしながら、ミスドへ。
カプチーノ・シェイクでクールダウン。

カードを2枚ゲットして、部屋に戻る。
これも無駄遣いといえば、無駄遣いかもしれないなぁ。

あ。

チキン、出しっ放しじゃないか。
デロンデロン具合がイヤンな感じ。

ま、どうせ火を通すわけだから。
というか、こんな冷凍チキン、生はありえんだろ。

ん?
そういえば。

旬のチキンとキノコの炒め物みたいなメニューありそうやけど…



旬のチキンゆえ鳥インフルエンザです、みたいなネタは許してくれんやろなぁ。

ペガサス幻想曲

風のハルカ。

主人公のハルカはさておき。

オレは心情的にお父さん派です。(10年前に離婚してる)
でも、最近はお母さんの気持ちもわからんでもないかな、と。

なんか面白くなってきてます。
オレなんか、朝も昼も観てますから。

そんなわけで。

レッツ・視聴!「風のハルカ」!!


キッチリと受信料も半年分払いましたしね。(今頃?)


さて。

現在、我が社は突発的な異常事態で完全修羅場期間に突入。
新人ながら、中盤で攻撃の指揮を任されているオレとて例外ではない。(ナゾ)

もちろん、オレは早く帰りたいがためだけに頑張っているのだが。


なんせ、現在のオレは「風邪のハヤトッティ」ですから。


そんな普段のダルダル風味とは、一味違うダルダル気味な昼下がり。
とある取引先の女性・松ノ井さん(仮名・守備範囲)から注文が来ました。

在庫を調べると、在庫は問題ナシ。
これなら、明日には納入できます。

メーカーにオーダー。
じゃあ、明日入れますね、とのこと。

そこで、納期を報告するために、その取引先へ連絡。
すると、しばらくして…

「明日は休業日です」との電話が。

ちっ。
ほんまにダルダルな時に限って、こんなコトが起きやがる。

しかし、かなりマズイ。
もう配送の業者が、荷物を積んでしまっているかもしれない。

バタバタとメーカーへと連絡。
メーカーもプチ修羅場やから、ちょっと言いにくいな。

散々、メーカーからは文句を言われましたが(こういうのは気にならない)
なんとか納入をストップ。

そして、とある松ノ井さん(仮名)へと「納入日、変更出来ました」と連絡。

ハ 「あ、変更出来たよ?。」
松 「ほんま、すいません。(ションボリ感、たっぷり)」
ハ 「ま、次からは、休みの日言うてね。オレも一緒に休むしさ。(甘く)」
松 「…すいません。気を付けます。」

すると、我が社の事務のお姐さまが…

ちょっと、電話代わってとのこと。
言われるままにタッチ交代。

姐 「あ、松ノ井さん?(仮名)あのね…」
姐 「前にもあったでしょ、こんなの?で、その時に言うたわよね?」
姐 「こういうのね、ウチだけじゃなくてみんなが迷惑するの。」
姐 「次からは、休みの時は、ちゃんと連絡するのよ!」

と、かなりキツクお説教。
もちろん正論です。

正論ですけど…


もう、最初にオレが注意してるじゃないですか。
あんたの血は何色だ!


数分後、電話を切ったお姐さま。
スッキリした顔でご満悦。

姐 「ちゃんと(やけに強調)注意しとかないかんからね。」

こわっ!

しかし。
オレは、ちょっと言い過ぎだと思います。

だって、最初にオレが注意してるし。(ちゃんと、かどうかは微妙)
そこで相手も「すいません」と言ってるわけですからね。

それ以上は、逆効果でしょ?
一度謝ってるわけですから、そこで終了ですよ。

考えてみてください。
もしも、自分が謝ったとして。

そこから、さらにそれ以上言われても…
被害者意識に変わるだけだと思うのです。(自分がそうやから)

しかも。


バタバタして、メーカーに怒られたのは…オレじゃないですか。
あんた、何もしてないじゃな?い。

もしかして。
これが噂に聞く…


女同士の「業界内での一輪の花」バトルなのか?


ま、そんな大袈裟なものではなく。
このお姐さま、こういう性格なんですよ。

ところが、お姐さまには注意出来ないんです。
同じ職場の女性に嫌われたら、仕事がやりにくくなること確定。

我が社は慢性的な人手不足。
そして、一度退社して入社してる人が多いから、平均年齢も高め。

さらに、本社を含めた8人中、3人がガン患者。(スゴイだろ!)

所長にも「誰か若い素直な女の子、知らんか?」と言われてますが…
こんな会社に入れても、イジメられてヤメさせられますやん。

このままでいいのか?
いや、良くない!(キッパリ)

ハ 「姐さん、ちょっと厳しくないっすか?」
姐 「ハヤトッティは、若い女の子には優しいわねぇ。」
ハ 「いや、そんなこと…」

言い切れない自分が情けない。


いや、それはステキなコトなんだ、と思い込もう。


ま、何を言うてもわからん人はおるしね。
それが、たまたま目の前におるだけだ。

ココで変に意地を張っても、雰囲気が悪くなるだけか…。
もう風邪でしんどいし、カンベンしてやる。(遠吠え)

そんなオトナの対応が出来るようになっただけ、オレも成長したのさ。
そういうことにしといてやる!(意味不明)

しんどいから、もう寝る。

で、このままぶっ倒れて…

「都会の悲劇!32歳会社員、孤独な死!」

なんて見出しが大阪スポーツに載るのを思い浮かべる。

…それはイヤだな。
もちろん、そんな見出しを見るのは自分なんで、死ぬとも思ってないけど。

そりゃそうだ。
あのオバハンをギャフンと言わすまで死なんし、ヤメるもんか!


待てよ。
移住という手があるな。

いえいえ。


退かぬ!媚びぬ!省みぬっ!

聖帝ならぬ、ハヤトッ帝。
逆らうものには降伏すら許しませんよ!


その前に。




風邪薬がないから、バファリンでドーピングしておこう。

Danger City

赤い水玉伝説も、一通り説明してきました…。


そして。

四国88クイーンに新入団選手が。
なんと、元Vリーガー。

その名は西村光代。

モデル系です。
タイの大会でフォトジェニックな賞を受賞したこともあります。(曖昧な記憶)

Vリーグでもレギュラークラスだったので…
そりゃ実業団クラスでは敵ナシでしょう。


しかも、現役ではトップクラスの美しさ。(引退してたらしいが…)


菅山かおる(JT)を別格とすれば、佐田樹理(日立佐和)と双璧か?
まあ、あくまで個人的な見解ですが。

とにかく。
これで楽しみが増えました。

すでに四国88クイーンのファンクラブには申し込んだので…

後は色々と…ね。


アナブキンな人、頼みましたよ!


さて。

昨夜から、F4という台湾の人気者の番組が始まりました。
まあ、すでにKBS京都では「流星花園(花より男子)」をやってますけど。

確か、水曜日にやってるハズ。
じゃあ、今日じゃないか。

番組欄を調べると…もう終わってました。

現在は「山田太郎ものがたり」の模様。(これにもF4が出てる)
しかし、こんなローカル局が、なぜ台湾ドラマばかりを?

これまた調べてみると、あとは韓流ばかりでした。

韓流ですか…


もう結構イムニダ。


で、このKBS京都。
水曜夜の11時からが「どうでしょうリターンズ」なんです。

なんか受け付けない人も多いですけど…


かなり面白いと思うのですが、どうでしょう?(ジャブ気味)


で。

F4ですが、アジアでは大人気。(実感したことはない)
日本でも、ネクスト・ビッグ・シングとして期待されてます。(未確認)

ただ、ちょっと…


なんか微妙なのが混じってるような気がするんですが。


ま、それも人それぞれですね。
それで、この番組はというと…

レポーターが、もっと微妙。
台湾にはもっとカワイイ子がおるハズやのに。(思い込み)


ま、番組自体が微妙でしたからね。


うん、それがすべてだ。
最後まで観たけどね。

あ、演出なのかガチなのかはナゾですが…

男前メンバーの部屋にはノリック(GPレーサー)のポスターが張ってました。
ノリックのレプリカも持ってたし。

悪いヤツでは、なさそうです。(何基準だ?)


おかげで、また妖精と戦うことになりましたわ。


絶対に来週は観ません。
なんせ、始まるのがAM2時過ぎからですからね。


そして。

水曜日は「相棒」の日。
今日は先週からの続きですので、見逃せません。

まずはファッション・チェック。
ああ、やっぱりMA?1だね。

AVIREXか…
オ・カ?ニョ氏(仮名)が言うように、うまげなけど多少高価ですな。

もちろん、1回だけパチに行かなければ問題ないですが。
でも、それはわかってても出来ないんでね。


アルファのシルバーにします。(半額ぐらい)

でも、バイクにはチョット寒いかもね。


で。

地味に気になる朝ドラ「風のハルカ」。
主役のハルカを演じる村川絵梨ちゃん。

毎日観てたら、なんか可愛く見えてきます。
そこで、軽く調べたら「ロード88」の主役の子。

ああ、観たかったんだよ、この映画。
DVDは春ぐらいに発売されたから…

そろそろ中国でDVDが出てるのではないか?
これは、またエージェントに頼まなければならないな。


まだ観てないDVDが山ほどあるんですけどね。


話を戻して。

その「風のハルカ」ですが。
設定では、阪神タイガースに大豊や新庄がいる時代。

そういう微妙な時代考証がステキ。
MEGUMIの関西弁はアヤシイけど。

結局、何気に毎日楽しみなんですが、あの朝ドラの時間帯って…

まず普通の人は観る事が出来ないと思いませんか?
朝8時15分開始って、まず仕事に出掛けてるでしょ?

オレみたいに、チャリで5分の距離に住んでいるなら可能ですが。
普通に見終わってからの出勤で大丈夫ですからね。

だから…



こんなドキドキなマンションでも引っ越す気がないのです。

Jacob's Ladder

仕事で海外。

それこそエリート・ビヂネスマン。
オレですか?

もちろん、当てはまっておるぞ。
形式的には、ですが。

トロちゃん(仮名)にも「スゴイですよ?」とか言われてますけど…

例えばオーストラリア。

釣りしてカジノ行って、チョロっとペンを走らせただけ。
ノー・ギャランティーですし。

じゃあ、中国は?

ソリティアやって、マインスイーパーやってただけ。
あ、コッチはギャラが発生したな。

形式的にはお仕事ですが、精神的には…


単なる慰安旅行ですな。


さて。

ついにランスと赤い水玉のラバーブレスをゲット。
ランス基金に募金ということですな。

あとはピンクのが欲しい。
まったく街中では見かけないですけどね。

どうやら、カナダにもないようなので…

残るはメキシコしかないな。
ヨロシク。(すごくなげやり)

とりあえず、ランスを装着。
そして、赤い水玉を装着。

そのまま仕事へ。

取引先でめぐめぐ(仮名)が気付きました。

め 「あ。赤い水玉のカワイイですねぇ。」
ハ 「そう?これはね…」

赤い水玉伝説を語る。(ほぼシャカリキ!より)

め 「…なるほど。かかってこい、というワケですね。」

そこへ情報屋Mさん(仮名)が現れる。

M 「お、どしたん?それ?」
ハ 「あ、これはですね…」

再び赤い水玉伝説を語る。(永田さんチックに)

するとエライさんである支店長も現れた。

支 「ん?なに、それ?」
ハ 「…ああ、これは…」

三度赤い水玉伝説を…


すごく面倒な一日。


押さえとけよ、赤い水玉伝説ぐらい。


話は変わって。

オ・カ?ニョ氏(仮名)がマイホーム購入とのこと。
いよいよマイ・ホーマーになるわけですな。

オレなんか、住んでもないのに、ローンだけ払わないかん恐れがあるのにな。
それなら、いっそサヨナラ・ホーマー…なんつって。(ケヴィン風)

うまくない上に、広がりそうにもないね。

しかし、マイホーム購入なんてスゴイじゃないか。
北斗のBB13500連か、吉宗2700カキーンですか…

(頭の中で計算)

…正直、軽くめまいがしそうです。

それにしても…
わかりにくい単位での計算。

興味のある方は…

1BB≒2・8漱石
1カキーン≒1諭吉4漱石

で、計算してみよう。


軽くめまいするから。


ま、ノー・フューチャーなオレ。
マイ・ホームは夢のまた夢です。

それでも。
ああ、ここに家が欲しい…という場所があります。

それは…

福岡県の志摩町。
玄界灘に囲まれたステキ・スポットです。

今日は所長は外回り。
事務のお姐さんは事務に夢中だ。(仕事をしてるともいう)

まあ、少しぐらいなら…

ガマンしきれず、仕事中に志摩町のHPを閲覧。
潤んだ瞳で見つめること数十秒。

ステキ…。

わずらわしい都会を離れて、釣りして暮らす毎日。
アウトドア型ヒッキーのオレにはピッタリ。

特産品の市場もイッパイあるしね。
基本的に野菜は必要ないですが。

しばし妄想。


そこへ事務のお姐さんが一言。

事 「あ、ハヤトッティ。その赤い水玉の何?」




そして、また赤い水玉伝説を語るオレでしたわよ。

君とピアノと

例の騒動から3日。

何も変化はありません。
でも、こんな場合、大家は何も言わなくてよいのだろうか?

「ご迷惑おかけしました」ぐらい、あってもよいのでは?
黄金色のモナカを持って来いとは言いませんが…


どうも納得しかねます。


誰やって、そんなマンションに住みたくないやん。
まあ、大家としては、そんな評判がイヤンでしょうけどね。

まったく。

サエバリョウ並みにトラブルを引き起こすのはカンベンしてください、オレ。


そして。

雨の御堂筋。
本日は、阪神のパレードを観戦というか確認。

すぐさま本屋へ。
雨に濡れるのはイヤン。

来日するモトリーの情報を得ようと、音楽雑誌を。
そして、癒しのためにサマンサ三吉の「万枚くん」の新刊を購入。

音楽雑誌で、高校のクラスメートであるトシ・ヒケタ発見。
なんか、スティーブン・セガールのインタビューしてた。

スゴイな。

タジリ氏なんかもそうですが…
それでも知り合った時から、ソコソコ有名でしたからね。

でも。
SWAN氏やトシ・ヒケタ氏は高校時代のクラスメート。

そんなクラスメートを雑誌やテレビで見るのは…

なんか微妙な感覚。
でも、まあ…


そういう感覚もキライじゃないぜ!みたいな。(なんだ、そりゃ)


そして。

サマンサ先生いわく。

家族を養うということは負け戦とわかってても戦うサムライ。
戦う敵は…嫁。

ちがう女と結婚すれば、うまくいくと思うなー
女はみんなこんなもんやー

だ、そうです。

ああ。
あの男にも聞かせたい。


ヤッカイなことに複数いますけどね、そんな男。


もちろん。

男は浮気する、と決め付けてる女性もいますからねぇ。
その部分では、確かに完全否定は難しいのですが…


そんな人もおる、ぐらいの広い心を持ちたいですね。(キリがないか)


さて。

いつもヒマな休日を過ごしていると思われがち。
まあ、概ね正しいんですけどね。

別に、ネタにはしてますけど…


真剣に淋しくなんてないのよ。


今日は久しぶりに家族と電話で話して、義弟とも話しました。
で、ちょっと気になるコトを言われたんですよ。

「遊びまわってて、うらやましいけど…ヒトリで淋しくないですか?」

って、いきなり淋しいオトナ扱いです。
チョットいかがなものかと、お義兄さん少々ご立腹Death!

直接、本人に言うのはトゲがあるので言いませんよ。
言いませんけど…

オレから言わせりゃ、ヤツの方が淋しい人生だ。(少々、暴言)

確かに、ヤツは。
ちゃんと家族を養って、余分に養育費まで払ってます。

だから、そりゃ生活に余裕はないでしょう。
思うように遊べないのも仕方ない。

余裕あったら、余計に腹立つやろうし。

でも、義弟は立派?
立派じゃないでしょ。

そんなの、自己責任やし当たり前。
大変やなぁ、とは思いますけどね。(同情はする)

それに。

なんでイイ歳というだけで、結婚せにゃならんの?
確かに、世の中の少子化に関係してるかもしれませんが。

だけど、それは余分に給料から差し引かれてるじゃないか!(切実)
責任は果たしているハズだ。

ハッキリ言って。


結婚したけりゃ、とっくにしてますよ。


また。
フラフラしてると、色んな人に言われますが…

チョット待て。

ボーナスが展示会の残りのビール6本だったり…
これから人を減らします、とか言われたり…
給料がいつまで待っても払われなかったり…

そんな会社で…


アナタは、いつまでも働けるんやな?と逆に問いたい。


あと、オレは自ら作る料理同様…
不器用な生き方しか出来ません。(カッコイイ言い方)

ひとつにクレイジー・ラヴなら、それだけです。
視野狭い?

そこまで何かに夢中になってから言うてくれ!
夢中になってたら、そんなこと言えるハズないんやから。

アレもコレもしたいよ?欲しいよ?なんて…

そんなのオトナが言うことじゃないぜ!
子供が駄々をこねてるだけだぜ!

なんて、思ってます。

自分が最優先にしたいこと…
それが、今は釣りだったり、パチだったりするだけで。(かなり前からか)

ちなみに、今日もサイフがヘ?ンになるまで、ぶっこんできましたよ。
でも、嫁がいたら、そこまでブッこみません。

というか、ぶっこめないでしょう。
なぜなら…

結婚してたら、嫁の生活にも責任があるからね。


だから、無責任な生き方をしてるのか?となりますが…
今のオレ、誰にも責任なんて、ないじゃな?い。(挑発するように)

オレの言ってるコト。
ハッキリ言って…


そんなに間違ってないと思ってます。(正しいとも言いませんが)


でも、まったく同調されないんですよ。
それに、同情もしてくれない。(そう言われるのは仕方ないらしい)

今は遊びにクレイジー・ラヴ。
じゃあ、他は二の次なのは仕方ないじゃん。

そこまで、器用に生きれないんだ。
そんなに軽々しく、なんでもやれないんだよ!

しかし。

いつも「あわよくば」とか言うてるやん。


そ、それは…




この場合「それはそれ、これはこれ」ではダメですか?

ナンダカンダ

恋愛偏差値・54。

恋愛称号は、なんと「達人」です。
恋愛マスター・ハヤトッティ。

某おそうじ会社で「お掃除マスター4級」の称号を持つオレ。
さらに、新たな称号が加わったワケです。

コール・ミー!
マエストロ・デ・アモール!!

まあ…

オレの部屋を見れば「お掃除マスター」の称号は…
火を見るよりも明らかに看板倒れ。

32歳・独身・お一人様な生活を見れば「恋愛マスター」の称号も…


…明日、晴れるといいなぁ。


そんなわけで。


行ってきました。
日本初のプロ・バスケットボール「BJリーグ」の開幕戦。

大阪エヴェッサVS大分ヒートデビルズ!

会場は、なみはやドーム。
信じる信じないは自由だが、オレも戦ったことのある場所。

バイクで行こうと思ったのだが、駐輪場があるかどうか怪しい。
JR東西線→地下鉄・長堀鶴見緑地線で終点・門真南へ。

なみはやドームへは、駅を出るとスグ。
駅前には普通にバイク置き場がありました。

誘ってくれたのは、ひうまん(仮名)の講師・コロス氏。
入場券は2階席ながら、ひうまん(仮名)パワーで1階席へ。

ゲストはランディー・バースにタカシ・フジイ。
楽しいトークはナシ。

次回はマシュー南を希望。
ちなみに明日は、和泉修。(深読み禁止)

実は。
大阪エヴェッサは、ひうまん(仮名)のチーム。

関係者パワー、あざーす。

さらに。
あ、興味のない人にはどうでもいい話ですが。

エヴェッサのスポンサーにアビリット。
言わずと知れたパチスロメーカー。

鬼浜か。
ぶっこんでいくんでヨロシク。


だいぶ、ぶっこんでるんでタニマチ気分も味わえたよ。

まったく、どうでもいい話で。


試合は大分ヒート・デビルズが勝利。
大阪エヴェッサは、自慢のフロントラインが不発。

これからの課題ですな。

しかし、意外に面白かった。
ファールが多いのが気になったけど、なんせバスケの試合を観た事ないんでね。

あんなもんなんかな?


そして。

来シーズンからは、香川からもアナブキンズ(仮名)がBJリーグに参戦予定。
現在、チーム名を募集しております。(11月30日まで)

よし。
正式に応募しようじゃないか。

条件は…高松を付けること。
高松ホニャララとかホニャララ高松になればええわけや。

まずは、高松エレキテル。
平賀源内でどうだ。

そして、高松ガイキングス。
香川のバレーボールと野球、そしてロボットアニメにインスパイヤ。

でも、こんなのは誰でも思い付くよな…
何か他にないだろうか?


カマタマ?レとブッカケタ?レ以外でなぁ。

ひやひや?
ひやあつ?

うどんから、離れなダメやな。

とにかく。
なんとか名付け親になって、なんか貰いたい。(不純)

商品はなんだろう?

最優秀賞は…アメリカへのバスケ観戦ツアーだ。
ペアやから、使い道ないなぁ。

優秀賞は…初年度の年間観戦フリーパス(ホームのみ)
大阪在住やし、意味ないなぁ。


一気にどうでもよくなる。


とりあえず。

ひうまん(仮名)に入社するドイツあき(仮名)に偉くなってもらって…


ダンス・チーム「bt(ビーティー)」との合コンを斡旋してもらいますか。

もちろん。




同じことは、香川でも…ね。アナブキンな人達、頼みましたよ!

Look Out Any Window

今日は金曜日。

まあ、何をするという予定もないが、やっぱりワクワク。
光の速さで事務所を出る。

部屋まで戻ると、救急車らしきクルマが止まっている。
だれかケガでもしたのだろうか?

何か違和感。

あ、コレだ。
なんで、この辺だけ水浸しなん?

火事?
でも、そのわりには人が少ない。

まさか飛び降り?
いや、それなら経験があるが、もっと大惨事だ。

しかし、警官がフラフラといるな。
で、警官がウロウロしているのは…ウチのマンションやん!

ムリヤリなバイクの止め方をしてるので、ちょっと気まずい。
それでも、悪いことをしているワケではないので突っ切る。

アッサリと突破。

なんだ、こりゃ。
まあ、この辺は安全やけど、ガラは良くないしね。

でも、ヤクザのシマ争いとかではなさそうだ。
問題ない。

コインランドリーに洗濯物をブチ込みに行く。
いつものクリーニング屋でも変化は感じられない。

気にしすぎだ。
疲れてるなぁ、ハヤトッティ。

一旦、帰ってくると…

おい。
なんだ、その銀色の重そうな袋は。

警官が4人がかりで運び出している。


妄想停止。


これは現実だ。
とりあえず、こんな場合は…

犬田動(仮名)に報告するのが、メキシコ時代からの慣わし。


また、イヤがるやろうなぁ。


首吊りだそうです。
まいっちんぐ。


さて。

と、いつものように、気分が切り替わるもんでもない。
あまりにも生々しい。

かといって、逃げ出すことも出来ない。
もちろん、川を泳いで亡命する気もない。


大川を泳いで亡命したところで、大阪市やし。


しかし、あの北朝鮮から帰ってきた人。
誰が見ても…

いや、まあいいや。
ただ。


ここ数日で、一番キツイのはあの人だな。


そして。

明日もスープカレーにチャレンジ。
今度は、あまりルーを入れないことにする。

とりあえず。


あの巨大な鶏肉の塊を解凍することから始めます。


で、一日冷蔵庫に入れていたのですが…いまだにカチンコチン。

コノヤロー!
表に出やがれっ!

流しに放置プレイ。

これで、さすがに明日の朝には解凍出来てるでしょう。
なんとか500グラムは消費したいところです。

とりあえず、今日の夕メシは何にするかね?


カレーでええか。

ジャージにサンダルで駆け出すハヤトッティ。
ポークカレー、3倍辛で。


しかし。

今日のはヘビーやったなぁ。
そりゃ、オレよりは悩んでたんかもしれんけど…

部屋ではカンベンしてほしい。


いや、路上でもやめてほしいけど。


それでも。
この街では、いつもの光景なのかもしれない。

これが、ありふれた日常。
そして、変わることのない街。

だが。

オレには、この街が合っている。


なんてハードボイルドにキメるには…

スタイル(ジャージ)もスピリッツ(毒電波を感じる)もオカシイけど。


でも、そうなるでしょ?
こんな状況じゃ、ヘンになっちゃうでしょ!


そりゃ、まあ…




いつもと変わらぬように、カレー食ってるけどさぁ。

SUAVEMENTE

相棒の亀山刑事着用のフライトジャケット。

まあ、何パターンかあるのですが、基本はアヴィレックス製。
あれは…MA?1だろうか?

まったく同じモノというのも芸がない。

それに紳士で売り出し中のオレ様だ。
ここはやはり、エリ付のCWUを希望したい。

目指すは、心斎橋のガクト屋。(仮名というか適当)
店員のおねーさんが、みんな軍服。

そのスジの人ならドキドキであろう。(未確認)

チャリを御堂筋沿いに止め、商店街へ。
程なく到着。

店内を物色する。
お目当てのCWUは…ドコ?

一番、奥にあった。
が、欲しかったシルバーがない。

愛用のスカジャンはシルバー×ベージュのミスティコ・カラー。
いや、マネしたのはミスティコの方ですけどね。(もちろん未確認)

仕方ない。(あくまでシルバー希望)
試着して、サイズを確認。


通販で買うことにする。(やはり出不精)


チャリのトコまで戻ると雨。

ちっ。
オレがアクチブに動けば、いつも雨だ。

部屋に戻る。

天神橋に戻ると、雨が止む。
まあ、こんなもんだ。

パチ屋へ。

ここで「噂には聞くけど、実際はなぁ…」な出来事に遭遇したのだ。


新台の巨人の星3は満席。
マンクラも空きがない。

仕方ない。
他に、何か打てる理由のある台はないだろうか?

そう思いながら、一応店内をパトロール。

天井に近い台、チャンス・ゾーンの台…
そうあるわけないのだが。

そうだ。
ハイビスカスはどうだろう?

ハイビスカスの天井は1500ゲーム。

普段、メインにしている機種ではないが、そのぐらいの知識はある。
問題は前日のゲーム数が、宵越しで持ち越されるかどうか。

そのハイビスカスが朝一から900ゲーム近く回されている。
前日の履歴を見ると、最後はバケ。

じゃあ、100回ぐらいか。
宵越しで持ち越されたとしても、たいした回数ではない。

天井まで600回。
まあ、そこまで行っても2諭吉ってトコ。

他に目ぼしい台もないし、コイツで勝負だ。
天井まで行かないかもしれないしね。

ところが思いのほか回らない。
たしか小役に設定格差があったような気がする。

低設定か。
天井まで回して、連チャンを取ったら逃げよう。

1500間近でチェリー連発。
天井まで到達したか?

ところが。

あろうことか、天井スルー!

ちょっと待って。
もしかして、朝一からはノーカウント?

オ・カ?ニョ(仮名)にメール。
さすがに、速やかに台のデータが送られてくる。

しかし、リセットされるだけで、朝一のみ青天井なんてことは書いてない。
ということは…アレか?

ストックを飛ばしやがったんだ。

え?
じゃあ、1500までで1回もボーナスを引いてないってコト?

よくわからん。
よくわからん場合は打ってはダメだ。

だが、もう遅い。
ここまで打ったからには、当たるまでツッパしかない。

1600ほどで、轟音と共にハイビスカス点灯。
胸をなでおろす。

本来のハイビスカスなら、ここから1桁連チャンに突入する。
だが、ストックを飛ばしているなら、連チャンは期待出来ない。

案の定、スルー。
ヤケになりながら、全部打ち込もうとすると…

奇跡の引き戻し。
そろそろストックも貯まっているだろう。

ここから大連チャンを期待。


5発で終了。(B3回、R2回)


1000枚強で逃げる。(5漱石負け)

帰ればいいのに、おにゃんこ(パチ)を打つ。
負債を増やしただけだった。

その後も、フラフラし続けて…3諭吉殉職。


もう、しばらく打たない。(ヤメるとは言わない)


雨も上がったし、バイクにでも乗るか。

何を買うつもりでもないのだが、吹田の業務用スーパーへ。
ブラジル産鶏モモ肉は…680円か。(2キロ)

以前は598円だったんやけどね。
まあ、物価を考えると、頑張ってる方だな。

モモ肉(2キロ)
ミンチ(1キロ)
ベーコン(500グラム)
ポテトサラダ(1キロ)
ごぼうサラダ(1キロ)
アボガド(3コ)
レモン(2コ)
タマネギ(1ネット)

と、購入。

レジへ。
会計は…2000円。


ここだけインフレなのか?(意味不明)
いかにパチンコが無駄なコトかと思わされますね。(第三者の視点)

ムリヤリ背負って、家路に着く。
安いのはいいのだが…重いぞ、コノヤロー!

部屋に戻って、冷静に考える。

この小さな冷蔵庫。
冷凍庫は、さらに小さいよな…。

冷凍鶏肉…


どう考えても、物理的に冷凍庫に入りません。
冷蔵庫の方でさえ、かなり怪しい。

まるっきり、ノープランでした。

やむをえまい。
なにか料理を作ろう。

って、まだカチンコチンやのに!

ふう。
どうする?

とりあえず。
解凍して解体して冷凍庫に入るだけ入れよう。

あとは…




まあ、カレーでも食べてから考えるか。(今日もカレー・フェア)

丸いお尻が許せない

赤い水玉。

そう。
言わずと知れたマイヨ・グランペール。

ついに売っているのを発見しました。
しかも、ナイキから。

探せばあるもんだね。


もちろん、恐れ多くて着れませんが。


そこで。

赤い水玉のラバーブレスを買おうと思っています。
上り(坂)でオレとヤル勇気のあるヤツはかかってきなっ!


と、さりげなくアピールしてみます。


地元・香川町も、地味に坂の町。
瀬戸見坂でも桜坂でも、どんとこーい!


マツノイ坂でも可。


さて。

ラバーブレスと言えばランス。
黄色いラバーブレスが街に溢れております。(未確認)

まあ、寄付というよりは精神的なモノですからね。
文句を言うつもりではないですが。

ホワイトバンドの詐欺疑惑?がありましたよね?
だから、しばらくは傍観してました。

ランスのラバーブレスも、割と普通に売ってます。
でも、1ドルのモノに500円は払えんでしょ?

基金のためのモノに、利益を乗せて売ろうとする心意気がね…
かなり、まいっちんぐ。


まあ、オシャレ・グッズやし仕方ないか。


それでも、140円で売ってる店がありました。(赤い水玉は300円)
カナダのアジ子さん(仮名)にも頼んでましたが、これで一安心。

送料が、値段以上にかかりますが購入します。
ま、大阪市内やし、まだマシであろう。


それもなんだかなぁ、ですけどね。(出不精)


なんか「ちょい不良オヤジ」が流行とのこと。
まあ、今テレビで観ただけですが。

なんだよ。

そんなの「噂のダーティー・サーティー」でいいじゃないか。
40代になったら、ダーティー・フォーティーで。

そもそも。
ルパンもビバップもエヴァも、登場人物の平均年齢は高い。(アニメが基準?)

公安9課だって怪しい。(クロです)


昔から、我々は激シブのオヤジにシビレさせられてきたわけだ。


オレも「もう若者の遊びはチョットね(サラリ)」が似合うお年頃。
若い娘にも、そろそろシブさをわかってもらわねばいけない。

そんなことを思いながら、シブさを意識しつつナオキと待ち合わせ。
ドトールでタバコを吹かしながらブラック・コーヒー。

おおっ!
ボクチン、激シブじゃないの?

このシブさ溢れるエリート・ビヂネスマンの姿を見て…


まさか、カバンの中にギャルゲーが入っているとは思うまい。


ナオキにギャルゲーを返却。(PS2版はまだ借りておく)

ナ 「なんだ、もういいのか?」
ハ 「ああ。秋の夜長はフライでも巻きながら過ごすさ。」
ナ 「はぁ?なんか怪しげな宗教にでも影響されたのか?」
ハ 「…なあ、ナオキ。オレたちも、もう33だ。オトナにならなきゃな。」

PS2版は借りたままですが。

その後、ナオキのオゴリでメシを食いに行く。
せっかくなので、近所に住むカオリン(仮名)も呼ぶことにする。

待ち合わせ場所でチーマー風に腰を下ろす。
これこそが「ちょい不良オヤジ」なのか?

すると、二人してイカした娘を目で追う瞬間があった。

ナ 「…柔らかそうな胸だな。(ニヤリ)」
ハ 「…丸いお尻は許せないな。(ポツリ)」
ナ 「どこ見てんだよ!」
ハ 「そっちこそだ!」
ナ 「あの胸を見て何も思わないのは偽善者だ、コノヤロー!」
ハ 「何が『柔らかそう』だ!中学生か、キサマ!」
ナ 「それは、すべての世代のロマンだからだ!」
ハ 「エゴだよ、それは!」

ああ、イヤな口論。
なんで、あいつはつまらんことにガンコなんやろ?

ナ 「しかし、グレープフルーツだな、まるで。」
ハ 「ダイビング・ピーチ・ボンバー希望、激しく希望。」
ナ 「例えるなら…ゲルググか?」
ハ 「キュベレイでもええかもしれんな。」
ナ 「グレープフルーツのファンネルか…」
ハ 「…もはや違うロボットやな。」

ナオキ33歳…彼には二人の子供がいる。
ハヤトッティ32歳…私はそろそろ老後のことを考える時がある。

そろそろ、オトナになろうじゃないか。
人の流れの中に、カオリン(仮名)を確認。

ハ 「あ、ザクが来たぞ。」
ナ 「ああ。でも、旧ザクかもな。」
ハ 「時代的にはな。まあ、ヤツなら重力に引かれることもあるまい。」
ナ 「あのシルエットなら空気抵抗も少なそうだ。」

失礼な話だ。
しかし、スゴイ盛り上がりであった。

カ 「お待たせ?。なに盛り上がってんのよ?」
ナ 「いや、キュベレイと旧ザクについてな。」
ハ 「そう。重力と空気抵抗とかな。」
カ 「絶対、ウソや。(断定)」

とりあえず食事。
いや、とりあえず生ビール。

店員がビールを運んでくる。
これまた、ダイナマイトだ。

ナ 「…」
ハ 「…」

その後、二人同時にカオリン(仮名)に視線を移す。

カ 「…何、見てんのよ?」
ナ 「…いや、別に。」
ハ 「…今日のオススメ、なんかなぁって。」

確かに失礼。
まあ、明日は休日やし、飲もうじゃないか。

しばらくは、順調に時が流れた。
だが、ある言葉が平穏にピリオドを打つ。

カ 「ほんま、バツイチとロリコンは困るなぁ。」

話の流れは忘れてしまったが、ヤツは確かにそう言った。

ナ 「誰がバツイチだ!悔しかったら、戸籍を汚してみろ!」
ハ 「まったくだ!オレの守備範囲は伊達じゃない!」
カ 「なんの自慢になんねん、それが!」

タッグ結成。
オレ達を止めたいなら、マッスル・ブラザーズかマシンガンズを連れてきな!

ハ 「ま、ナオキはな。」
ナ 「う、裏切るのか!」
ハ 「裏切る?笑止!そもそもキサマとは思想が違う!」
ナ 「キ、キサマほどの男が、なんて器量の小さい!」

仲間割れ。
再び、険悪です。

カ 「思想って何よ?」
ナ 「胸派と尻派だ!」
カ 「は?私、自信があるんは尻かなぁ。チャリ通勤やし。」
ハ 「…」
ナ 「…」
カ 「胸も形はええんやけどね。」

カ 「甘くとろけて食べ頃よん♪みたいな…」
ハ 「明日、晴れるかなぁ。」
ナ 「そうだね。晴れるといいね。」

再び、仲直りしました。

ナ 「よし。帰るぞ!」
ハ 「了解。帰るぞ!天然!」
カ 「誰が天然やねん!」

ナオキを駅まで見送り、二人で商店街を戻る。
クツヒモが解けていたので、締めようとすると…

カ 「何、私の背後に回ろうとしてんねん?」
ハ 「はい?」
カ 「後ろから、私の尻を確認しようとしたんやろ!」

ああ、わかった。

コイツ、天然じゃなくて…


ただの自意識過剰だ。




そんなもん、とっくに確認済みだというのにな。

路地裏の宇宙少年

PS2版にしました。

ナカナカ険しいなぁ、オトナの階段。
スキップしたまま、とりあえずヒトリはクリアしようと思います。

あ、ゲームのジャンルは…


エロゲーではなく、ギャルゲーだそうです。

どこで区別するのかは不明。


さて。

コタツのセットアップは完了したのだが、電源コードが見当たらない。
暖かくならないコタツは、どう考えてもイマイチ。

なんとかしなければ。

そこで、定時ダッシュをキメて、ホームセンターへと走る。
大川(詳しくは不明)のライトアップを尻目に大川を横断。

地味なライトアップ。
まあ、節税のつもりなんだろう、と考えることにする。

大赤字の大阪市。
市長が変わったぐらいでは、どうにもなるまい。

こんな街に住民票を預けることなど出来んな。
預けてないから、基本的には無関心だが。

で、コーナンへ。

ついでやし、毛布と座椅子を買って帰ろう。
コタツで眠るのは気持ちいいけどデインジャラス。

両手に座椅子と毛布を抱えてチャリへ。
ムリヤリ、前カゴに載せて帰宅。

橋の上でコタツ・コードを買ってないことに気付く。
気付いたけど…今更、戻れまい。


おとなしく帰宅。


着替えてから、カレー屋へ。

本日はカレーフェア。
見逃すワケにはいくまい。

ポーク・カレー3倍辛にチーズ。
しめて400円。

こんな食生活で、なぜ金が残らないのだろう?


いや、思い当たるフシはあるんですけど。


だが、今月からのオレは違う。

2月の北海道ツアーに向けて、貯金開始。(決定)
旭川ラーメンとホッケを食した後はススキノです。(予定)

ゲーム三昧で、パチによる出費を抑えます。


ところが。

早速、ゲームを投げ出す。
バイクに飛び乗り、ユニクロで1諭吉ほど遣いましたがな。

ユニクロも油断すると、結構な額になりますね。

タチコマのフィギュアも予約しちゃいました。
笑い男グッズも頼みそうな勢いです。

名作「ハート・ブルー」のDVDも買いました。
キアヌ・リーヴスとパトリック・スウェイジです。

さらに、楽譜やらギターの弦やら、細かいものをまとめ買い。


帰りには、アイスを買うためにコンビニでお金を下ろしてました。


しかし、何が必要か?と聞かれたら…

そりゃ、間違いなく全部必要ですからね。

まあ、買い物も癒し。
ストレス解消ですよ。

オレは、ストレスに縁がなさそうですが…


本当のストレスとは、自分では気付かないものだと思われます。


オレにはストレスの自覚症状がないのです。
だから、それがマズイのではないかと。

かなりギリギリまで落ち込んでるんじゃないかと思うわけですよ。


いや、まあ…




オレぐらいは、オレに優しくしてやりたいじゃないか。(意味不明)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。