FC2ブログ

Oficina del delusion 4:40

北京とかでメキシコとかを想うわけです。妄想するわけです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The rhythm ranch

期日前投票へ参戦。

投票する時になって、ふと考えた。
党名でも個人名でもイイのか…。

コレ、仮に…


「さくらパパ」とか書いたら、どうなるんやろ?


明らかに、あのオッサンやけども。

ちょっと訊いてみるか?
いや…


どうも、そんな雰囲気じゃなさそうだ。


部屋に戻る。

今日も焼きチキンをキメる。
同時に、録画しておいた昨夜のパチンコ番組とタモリ倶楽部を観る。

そして、阪神戦。

今日も勝てば、ドラゴンズを3タテだが…


今日の川上憲伸は打てんだろ…。


キレキレ。

今日の川上はオレ様でも打てない。
となると、阪神打線が打てなくても仕方ない。

そんな落合みたいなことを考えていると…

金本が逆転の2ラン!
林も矢野もイイ当たりだった。

なるほど…。


やはり、プロは違うな。


そして、いつものように。

久保田がヒヤヒヤさせる。
8回途中から、球児登場。

ウッズにはストレート中心だったが、変化球も織り交ぜて…

キッチリとセーブ。
ヒヤヒヤさせて、ズバンと決める…


なんか、昭和のプロレスみたいな試合だった。


その後、知り合いのブログを観ると…

友人・田中ナニガシのコトが書いてあった。
そうなんよなぁ…あの人、怪しい人なんやけど…


間違いなくスゴイ人なんよなぁ。(世界レベルですよ!)





間違いなく怪しいんやけどねぇ。(身内レベルですが…)
スポンサーサイト

Badlands

その昔。

天神祭の時は、我が社の周りの会社は休みになったそうな。
お祭り好きの、大阪人らしくて微笑ましい。

時は流れ。

今日も、我が社は平常営業。
もちろん、我が社だけじゃなく周りの会社もだが…

こんなことでいいのか?

天神祭やでっ!
日本三大祭の一つやでぇっ!

この時期、この界隈の会社は休みにするべきであろう。


そうなると、オレ様は…






その休みを利用して北海道に遊びに行くから。(祭りキライ)

Cinco Dias

いつものように。

ムリヤリな理由を付ける必要もなく。
朝のデイリースポーツ競輪欄で、ごく自然に目に入った…


児玉広志のレース。


5番・児玉からサラサラと。

1番・7番・8番へ流そう。
普通に仕事場のパソコンでネット投票。


…ガッカリ、50枚しか買えない。(5英世)


どうする?

決まってる。
オッズが高い方に、デカく張るのだ。

5?1・10枚…
5?7・20枚…
5?8・20枚…

で、ドーンッ!

児玉から7か8なら、もう1台はチャリが買えるぜ。
そんな皮算用をしていた、午前中。


やっぱりか…の、5?1。(約30倍)


勝ってるのに、スッキリしないので…




定時ダッシュで帰りました。

Amar es

痛み止めをヤメてみた。

普段の生活にも、支障が出るほど痛みます。(肩)
でも、クスリに頼るのはヤバイしガマンしようぜ。(誰に言い聞かせている?)

そして。


まだ筋肉が足りないのだなぁ…と、ムリヤリ鍛える道を選んでやった。


ヒジや肩からパキパキと音が鳴る日々。

それでも、非常階段で懸垂。
タバコを吸うたびに、5回の懸垂をやるノルマ。

でも、毎日やってたら…


そりゃ、出来るようになるわな。


今日からは7回にアップ。

誰も見てはいない。(当然)
サボろうと思えば、いくらでもサボれる。

でも、やる。


こんなことだけは、ちゃんとやる。





ドイツさんとえみさんへの業務メールは、普通に喫茶店から送信しましたけどね。

Bicycle Race

自転車を買いに行く。

何を買うか、悩んでいたのだが…
ビアンキのフレッタに決定。(折り畳み)

まあ、ローンOKなら…フレッタのモノコックにするかな。(+5諭吉)


30過ぎの独身男としては、ちょっと情けないが。


諭吉をガッツリと握り締めて、自転車屋へ。

店内を見渡す。
あら、置いてないじゃないか。

店員に尋ねる。

店 「ああ、アレは売り切れました」
ハ 「え?」

しかも、2007タイプは生産終了。

ハ 「生産終了ですか?」
店 「ええ。どうしても、というならコチラをオススメしますが。」

それは、同じタイプのドイツ車。
というか、コチラがオリジナルなのだが。(BD?1ね)

ハ 「ワタクシ、シャカリキ直撃世代ゆえ…」
店 「となると、チェレステ(色)は譲れませんか?」
ハ 「坂でシフトアップしてやりますよ!」
店 「…わかりました。一応、メーカーに聞いてみましょう。」

やっぱり、思い立った時に行動しないとな。
しかし、生産終了っていうのもなぁ。


いっつも、作ってるもんやと思うやん。(自分勝手)


待つこと数分。

店 「やはり、モノコックの方はありませんね。」
ハ 「そ、そうですか…。」
店 「ただ…フレッタは、8月末に入荷するかもしれません。」
ハ 「なんですと?」
店 「絶対とは言えませんけど。」
ハ 「そうですか…じゃあ、ソレを予約よろしくメカドック。」

というわけで。

すぐに予約。
手付けとして、2諭吉置いてきました。

ホンマは、5諭吉にしたかった。
持ってたら、間違いなく遣うのだから。

で、やっぱり…





午後から、新エヴァで2諭吉殉職ということで。(バカ、振り返ってもバカ)

Two Steps Behind

仕事中に山野楽器へ。

弦とピックを物色。
弦はライトなのを選んで、ピックはヘヴィーなヤツを選ぶ。

まあ、気分の問題。

仕事を終えて、帰宅。
神宮寺の新作が届いていた。

はやる気持ちを押さえて、散歩と懸垂。

部屋に戻る。
さあ、ここまでガマンしたんだ…踊らせてくれ!

最初から…


でかいギアにチェーンをかけて、一気に終わらせるぞ。




…いきなり、ミニゲームでハマリ中ですけどね。

長崎みれん街

このまま…

このまま、長崎の人になってもイイかもしれない。
そんなことを、思い出した3日目。

だが、そうもいかないのだ。

オレ様がいなくても、長崎はどうにかなるが…


我が社は…オレ様がいないと、どうにもならないだろう?


さあ!

リフレッシュしたし、飛行機も飛んでるらしいし。
大阪へと帰ろうじゃないか!

タクで、諫早駅へと向かう。
P7150001.jpg
(有名なアレです)

諫早駅から、バスで空港へ。
P7150003.jpg
(素晴らしい天気&景色)

ココより先は、空港だ。
P7150005.jpg
(台風でも、ココまでは来れる模様)

空港へと向かう橋はイカス。
P7150007.jpg
(いつかチャリで駆け抜けたい…)

長崎空港着。

しばし、土産物を物色。
結局、土産代が一番高くつくのもご存知です。

そして…

まだ、食べていない長崎名物がある。
ソイツを食べないことには、この旅は終わらない。

P7150008.jpg


そう。


長崎名物・トルコライス。


中国のチャーハン(ピラフ)とイタリアのスパゲッティー。
そのアジアとヨーロッパを繋ぐのが、日本のトンカツという橋。

名前の由来は、そこから来ているらしい。(未確認)

味は…まあ、それぞれ単品でも旨いワケで。
それが、普通に3つあるということですから…


ま、普通に旨かったですな。


大阪空港へは、定時に到着。

HMSとは、ココで解散。
HMSはモノレール、ワタクシはバスで帰宅。

マルビル行きは、貸切状態。

マイケルな気分で、スタバへ。
だが、スタバは人が多かったので持ち帰り。

駅ビルのドリンクステーションで一服。

現在、御堂筋はタバコ禁止。
となると、この界隈も危険だ。

喫煙者は、今までよりも気を遣うべきであろう。

帰宅。
そして、洗濯。

ゴロゴロしながら、自分への土産である練り物を。

練り物が大好きだ。
ワタクシ、練り物トップ・チーム(略してNTT)の主宰を務めている。

ビール、安シャンペン、再びビール。
練り物もサイコーだ。

眠くなってきた。
まるで子供じゃないか。


「起きたら、また長崎だったらなぁ…」


そんな、子供のようなコトを考えつつ目を閉じる。

しばらくして起きると…





残念、やっぱり大阪だ。(当然)

長崎の夜はむらさき

ドイツあき(仮名)の店に来た。

すると、ちょうど店の外でドイツあき(仮名)のお父さんと会う。
くわえタバコで強面のステキなお父さんだ。

店内へ。

ああ、新築の匂ひ…。
木の匂いは、癒されるよなぁ。(実は大工の孫です)

では、イタダキましょう!

まずは、しゃぶしゃぶであろう。
ヘルシーとスタミナがあったので、両方とも注文。

あとは、メニューを見ながら適当に。
最初に運ばれてきたのは…スペアリブの煮込み。

200707141836000.jpg
(写真撮る前に食べましたが)

ハ 「では、いただきマンモス。」
ソ 「のりピーって…こ、この危険な柔らかさは、なんですか!」
ハ 「…それだけじゃない。柔らかいのに、肉はシッカリして云々」
ソ 「煮込み屋でも、ええですね。ゴハン、欲しくなりますわ。」

ドイツあき(仮名)が、やってきた。

ド 「スペアリブも黒豚なんです。」
ハ 「やるなぁ、ドイツぁん…あ、ビールおかわりで!」
ソ 「はやっ!」

その後、しゃぶしゃぶが運ばれてきた。

200707141848000.jpg
(六白のしゃぶしゃぶ)

ド 「六白という黒豚は、ただの黒豚じゃないんですよ。」

ドイツあき(仮名)が語り出した。

ド 「黒豚と黒毛の豚は違うわけです。」
ハ 「なんですと?」
ド 「頭と尾、それに足4本が白いので…」
ハ 「それで六白か!」
ド 「ザッツ・ライト。元々は、日本ハムのブランド銘ですよ。」
ハ 「ジュルリンジュルリン♪の日本ハムだな!」
ド 「…知りませんよ、そんなん。」

とにかく。

しゃぶしゃぶしてみようじゃないか。
ちなみに、写真の白いのがスタミナで赤いのがヘルシーだ。

ハ 「ちょっとピンクぐらいで、いただきマンボかな?」
ド 「…?」
ソ 「…また、のりピーですか?」
ハ 「いただきマンボでウッ♪やろ!」
ソ 「…このぐらいで、ええですか?」
ド 「あ、そんなもんで。」

軽く無視されつつ、パクリと。


めちゃ、旨い…。


味皇なら、エライことになるほどだ。

ソ 「ちょっと無口になるぐらい旨いですね…。」
ハ 「豚肉の持つパワーが違うな…パワーッ!」
ド 「…ナカザワきんにくんというわけで。ビール、持ってきましょうか?」
ハ 「…お願いします。」

しゃぶしゃぶも追加で。(ヘルシー)

次は、とんとろ。

200707141910000.jpg
(とんとろ焼き)

ハ 「コイツも激しくヤバクソン!」
ソ 「…もうムリ!すいません!ゴハン下さいっ!」
ハ 「…ビールおかわりで!」

ソーダイのヤロー、ゴハンを頼みやがった。
まあ、気持ちはわかるけどな。(HMSは、あまり飲まない)

ソ 「とんとろ&ゴハンで、昼間も大人気の店になりますよ!」
ハ 「まあ、ランチやってないらしいけど…ソレもアリやな。」

そうしていると、ドイツあき(仮名)がやってきた。

ド 「ハヤトテさん…ホルモンは大丈夫ですか?」
ハ 「大丈夫どころか大好物DEATH!」
ド 「メニューには載せてないんですけど…持ってきますね。」

ソレがコレ↓
200707141923000.jpg
(裏メニュー?のホルモン)

コレが絶品。

ハ 「!」
ソ 「!」
ド 「(ニヤリ)」
ハ 「ム、ムチャクチャ柔らかい…。」
ソ 「讃岐弁でいう、ありえんけんですね。」
ハ 「ビールおかわりで!」

またもビールが進むブツである。

ド 「2時間以上、ボイルするんです。」
ハ 「なんですと?しかし、茹でると硬くなるのでは?」
ド 「そこが六白の持つパワー!」
ハ 「パワーッ!」
ソ 「もう、きんにくんはいいですから。」

このホルモンはデンジャラス。

ハ 「まさにマキシマム・ザ・ホルモン!」
ド 「メガラバですか。」

満腹&満足。


コレは、コトパラでコミュニティを立ち上げてもイイぐらいだ。


やり方、知らんけど…。

その後、ドイツあき(仮名)のお母さんとも話す。
面白いお母さんである。(必見)

しかし、マジで旨い店。
ただ、やはり…実際に行かんとわからんやろうなぁ。

宣伝なんかも、まったくやってないらしいし。
それでは…

微力ながら、ワタクシが宣伝しておきましょう。

島原電鉄・幸駅からタクシーでワンメーターかツーメーター。
タクの運ちゃんには…


「川床(カワトコ)の清香園のトナリの六白(ロッパク)へ」


と、伝えてください。

それはともかく。
台風も過ぎ去ったのか、お客も増えてきた。

そろそろ、帰るとするか。


そして、ビール代だけ程度の清算を済ませる。(全額払うのに)


ドイツ父に挨拶。

ハ 「明日、飛行機飛ばんかったら、また来ます!」
ソ 「そりゃ、そうですけど…リアルにヤバイかもしれませんよ。」

タクシーでホテルへ。

ホテルには、何もないのでコンビニへ。
寝酒を買っておかないと。

ソ 「まだ時間もアレなんで…ジャグリンピックでも、どうすか?」
ハ 「ふっ。ジャグマスターのオレ様と張ろうってのかい?」

近所のパチ屋へ。

ソーダイ、チョイ勝ち。
ワタクシ、チョイ負け。




長崎まで来て、何をやってるんやろうなぁ…。(二日目終了)

長崎ブルース

長崎二日目。

まずは諫早へと向かう予定。
ホテルから、浦上駅へと徒歩で向かう。

P7140019.jpg
(ステキな路面電車)

浦上駅までは、歩いても数分。

P7140021.jpg
(オシャレなほっかほっか亭)

すぐに到着。
では、諫早まで向かうとするか。

おや?

P7140022.jpg
(見えにくいけど)


あろうことか、台風のためJR全線が運休。


コレは予想外。

浦上→諫早間は、シーサイドライナーを使う予定だった。
たしかに、名前の通り海沿いを走るからなぁ…。

しかし、どうすればいい?

とりあえず、長崎駅に行ってみる。
そこからなら、バスで諫早へ行けるだろう。

バスターミナルで調べる。

あるにはある。
が、1時間以上かかる模様。

長崎本線なら、30分ほど。
特急かもめなら、20分もかからないのに。

激しく、かったるい…が、背に腹は代えられない。

乗り物は好きな方だが、バスは苦手な男である。(なんかしんどい)
ブツブツ言いながら、バスに乗っていると…

P7140024.jpg

シルバーブルーの西肥バス発見!
しばらく併走していたのだが…

美しい。

そして、中学の修学旅行。
あの時のガイドさんは、かなりの「うまげ」さであったことを思い出す。

なんとなく、ゴキゲンちゃんになる。

しばらくして、諫早駅前に到着。

P7140025.jpg
(諫早駅の外観)

今日の宿は、ココから島原鉄道に乗らなければならないのだが…

どうやら、島原鉄道は動いていた。
1時間に1本ほどなので、次のヤツに乗ることにする。

それでは…

まずは腹ごしらえであろう。
せっかく、長崎まで来ているのだから…

200707141228000.jpg
(長崎といえばコイツだ)

駅前にある食堂にて注文。
マクドもケンチキもミスドもあるのに、ちゃんぽん屋はないのだなぁ。

それにしても…

コイツも旨しだ。
昨日から、食べ物にハズレレス。

だが、HMSは一緒にチャーハンを頼んだのでグロッキーだった。

それでは、島原鉄道に乗りましょう。
P7140028.jpg
(カワイイ電車だ)

200707141256000.jpg
(諫早から二駅)

歩いてホテルへ。

コレは…
非常にイエイな感じのホテル。

P7140031.jpg
(100円で2時間観れます)

ホテルのウラには…

P7140032.jpg
(夢が膨らむサーパス諫早)

さて。
まだ、ドイツあき(仮名)の店に行くには時間がある。

どうする?

むつごろう水族館にでも行くか?
なあ、HMS…

200707141409000.jpg
(ベッドの下のマットも気になりますが)

あのヤロー、ジャンプを読み出しやがった!

長崎まで来て、ジャンプもないと思うのだが。
さすがに、HM(ヒマでモテない)の称号を持つだけある。

仕方ないので…


二人して、パチ屋へ。


しかし、スゴイ風である。

台風、侮れんな。
というか、明日…帰れるのだろうか?

パチはアイジャグを打つ。
すると…

コイツは、間違いなく高設定。
ガンガン回していると…


なんと、2諭吉の勝ち。


諫早の人の銭が、ワシんとこに入ってきたで?♪

HMSは負けてたけど。
でも、ジャグにハマった感じだったので…なんとなく嬉しい。

よし。
程好い時間になったぜよ。(海援隊の人風)

ドイツあき(仮名)が迎えに来てくれるというので、ホテルに戻る。
ホテルでダラダラと過ごしていると…

「その人とは、どういう関係なんですか?」

HMSに訊ねられた。
そりゃあ、そうだろう。

わざわざ、長崎までしゃぶしゃぶを食べに来るのだ。
ただならぬ関係と疑われても仕方ない。

「うん?ああ、そうだな…長崎妻?」
「…もう、ええですわ。」
「ええ?聞いてよ、色々と!」
「京都妻とか、連絡先も知らんかったじゃないですか!」
「知ってるよ、メルアドぐらい!」
「…だから、どうでもいいですから。」
「なんだと!くぬやろー!」
「ヒマでモテないのはアンタじゃないか!」
「なんだと!くぬやろー!」

そうこうしていると。

ドイツあき(仮名)が迎えに来てくれた。
このホテルは、かなり近かったらしい。

ドイツあき(仮名)の運転で、店まで。

今日は、台風の影響でヒマらしい。
それなら、楽しくやりますか。


そう…





この時は、そう思っていたんだよ…。(二日目前半終了)

長崎ナイト

ドロンすると決めてから。

どこに逃げようかと考えていた。
犯罪者と逃亡者は北へと逃げるものだが、どうするか?

やはり、ココは「あかつき」であろう。
夜に関西を出発、次の日の朝には九州に着いて便利だ。

では、目的地は長崎だ。

しゃぶしゃぶ屋をオープンした、友人・ドイツあき(仮名)に会おう。
後は、鯨カツ弁当とトルコライスを。

まあ、ヒトリでしゃぶしゃぶもアレなので…


友人・HMS(ヒマでモテないソーダイ)を誘うことにする。


勝手に申し込んで、事後承諾でも問題ないのだろうが…

一応、聞いてみる。
旅行社には、すでに鉄道を仮押さえしてもらっているが。

「あ、ソーダイくん。13日、休めるだろ?」(最初から断定)
「…休めますけど、何か?」
「オレ達は、しゃぶしゃぶを食べに鉄道で長崎に行くことになった。」
「なんでですか!」

少々、揉める。

ヤツは、長崎に行くことには不満はないのだが…(ヒマやしね)
どうやら、鉄道の12時間というのが納得いかないらしい。

しばし、討論。

仕方ない。
ココは、コチラが折れることに。

飛行機で行くことになった。

予約と予定を変更。
長崎のドイツあき(仮名)にも連絡、14日の夜に寄らせてもらうことにした。

万全の準備。

ところが。
あろうことか、台風が発生。

こうなると、仕方ない。
まさに、運を天に任せて大阪空港へ。

まずは、マルビルへ。
そこから、バスで大阪空港というルートをセレクト。(約40分)

沖縄行きは、軒並み欠航のようだが…


九州方面は、まだ大丈夫。


すぐに搭乗手続き。

程なく、ソーダイと合流。
ドイツあき(仮名)への土産は、リン・ウェイツーのタオルにした。

飛行機の時間は12時45分。
まだ時間があるので、喫煙ルームでマッタリ。

そして、ゆっくりとゲートへと向かう。
すると、異常なまでの調べ方。

搭乗ゲートには、10分前に行かなければならない。
すでに、時計は12時40分である。

走って、搭乗ゲートへと向かうと…


悪天候のため、飛行を見合わせていた。


恐ろしく恥ずかしい思いをしつつ、コッソリと隅の方へ。

200707131245000.jpg
(イヤンな雰囲気の搭乗ゲート前)

結局、定刻より30分遅れで出発。

ガタガタと揺れながら、飛行機は長崎へと飛ぶ。
14時30分、無事に長崎空港へと到着。

P7130003.jpg
(長崎は雨じゃなかった)

ココから、佐世保へと向かう予定だ。

バス乗り場へと向かう。
すると…


あまりにも、スカスカな時刻表にビックリ。


1時間以上、待つことになった。

バスを諦めて、乗り合いタクシーで佐世保へ。
まあ、コチラの方が早く着くのだが。

P7130004.jpg
(佐世保駅)

佐世保では、レモンステーキと佐世保バーガーを食す予定。

佐世保駅から、徒歩にて商店街へ。
なんとなくだが…大阪に比べて、街の感じが上品だ。

P7130005.jpg
(コレはナゾ)

歩くこと2時間。

ひとつ、わかったことがある。
佐世保には、佐世保バーガーの店は…

思ってるほど、ないということだ。

香川における、讃岐うどんとは違った。
探すこと、2時間…

まずは一軒目。

P7130006.jpg

人気店・ビッグマンだ。

200707131840000.jpg
(レタス抜きを所望した)

うむ。
大きさは…普通より、少しデカイぐらいか。

しかし、重要なのは味なのだが…


かなり、旨し。


でも、梅田のヨドバシにもあるらしい。

では、2軒目へ。
またまた、色々と迷いつつ…

適当に見つけた、ドム・サンセイへ。

P7130007.jpg

ココは佐世保駅から近かった。

200707131912000.jpg

コイツは…強力すぎる。

チョット、デカかった。
2個目としては、ヤバクソンなので最初に行くべきであろう。

味としては、コッチの方が好み。
HMSは、ビッグマンが好みらしいが。

風が強くなってきた。

佐世保駅へと戻る。
暗くなってきた、佐世保の街はステキだった。

P7130008.jpg

では、長崎へ戻ろう。

佐世保から長崎へは、シーサイドライナーを選択。
バスの方が早いし、便数も多いのだが…


シーサイドライナー…ステキなんだもの。


しばし、時間まで駅付近をフラフラ。

P7130012.jpg
(シーサイドライナーの姿)

コイツは、キハ200系。
新しいタイプの方の車体である。(キハ66系もある)
P7130013.jpg
(キハ200)

1時間半かけて、長崎へ。

長崎駅から、路面電車でホテルへ。
さすがに、今日は疲れた…。

P7130014.jpg
(電停からの風景)

すぐにホテルへ。
ナカナカにイエイな感じのホテルだった。

P7130016.jpg
(部屋からの風景)

今日は、サッサと眠ることにしよう。

シャワーを浴びて、ベッドに入ろうとしたら…

P7130017.jpg


P7130018.jpg





HMSが、ステキな夜景にハッスルしてました。(初日終了)

ニシエヒガシエ

もう限界。

ドロン決定。
今まで、よく頑張ったと思う。

いつも…


いつも、自分で自分を褒めてはいるけれども。


しょせん、社員など使い捨て。

まあ、そんな風に思われているのだろう。
だが、しかし!


オレ様がヤメた会社は、すべてエライことになっとるんやぞ!


倒産・逮捕者続出・閑古鳥。

ええ加減に、誰がエースか理解するべきではないだろうか?
エースであるワタクシに、シッカリとした誠意を見せるべきだ。

そんなことを、悪友と語り合う。

「ソレはつまり…」
「なんだね?」
「チミ自身が、疫病神なのではないか?」


…黙って、酒を飲むことにした苦い夜。


しかし。

それでも、気分良く働かせてもらいたいもの。
誠意を見せてくれないのなら…


自らの意思で、気分良くなろうと思う。


そんなわけで。

どんなわけだ、という意見には耳を貸さずに。
自らのココロとカラダを癒すため…


旅に出ます。


そんな心境で。

荷物を準備。
時刻表も忘れずに。
20070712233552.jpg

そうこうしていると。


延長で桜井が一発!


コレは、今日のスポーツニュースは全部観ないと。

いやぁ、最近の若トラの活躍はスゴイな。
桜井のユニフォームも買っちゃおうかしら?

途端にご機嫌ちゃん。


仕方ない…





ま、とりあえず明日休むだけでカンベンしてやるか。(中途半端)

ヘッドライト・テールライト

いきなりですか。

いきなりはチョッチね。
まあ、いきなりも悪くないですけど。

200707112012000.jpg
(ウマイんです、この娘。)

そんなわけで。




まあ、たまには…こういう愉しみもないと。

コーヒー

ほぼパーフェクトな仕事の日々。

しかし、好事魔多し。
ちょっとしたトラブル発生。(ワタクシのミスではないが)

慌てて、電話。
受話器越しに、何度も頭を下げて任務完了。

受話器を置いて、ニヤリと微笑む。
すると、事務のお姐さまセッド・ソー…


「なんか、絵に描いたように悪人の笑い顔やで。」


…疲れとるんやろうなぁ。

そんな悪代官チックな火曜日。
そろそろ、リフレッシュが必要かと。

野球でも観に行くか。
と、思っていると…

今日から、阪神巨人戦ということを思い出す。
とりあえず、テレビ観戦。

今日の福原はイイ感じだ。
これなら、完投…いや、完封もあるな。

矢野と金本の一発で2点あるし。

すると、7回からジェフ登場。
まったく…岡田采配め。(悪意ナシ)

JFKを使い過ぎやわ。
2イニングを3人で、とは考えんのかね?(ハヤトッティ采配)

まあ…これなら、勝ったな。
結果を見届けずに、散歩と素振りに出掛ける。

今日は、雨が降ったり止んだりの大阪。
さすがに、公園にも人影がない。

フードを被り、素振り開始。
なにやら、視線を感じると…


パトロール中の警官が、パトカーからガン見している。


何も悪いことはしてないので、無視して素振り再開。

来るなら来い。
警察には、言いたいことが山ほどあるのだ。

心で身構えながら、黙々と素振っていると…

残念。
どこかに行ってしまった。


やはり、流した汗はウソをつかないな。(意味不明)


ふくらはぎに心地よい張りを感じながら家路に着く。

途中で自販機タイム。
ゲータレードが染み渡る。

それにしても…

カラダの張りは気持ちイイ。
なのに、気持ちは晴れない。

激務の疲れ…ソレ以外、考えられないだろう。(大袈裟)

休みが必要だ。
コーヒーで一息いれろと言ってる。


まあ、コーヒーやと寝られなくなるんで…(子供か)





ビールで一息いれようじゃないか。(いつものこと)

Maxine

ロスタイムの羽生のシュート。

アレを決めていれば…
勝利だけじゃなく、スターの座も勝ち取ることが出来たのに。

あの場面で決めてこそ切り札。
あの場面で決めてこそスター。


どんなに地味なルックスだろうともだ。(何気に失礼)





まあ、スターを必要としない監督ですけどね。

I Ain't Perfect

出会いの数だけ別れがあると。

分かっているのに、恋をする。
ローリング、ローリング、ローリング・ドリーマー。

今日は、別れを告げに行く。
終わりは始まりだから。

そんなわけで。


北斗SEと最期の勝負!


最期に、もう一度…昇天させてやるぜ!

そんな意気込みで、朝一からガラガラのシマへ向かう。
2台目、ベルでランプが青。

よし、コイツで勝負。


5人目の諭吉を両替機に突っ込んだ時、我に変える。


もうムリ。

コンビニATMにも、もう行けない。(さすがに、恥ずかしい)
その後、5号機を打ち回って…


トータルは、マイナス3諭吉と5英世。




…どうやら、コチラから別れを告げることになりそうです。

Inside Out

新台・デビル・メイ・クライ3を初打ち。

ベルが揃いまくるので、バカみたいに回る。(1英世で50回以上!)
ということは…

ボーナスの確率は、恐ろしく悪いと推測できるのでは?

軽くハマリ気味の、7英世でデビルボーナス。
そこから、5号機の特徴であるダラダラな展開に。


夕方まで打って、600枚とはコレいかに?


プラス3英世で逃げる。

マグロカツ・400・4辛を試す。
しかし、中部地方限定のゲソ・カレーの方が良さそう。

買い物へ。

目当てのブツは、ヴェルヴェット・リヴォルヴァーの新作。
しばし、店内を物色すると…

トラヴェリング・ウィルベリーズを発見。

輸入盤なのに、4英世するのか…。
軽く悩むフリはしてみたものの、スルーというワケにはいくまい。

二つとも購入。

部屋に戻る。
早速、聴いてみる。

やっぱり、ロックンロールはステキ。

その後、取引先の若モノ達に呼び出される。
どうやら、休日出勤だった模様。

仕方ない…


スラッシュ(VRのギタリスト)について、アツく語らせてもらうか。


ワタクシは30代。

若者達は20代。
音楽は時代を繋ぐ偉大な芸術である。

「ユイの曲がバンプの曲に似てるんですよ!」
「…ほう、そうかね。」
「アレはパクリじゃないんですかね?」
「しかし、音楽は模倣から始めるもので云々」
「そうなんですか?」
「それを言えば、スラッシュのギターのピックガード云々」
「誰ですか、それ?」

ソレを言っちゃ、オシマイだよ…。
ソレを言ったら…


オレやって、ユイもバンプも知らんがな。(名前ぐらいは知ってるが)


そんなわけで。




いきなり、時代を繋いでないことが判明でしたわよ。

Honky Tonk Blues

いきなりの接待。

だが、最近のオレ様は少々疲れ気味。
今日は、ドロンさせてもらうことに。

明日こそ、ぐうぐう寝るつもり。

その為には。
今夜は、思い切り夜更かししなければ。





…それなら接待に行けば良かっただろうか?(すでに眠いが)

Do You Recall

今日は、一鶴・心斎橋へ。

ちょっと狭いような感じ。
しかし、心斎橋店のオリジナルがあった。

鶏むね肉のハム。


そして、時間制。(2時間)


ちなみに。

今日の一鶴。
いつものエージェントと…


可愛らしい、おにゃのこが一緒。





3割増しで、ビールが旨かったね。

EVERYBODY'S BROKEN

ゆるやかに。

しかし確実に。
ストレスが溜まっている。

今の仕事は、楽して暇してイエイだなぁ…と思っていたが。


そんな仕事は、ないわな。


小雨降る中。

散歩と素振り。
休憩所の屋根を使った懸垂も。

部屋に戻る。

首が痛いし、肩も痛い。
痛み止めをアルコールで飲む。


ヒドイ話だ…




そのうち、オレ様もカハラトモミであろうな。(笑えない)

雑走

ロード・オブ・メジャーが解散。

やっぱりな。
オレ様がCDを買うと、こうなるのだ。

そして。

今日は競輪・寛仁親王杯の決勝。
少しばかり、売り上げに協力することにする。

決勝は自力型ばかり。
このような場合は、先行の番手と3番手を狙いたい。

そこに、今開催でのデキを加味して予想。

デキは7・荒井(佐賀)と4・渡部(愛媛)がイイのではないか?
そして、決勝では荒井・渡部と並ぶ模様。

当然、荒井からは人気になるので車券的には微妙。
となると、渡部から行くのが旨味アリとみた。

だが、決勝には「加賀百万石捲り」の2・小嶋(石川)がいる。

実質、現役最強の男。
ヒトリでも強いのに、後輩を先導役として使える状況…。

これは、さすがに無視出来まい。


いつもの背番号理論で、2?7を。(5漱石)


…弱気なので、ウラも少し押さえるけども。(1漱石)

後は渡部から。

小嶋への4?2を1漱石。
岡部への4?3が2漱石。
荒井への4?7が1漱石。

この1漱石と2漱石の差は…


倍率の高い方へ、デカく張るのが基本ゆえ。


出来れば、4?3の20諭吉コースでお願いします。

そして、運命の決勝戦。
結果は…


2?4で50倍。





…次、頑張ります。

もってけ!セーラーふく

月曜日は首吊りの日。

だが、今日はサボタージュ。
理由は…


治療に行くのすらダルイから。





コレが、本末転倒というヤツだな。

炎のファイター

今日もパチ屋へ。

デジハネ勝負も、単発とハマリのコンボ。
アッサリと1諭吉殉職。

コレにて、デジハネで勝つことが厳しくなった。

仕方ない。
フラフラと猪木のシマへ。

すると1英世でバケ。
さらにバケを重ねて…

ノーマルビッグをゲット。

200707011251000.jpg
(おなじみの名文句)

その後、1/8192の闘魂バケを引く。(全設定共通)
コイツは気持ちイイぜ。

そして、ビッグを2連勝。

200707011302000.jpg
(アツかったのに、スカりました…)

でも、その後に3連勝もありまして…

200707011347000.jpg

1200枚弱でドロン。(惜しくも2諭吉ならず)
デジハネの負けを取り戻し、なんとかプラス。


プラス9英世とタバコ1箱。


こってり大を食して帰宅。

夜は、散歩がてら本屋へ。
越中×ケンコバの「やってやるって!!」を物色。

さすがにジュンク堂。

すでに置いてありました。
ついでに「MOMOTAROH vs 真島零」も。

今日は、パチで勝ったし…アレも買っちまうか。


噂の「鉄子の旅」をオトナ買い。(全6巻)


イイなぁ、鉄道の旅。(潤んだ瞳で)

やはり、鉄道こそが旅の醍醐味。
コレ以上の贅沢はあるまい。

狭い日本を、ゆったりと過ごす…考えただけで、ヤバクソン。


いや、北京⇔桂林は夢に見るほどキツかったけど。(二晩だもの…)


でも、今となってはイイ思い出。





…もう一回!はムリですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。