FC2ブログ

Oficina del delusion 4:40

北京とかでメキシコとかを想うわけです。妄想するわけです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創聖のアクエリオン

香川も有名になってしまいましたな。

まだ、全てが解決してはいないのでしょうが。
で、悪いことは悪いとして…

ええ歳して、義母に働いてもらうなんてことはないようにしたいものです。

ああ、イヤな事件。

早く忘れてしまいたいもので。
で、忘れてはいけないのに…


すっかり、免許の更新を忘れてました。


前回の更新から、もう5年か…。

長かったのやら、早かったのやら。
前回の更新は、橿原にまで行ったのだった。(往復4時間)

ソレを考えると、香川なんて便利なものだ。
大阪も、門真なんで微妙な場所やし。

そして、ゴールドライセンサーだったワタクシ。
今後、5年間は蒼に逆戻り。

ちっ。


あの「熊野の悲劇」と語り継がれている事件さえなければ…。


その悲劇は、シートベルト未装着でしたが。

200711281945000.jpg

しかも。

更新して、すぐにやられた。
近所やったので、油断してしまったのだ。


金払うから、見逃せ!と軽く買収も試みたのですが。


ムダでした。(まあ、当然)

昔を振り返るようになっちゃ、オシマイだ。
サクサクッと、更新してしまおう。

門真まで行くのは面倒なので、近場で済ます。

会社を気軽に早退。
近くの警察へと向かう。

マンツーマンで講習。
いつもの「オナカイタイ」作戦も使えず、1時間イライラして過ごす。

無事に終了。

免許は、1ヶ月後に郵送されてくるらしい。
天下り団体に800円払って、天下りビルを出る。

800円は郵送料らしいが…


800円から、なんぼフトコロに入れとんかはナゾだ。


まあ、いい。

今日は水曜日。
週プロを買ってから帰宅。

週プロを愉しみつつ、早めのディナー。

あるものでテキトーに。
タマネギとベーコンのパスタをバターとしょう油のハーモニーで。

バターとしょう油は、ナイスハーモニー。
そんなことは、1万年と2千年前からわかっていること。

どこか懐かしい菅野メロディーの本領発揮です。


今は、別の曲に変わってますが。(スロ派ゆえ乗り遅れた!)


で。

YouTubeで、慌てて探したりして。
それにしても…

便利な世の中になったもんだ。

http://www.youtube.com/watch?v=3uCAWUXYKUM

アメリカの一発屋・エスケイプクラブですよ!
この曲は、大ヒットしたのに…

「ワイルド・ワイルド・ウエスト」で検索しても、映画ばっかりで。
いや、ほんまに大ヒットしたんですけどね。

斬新なビデオクリップも素晴らしいですな。

http://www.youtube.com/watch?v=9BhPVrly5Fo

中原めいこですよ!
オレンジロードは、あんまり観てませんが…

この曲はサイコーです。
カラオケで歌う女の子がいれば、素晴らしいセンス。

ま、見たことないですが。

http://www.youtube.com/watch?v=6ht-uNdz9Mg

モンテビ。
しかも、マイナーな曲。

でも、個人的にはこの曲が一番ステキですな。
ちなみに。

ワタクシはベース派です。

http://www.youtube.com/watch?v=BBJW0Zt0Cys

スムルはいわずもがな。
この曲は素晴らしいの一言です。

そして…

スゴイの、見つけました!

http://www.youtube.com/watch?v=j9qvlqKTzqI

奥田阿部西川スパゴーです。
ちょっと、音と映像がズレているのですが…




ま、抜き足差し足忍び足なら問題ナシ。(当然、相棒は観てますよ)
スポンサーサイト

ただ僕がかわった

昔の同期とグチ大会。

「昨日のふくまる旅館やけど…」
「観てないよ、そんなん。」

会話終了。

ビールのおかわりを頼む。
同期はトイレに行き、ワタクシはタバコを吸う。

「…タバコ、ヤメたら?」
「ヤメるぐらいなら、最初からやってないさ」
「なにカッコつけてんねん!」
「なにカリカリしとんねん!」

会話終了。

ビールのおかわりを。
すると、同期が白身魚のアクアパッツァを追加。

「そんなメニューこそ、カッコつけとんちゃうんか?」
「うわー、コレが最近よく聞く讃岐弁。ナマで聞けてラッキー!」
「・・・」
「あのシェフに『はよせんか!』って、言うてみ?」
「オマエ、どんだけ不謹慎や!」
「…あ、ごめん。なんか、もう最近最悪で…」
「そりゃ、チミぐらい潤いのない女もおらんやろうしの」
「ほんま、シバクぞ!」
「…引越し?」
「…あんたも不謹慎なヤツやな」

ヘンな意味で盛り上がってきた。
それでは、ビールのおかわりを。

別の同期が合流。
「早めに帰ろうぜ」とアイコンタクト。

伝わったかどうかは、微妙だが。

そうこうしているうちに。
料理が運ばれてくる。

おお。
アクアパッツァ、旨いじゃないか。

「ガリレオにも渡辺いっけい出てるな」
「どんだけ、渡辺いっけいを押すねんな。あら?月9観てんの?」
「東野圭吾は好きな作家やし。小説とは、だいぶ違うけどな」
「は?」
「そもそも、湯川に相談に来るのは草薙であってシバサキコウではない!」
「そんなことが気になるのは、湯川や右京の影響か?」
「そうかいの?」
「…いや、昔からそんなとこあったわ」
「違えば、気になるんが普通かと」
「意外に読書家やもんな。…ちょっとトイレ。ビール頼んどいて」
「おい、大丈夫か?」
「大丈夫、大丈夫。アクアパッツァも頼んでるし」

残された二人の会話。

「アクアパッツァ…『おいしー、コレ』言いながら食べたよな?」
「あんたも、私に聞かんとわからんのか?結構、飲んでんの?」
「まあ、そこそこ。」
「アレ、ヤバイって」
「連れて帰ってな」(あわよくば系で)
「…カオリンだけはな。あんたは近くやし大丈夫やろ?」

まあ、そうだろうな。

「おい、大丈夫か?」
「大丈夫、大丈夫」

酔っ払いの「大丈夫、大丈夫」ほど怪しいものはない。
しかも、2回繰り返してれば間違いなくヤバイ。

勝手に、おあいそ。

「おい、そこのオバハン。帰るぞ!」
「オバハン言うな!」

酔い覚ましに歩く。

「まあ、福山はカッコええわな」
「でも、結婚もしてないしホモ説もあるで」
「そうなん?でも、もしオレが福山なら…」
「…まあ、ありえんけど福山なら?」

いちいち、鬱陶しいヤツだが気にしない。

「たぶん、結婚なんてせんと思うけどなぁ」
「なんで?」
「だって、なんぼでも女の人が寄ってくるんやぞ?」
「・・・」
「好き放題出来るのに、なんで結婚せないかんのよ?」
「ああっ!もう、サイテーな男がこんなとこにいましたよ!」
「えっ?」
「『酒の席での暴言』ということにしといてやるから帰れ、とっとと帰れ!」

解散。

いや、知識としては。
この福山理論は、問題アリやと思うのですが…


自分が福山やったら、絶対そうでしょ?




ま、そういうことを口に出すのが、一番の問題やとも理解してますけどね。

Felicidad

連休最終日。

今日はインテックス大阪へ。
言わずと知れた「サイクルモード大阪」に参戦するためだ。

珍しく、キッチリと迎えが来た。
それでは、行きますか。

漢5人で、インテックスへ。

200711250949000.jpg

大阪のイベントと言えば、インテックスだ。
ちなみに、フィッシングショーもココでやる。

200711250942001.jpg

AM10時のオープンまで、しばし待つ。
フィッシングショー程ではないが、それなりに人が多かった。

それでは、しばし極上のオペラを観ようじゃないか。

3号館から入場。
最初のうちは、皆の姿も確認出来ていたのだが…

すぐに、はぐれてしまった。

まあ、いい。
みんな、オトナやしな。

いざとなれば、今の時代は携帯がある。
それでは、マイペースで観させてもらいましょう。

さて、ワタクシのお目当てはビアンキ。
とりあえず、1号館まで順番に観ていくが…


残念なことに、大阪には出展されてなかった。


ガッカリ。

ドロンジョーヌも東京だけらしい。
もはや、ナニを愉しみにすればいいのだ…

どげんかせんといかん!と、パンフレットを見る。
すると、ダイワ精工のブースがあった。

株主としては、気になるトコロ。
行ってみることにする。

おお。
結構、色んなモノに絡んでいるのだなぁ。

それに、イカスのもある。
CORONES2が、ナカナカにイエイな感じ。

なるほど。
あまりキメ付けずに、色々と見てみることも大事だなぁ。

で、見て回りましたが…


ステキなマシンばっかりで、目の毒でしたな。


見れば、欲しくなるんだもの。(ダメなオトナ…)

満足して、インテックスを後にする。
とりあえず、うどんを食べに行くことに。

噂の釜たけへ。

皆は、名物・ちく玉天ぶっかけの大を注文。
やむなく、ワタクシも大を所望したのだが…

200711251434000.jpg

…多いって。

それにしても。
この店には初めて来たのだが…

ナカナカにイエイな感じ。
天ぷらが揚げたてなのも嬉しいじゃないか。

そして、日本橋チックなお姉さまも悪くなかった。(萌え?)


大阪うどん、侮りがたし。(讃岐風ですが)





それでも、ワタクシは長田派であり…はったんじ派です。

Highball Rocks

連休2日目。

オシャレボウイらしく、梅田へ。
珍しく、服でも買おうという魂胆だ。(自転車用ですが)

でも、ギャレまで行くんはアレやしのぅ…

結局、いつも行く駅ビルのアウトドア系の店へ。
狙いは、自転車に乗る時にも邪魔にならんような上着。

ちょっと、イイ感じなヤツを二つ発見。

モンベルなら18英世。
ミレーのは28英世か…。

悩むところ。


仕方がないので、黒ひげさんに訊いてみることに。(パチ)


梅田から、天神橋へと向かう。

2台目の黒ひげが1英世で25回くらいの回り。
コイツで勝負だ!

8英世目に、なんとか大当たり。
コレが11連チャンで5000発まで一気に。(3箱)

回りが良いので、勝負続行。

そこから、カス当たり2発。
ウォンテッドモードもハズシまくって、2箱分打ち込む…。

ここまで打ち込んだら、もはやヤメられない。

もう少しで、3200個落ちのラインがある。(オカルト)
と、ムリヤリな理由を付けて最後の箱を上に上げると…

してやったりの3200個落ちで大当たり。(自分の感覚で)

すぐに、箱を下に降ろす。
この連チャンがどこまで伸びるか?

見せてみろ!
80%の連チャン率を!

200711241626000.jpg

結局、19連チャンまで伸びました。

下に箱が6箱。
手元には1箱弱ということは…約10000発。

「すいません、ヤメます」

流したら、10500発。
2諭吉と5英世とタバコが2箱。

プラス1諭吉と7英世というわけで…


再び、梅田にもどってモンベルのストームジャケットを購入。


本屋経由で、部屋に戻る。

今日のディナーも鍋。
だが、今日は寄せ鍋をセレクト。

やっぱり、釣ったカワハギの方が旨しやのう。


そして、シャケは何時如何なる時も偉大だ。


明日の朝は、雑炊をキメてやろう。

それはともかく。
明日25日はサイクルモード。

人は多いかもしれないが、参戦予定。
せっかくなんで、シマノとビアンキは見ておきたいですな。

ちなみに、8時45分に迎えに来てくれるらしい。

確実に起きるために、ワタクシがしなければならないコトは…





今から酒を飲んで、倒れるように眠ることであろう。

Drift Away

ワタクシのヤサは西天満にある。(会社が契約した部屋)

会社勤めには非常に便利なのは間違いない。(徒歩5分)
だが、生活するには何気に微妙。

例えば。

クリーニングは、金曜に出せば最速でも火曜日。
何も言わなければ、木曜日。

普通、月曜日には出来上がらないだろうか?
天神橋の店は、月曜日には間違いなく出来ていた。

あと、スーパーがないのも痛い。

今日も、南森町まで買出しに行く。
ついでなので、年末年始の切符の予約もしておく。(JRもある)

この切符の予約が面倒だった。

非常に細かい。
○月○日○時○分○○発の「のぞみ○号」まで、記入せねばならない。


鉄オタじゃないんやから、わかるかっ!と憤慨。


今回は、たまたま時刻表を持ってたんでよかったものの。

このやり方はどうかと思う。
そのくせ、席の希望は書けないのだから恐れ入る。

そもそも、窓口の若造がシッカリ説明せんのがオカシイ。
コレは、チョット小言の類でも一つ二つ食らわせないとな。

振り返り、窓口を見ると…


ほんのりと好みのタイプなお嬢さんにスイッチされていた。


…今回は、カンベンしてやるか。

それでも、一応。
なんか、おかしくないっすか?みたいに聞いてみた。

希望だけは聞いてもらえるらしい。
じゃあ、希望するだけ希望しとくか…

・輪行するので、一番後ろか一番前の通路側を。
・その席があるなら、禁煙席でもかまいません。

新幹線は、大きな荷物を置くスペースがないのが不便だわね。
マリンライナーは、グリーン席ならどうにでもなるだろうが。

とにかく、予約は完了。
ただ、取れるかどうかはわかりませんが。

出口を出ると、すぐにあるスーパーへ。

今日は鍋をキメる予定。
それっぽい材料を購入。

このスーパーは酒も置いてあるので有難い。
だが、以前は置いてあったビーフィーター(ジン)がない…。

んもうっ!

祝日は、酒屋も閉まっている。
仕方ない…バーネットで。(安いのがウリ)

クリーニング屋経由で、一度帰宅。

荷物を置いて、自転車を乗り換える。
今度は、生活の為ではなく趣味の為の買い物へ。

愛機・フレッタを9速化するつもりなのだが…


自分でやるか、プロに託すかを、まだ決めかねております。


必要な工具も不明やし。

だが、どのみち取り寄せなければならない模様。
しばし、考えさせて下さいということにして店を出た。

それにしても。

自分で取り付けたブレーキだが、イエイな感じじゃないか。
わざとロックさせてみたりしながら帰宅。

そろそろ、ランチタイム。(JRが9時から受付だったので)

部屋に戻る。
チャリを置いて、歩いてココイチへ。

と、このように…


西天満は、何かと面倒なのです。(香川なら、一発で終わるのに)


まあ、チャリで行動してますからね。

ココイチでは、いつものデフォルト。
食後、コンビニ経由で帰宅。

チャリを少しイジる。

それでは。
鍋の準備に取り掛かろう。

今回も、とり野菜鍋で。

まずは、つみれを作る。
隠し味に、味噌・豆板醤に麻醤も入れてみる。

つなぎを少なくしたいので、塩を入れてみた。
ハンバーグとかで、よくやるテクニックだ。

そうこうしているうちに。

イイ時間になった。
それでは、鍋を開始する。

旨し。

とり野菜みそと白菜&鶏肉が奏でるファンタジー。
相変わらず、サイコーだ。

あらゆる小細工を施した、つみれはどうであろうか?

アレだけの手間を加えたのだ。
ムチャクチャ、旨しとなるのではないか?

食べてみる…




残念、バカ舌のワタクシにはわかりませんでした。

Lord Don't Slow Me Down

水曜日。

仕事を定時に終了。
日本橋にて、北京時代の友人と6時半に待ち合わせ。

定刻通りに集合完了。
サテライト日本橋を横目に、フラフラと歩いていく。

目指すは、噂の中華料理店。
そこへ行けば…


鍋包肉と羊肉串が食べられるという。


それなら、行くしかあるまい。

阪神ファンが飛び込む川を渡る。
そして、栄えてない方向へと曲がる。

そこに、その店はあった。

なんとなく入りづらい感じの店構え。
だが、ここまで来て入らない手はない。

そうだ。
忘れていた…


日本橋は大阪ではなく、アジアだったのだ…。


コレ、我々以外に日本人ゼロだろ?(後から一人来た)

まあ、とりあえず。
メニューを見てみようぜ。

「…中国語か?」
「…中国語やろ」

中国語と韓国語がメイン。
そこに、なんとなく日本語の訳がある感じ。

ま、串と鍋包肉があればええじゃないか。

というわけで…

200711211841000.jpg

コイツが羊肉串。
イメージ以上に柔らかいのですよ。

「おおっ。羊肉串やん」
「でも、ちょっとやな。ボッタクリですぜ」
「まあまあ。問題は味だ。」
「ですな。それでは…」
「・・・」
「・・・」
「あの味ですな。」
「あの味やな。」

旨かったです。(なんだ、そりゃ)

200711211844000.jpg

コイツも、しょっちゅう食べた。
ジャガイモの細切りの炒め物。

この店はピーマン入りなんで、減点対象ですが。

200711211853000.jpg

そして、コイツがもう一方の雄・鍋包肉。
簡単に言えば、別の進化を遂げた酢豚みたいな感じ。(意味不明)

「なんか、四海のより厚いな」
「結構な値段やのにねぇ」
「まあ、食べてみようや」
「ですな。問題は味…」
「・・・」
「・・・」
「旨い。」
「ほんま、旨い。」

200711211901000.jpg

せっかくなので、青島ビールを飲む。
中華の店で、冷たいビールを飲むのが北京時代の夢だったのだよ。

その、ささやかな願いは叶ったかな。


日本でやけどね。


まあ、マグロ以外の巡回コースが出来たのは喜ばしいことだ。

部屋に戻る。
なんか、忘れてる気がする…


あ、週プロ忘れてきた。(待ちきれず、駅で買ってしまったのです)


木曜日。

流し気味に仕事。
ササっと帰宅して…

仕事中に買っておいた本を読むことにしよう。

ついに。
ついに、あの本を買いました…

200711222005000.jpg

噂のロードレース・ミステリー本…「サクリファイス」。

コレは非常に面白い。
一気に読み終えました。

まずは、主人公が魅力的。
ロードレースに関する部分も、相当イイ。

後半のミステリー部分も素晴らしい。
最後がアレなんで、ゼヒ続編を読んでみたいです。

ロードレースを知らなくても大丈夫。
絶対にオススメ!


って…もう、みんな読んでるか。




じゃあ、もう一回読み直します。

Lemonの勇気

フラフラしているフライデー。

残念ながら接待。
あまり好きではないのだが…


会社経費で飲み食い出来るのはステキ。


サタデー目覚ましセットして。

日曜日は垂水まで釣りに行く予定。
よって、土曜日なのに7時半に起床。(接待終了はAM3時…)

コレにて、今日は早く眠れるだろう。

しかし。
釣りに行くとなると…チャリを愛でれるのは土曜日のみ。

まあ、釣りも久しぶりやし。
今日は、釣りの準備をすることに専念しよう。

まずは…仕掛けだ。

堤防からの釣りと言うことなので、サビキとチョイ投げセットを。
あ、あと海用のリールを買いに行かなければ。(塩水は傷むからね)

中古があれば、それでいい。

梅田の中古ショップへ。
すると、知らないうちに移転していた。

移転先まで行ってみたが、収穫はナシ。

近所の中古ショップへ戻る。
1諭吉ほど散財。


…何気に、遣わされるなぁ。(自己責任)


夢から覚めればにちようび。

暑苦しい漢・6人が、クルマ2台に分乗。
まだ暗いうちから、垂水を目指す。

車内では、タカハシアイの話で持ちきりだが…


タカハシアイが、誰かはわからぬまま話に加わる。


垂水着。

というか、垂水を通り過ぎる。
舞子の釣具屋で、クーラーを買ってからUターン。

垂水まで戻り、再び釣具屋へ。

ワタクシ、正直…垂水にはイイ思い出がない。
釣りはもちろん、女性絡みでも云々。

だが、釣れるでしょ…海だもの。

エサを大量に購入。
今日は、気合が違うぜ…


でも、全然釣れないんだもの…。


昼過ぎに撤退。

そして、垂水のオシャレスポットを散策。
いや、マジクソンでオシャレスポットでしたよ。

200711181459000.jpg

まあ、でも…アレですな…


漢6人で来る場所じゃないわね。


本日の釣果…ミニハゼ2匹、ミニオコゼ2匹。

腹も減ってきたので、本格的に撤収。
すったもんだありながら、天六でラーメンを食って解散。

部屋に戻って、お裾分けのカワハギを調理する。

PB180001.jpg

この3匹が、今日の釣果の全てと言ってイイでしょう。
まあ、そんな日もありますよ。

さて、それでは…

調理開始といきますか。
ま、カワハギを卸すのは簡単である。

ワタクシとて、単なる料理本コレクターではないことをお見せしよう。

?背びれ、尾びれ、腹びれを切断。
?カワハギの後頭部から、中骨までを切断。
?アタマを持って、本体から離すように腹側に引っ張る。

まあ、やり方は色々あるのだろうが。
この方法が、一番ラクかと思われます。

PB180002.jpg

新鮮なカワハギは、皮もスルッと剥げる。
また、豆知識として…

皮が付いた状態やと、傷むのも早いということも覚えておこう。

真偽はともかく。
売ってるカワハギは、皮を剥いだ状態で売ってることが多いのは確か。

PB180003.jpg

カワハギは、身も肝も絶品ですよ!


で、サバき終わりましたので…

PB180004.jpg





コイツをツマミに、一杯やりますか。(後ろの王心凌じゃなくてよ)

El Celoso

昨日の失態。

そのケツを拭かなければならない。
仕事中に「期日前投票に行く」と自転車屋へ。

店員さんに事情を説明。

すると、店員さんがガサガサとパーツ箱を漁りだした。
ほどなく、バタバタと何かを持って戻ってきた。

「たぶん、コレで大丈夫です」
「では、それを」

PB140001.jpg

ソレがコレ。

この部分のパーツは、共通なものが多いらしい。
よって、思っていたよりも安く210円ナリ。

事務所に戻る前に、部屋に寄る。

仮組み。
おお、ピッタリだ。(まあ、共通らしいし)

だが…


締め込む工具がないっての。


スパナかレンチが必要だ。

普通のママチャリやと、10ミリを多用する。(遠い記憶)
ソイツでスカスカなんやから、10ミリ以下か…。

じゃあ、8ミリか9ミリ。

念の為、ノギスで直径を測る。
プチしてやったりで9ミリだった。

定時ダッシュでコーナンへ。

安スパナセットを購入。
ついでに、徳用ジョイとパイプユニッシュも購入して帰宅。

さあ。


相棒までに組み終わるぞ。


まずは、手でネジ込む。

PB140002.jpg

そして、安スパナでグイグイ締める。

コレにて、台座は本来の姿に戻った。
ブレーキを装着。

PB140003.jpg

今回の調整には、実力通りに苦しんだ。

なぜなら、説明書にも。
MTBメンテナンスバイブルにも…


どちらに調整ネジを回せば、どうなるか?ということを書いてないからだ。


まあ、あまりにも基本的なコトですからね…。

何度も試行錯誤を繰り返す。
片効きしてる方を締め、そうじゃないほうを緩めることに気付いたのが8時。

なんとか、相棒に間に合った。

だが、今日はサッカー中継だった。
浦和の勝利を見届ける。

岡野の出場は、ちょっと嬉しかった。

30分遅れで、相棒スタート。
今回も面白かった。

あの伏線がココに来るか!


そういう、進め方がステキです。


さすがだ。

まあ、相棒がステキなのは今更だ。
今、旬な話題は…

日本橋に羊肉串と鍋包肉を出す店があるということ。

大陸のエージェント(現在は京都のエージェント)と密談。
だが、彼は忙しいみたいだ。

そうか…それなら仕方ない。


オレ様が、軽く下見に行っておこうじゃないか。(抜け駆け)


羊肉串は、ビックリするぐらい旨し!ですから。





ま、キライな人は徹底的にキライですけどね。(ハマる人はハマる)

My Big Mouth

注文していたパーツが届く。

PB130001.jpg

出来るのか?
ワタクシに出来るのか?

いや…


やるしかないんだ。


そんな大袈裟な。

別に、外して付けるだけじゃないか。
なんとかなるハズだ。

それでは…やってやるって!!

まずは、リアブレーキから。
ワイヤーは、そのままでブレーキだけを外して付けてみた。

PB130003.jpg

うむ。
悪くない。


ブレーキの調整も、すぐに出来た。(偶然)


次は、クイックレバー。

PB130005.jpg

リアは、少々ヤッカイ説がある。
慎重に作業するが…無事に成功。

PB130004.jpg

フロントはアッサリと出来た。


やるじゃないか、オレ様。


では、フロントのブレーキをやるか。

ん?
えらい固く締まってるな…

さらに、力を入れて緩める。
すると…

バキッ!と激しい音が。

…イヤな予感。

PB130006.jpg

ああっ!!!!

台座にハマっているハズのネジ部分ごと取れてしまった。
ソイツが、ブレーキ本体のボルトとガッチリ固着している。

…やってしまったか。

しかし。
やってしまったモノは仕方がない。

明日、自転車屋で聞こう。

とりあえず、ココはそのままにしておく。
出来ることを、他の作業を進めようじゃないか。


前向きな自分がステキ。(カラ元気です…)


気を取り直して。

作業を進める。
ハンドル回りを、全部外す。

で、ブレーキレバーを交換して…全部、付ける。

PB130007.jpg

おお、イイ感じだ。

チェレステに、赤は意外に合う。
非常にイカスじゃないか。




気分は、非常にブルーですけどね…。(しばらく、お座敷チャリ確定やし)

Don't Stop Believin'

月曜だというのに。

朝からバタバタ続き。
小さなトラブルも、連続して起きれば大きな問題になるというもので…

夕方には、所長と事務のお姉さまが大喧嘩。

傍から見ていれば、明らかに論点がズレているのだが。
本人達は冷静さを失っており、落ち着かせるのに非常に苦労した。

まったく…


バカばっかりで、まいっちんぐだわ。


理由はどうであれ。

所長には、上司としての器がないことと…
事務のお姉さまは、世間知らずのお嬢様ということが判明したわけだ。

まあ、アレですな…


以前から、そうじゃないかな?とは思っていましたが。


困ったものだ。

やはり、上司はシッカリとしたトコを下の者に見せ付けないと。
部下は部下で、不条理をドコかで消化しないといけない。

ま、しかし。
ワタクシの少ない経験から言えること。

それは、大概の女性というものは…


自分が言うた言葉にまで、興奮してくるものだ。


そうなると。

何を言われても認めることが出来ない。
感情的になってしまっては、何もわからんやろうし。

だが、しかし。


それでも、感情的になるコトは未熟であると思うべきだろう。


世の中には、色んな不条理があるものやしね。

ワタクシが事務のお姉さまの立場なら。
そうですな…

冷静に、事実のみを問題にする。
一応、上司相手なんやし。


腹にイチモツ抱えながらもね。


その温度差が、相手の怒りに油を注ぐことになるのもご存知です。

まあ、女性のヒステリーは仕方ない。
中国女のヒステリーに比べれば、日本女性なんて知れたもの。

そして、所長もアレですな。

そんな感情的になってる相手に…
真っ向から組んでもダメということを理解すべきだ。

ワタクシならば…

好きなだけ、言わしとくな。
嵐が過ぎ去るまで、黙って聞いときますよ。


腹にイチモツ抱えながらね…。


で、その温度差が…云々。

とにかく。
大阪支社には、3人しかおらんわけで。

そのうちの、2人がモメるのは…

残る一人がタイヘンなんですよ。
エリートビヂネスマン、甚だ迷惑ですよ。


オレ様が気分良く仕事出来るように、努力してもらいたい。(何様?)


それはさておき。

日曜日、9時から競馬へ。
今年、まだ一度も当たってないので…

そろそろ、キメたいところ。

スイープ→フサイチ、ローブの馬単。
スイープ→フサイチからダイワ・ローブの3連単で勝負。

10時からは、青ドン。
店内のテレビ放送で、ダイワ→フサイチ→スイープを確認する…。

競馬…5英世のマケレレ。
スロ…8英世のマケレレ。

その後は、やることがないので…


自転車カスタムの方向性を思案することにした。


自分でも忘れていたのだが。

ワタクシ、今でこそエリートビヂネスマン。
しかし、昔のワタクシは旅人だったハズだ。

メキシコ時代の友人である某ハッスラーにも…


「キサマのようなロクデナシが、旅に出たくならないのはナゼだ?」


と、今のワタクシを不思議に思われていた。

そうだ。
旅こそが、放浪するコトこそがワタクシだった。

「ハヤトッティは?」
「ん?ああ、どっかでフラフラしてるんだろ」

それが日常会話だった。(聞いたことないけど)


よって、カスタムの方向性は旅仕様で。


壮大なフリのワリには、普通ですが。

それはさておき。
まずはギア関係から考える。

9速化するなら、どうするのがモアベターか?(ベストには辿り着くまい)

カプレオは小径車専用。
専用と言えば、聞こえはいいものの…

それは、互換性が乏しいという意味にもならないか?
ココはMTBのモノを流用する方が、後々便利と思ってみる。(自信ナシ)

で、必要なモノはナニ?

スプロケ・シフター・変速機。(この辺は絶対でしょう)
グリップ・シフトワイヤー・チェーンも交換だろう。

まあ、それだけの部品を揃えるとすると…

XTで2諭吉、LXが1諭吉。(目安です)
シフトワイヤーとチェーンで5英世ぐらいか。(グリップはあった)

部品代だけで…。


いや、お金で買えないモノもある。(プライスレス…)


あとは工賃か…。

工賃は微妙ではあるな。
それに、この程度なら自分でやれるんじゃないか?

もちろん。
地元の知り合いであるMTB乗りのタローに聞いてみるが吉だろうが。

古いのを外して。
新しいのを付けて。

最後に調整すればいいだけでしょ?




ま、その調整がプロの技を必要とするんでしょうけどね。

Really Hope

それでは、北大阪50kmの旅へ向かおう。

その前に、あさひの場所もチェックしておく。
普段は、大東か八尾しか行かんし。(取引先の近く)

都島には2店舗ある様子。

たしか、源八橋を渡って…自動車学校の近くだったかと。
もう一つの店は、城北辺りのハズだ。

記憶の方は、かなり微妙ですが。

PB100001.jpg

まずは、源八橋。

PB100003.jpg

スイスイと渡ってやった。
後は、自動車学校だが…

残念、ロスト。


大阪の道は、ややこしいのう。


まあ、よい。

もう一つあるのだから、城北へ向かえばよい。
そのまま、城北方面へと向かったが…

残念、またもやロスト。


大阪の道は…云々。


だって、しょうがないじゃない。

ここまで来たのだ。
本来の目的である、北大阪50kmの旅を続けよう。

菅原城北大橋へ。
この下が、ワンドとして有名である。

PB100004.jpg

コイツは、かなり渡り甲斐がある橋です。

PB100005.jpg

渡ったら、今度は淀川沿いを走る。
上を走る方が無難だが、舗装されてないので悩むトコロ。

しばらく行くと。

PB100007.jpg

今度は、鳥飼仁和寺大橋。

PB100008.jpg

…ま、渡るしかあるまい。

この橋は、自転車も有料。
10円とはいえ、キッチリ支払おうじゃないか。

PB100009.jpg

10円を入れる。
すると、料金所のオジサンから「ありがとう」の声が。

当然の事をしたまでだが…悪い気はしませんな。
イイ気分で、橋を下まで降りる。

現在、走り出して20km過ぎ。
そろそろ、補給したいところ。

少し手前にコンビニがあるようだ。
コンビニで補給。(水分・ウィダーイン・ニコチン)

再び、淀川沿いに戻る。(さっきの対岸側)
景色には、もうウンザリだが。(飽きっぽい)

ほどなく、淀川新橋。

PB100010.jpg

渡って、またもや反対側へ。
まっすぐ行けば、枚方や京都だが…左折する。

すると、芥川沿いへ。
芥川には、カモが住んでいるのだなぁ。

PB100017.jpg
(帰りしに、神崎川でも確認)

それにしても…

完全に知らない場所だ。
恐らく高槻やと思うのだが…。

PB100011.jpg

橋があれば渡らんとな。

PB100015.jpg

また、渡っておこう。

しばらく行くと、高槻市役所。
コレにて、高槻ということは確定。

PB100018.jpg
(松坂屋でございます)

まだまだ走る。
すると、安威川に辿り着いた。

PB100019.jpg

写真の地図でいうと、右から左へ行けば摂津へ行ける模様。
7kmぐらいなら、すぐに着くだろう。

ところが…


10km走っても、終わりがない。


しかも、草が茂りまくっているので虫が多い。

やむをえまい。
土手の上を走ることにしよう。

まあ、土手の上も虫マミーレでしたが。


で、最後は行き止まり。


チャリをかついで、ムリヤリ進む。

ここまで来たら。
さすがに、摂津には来ているだろう。

だが、少々不安。
今朝から、方向感覚がズレまくっているのは明らか。


一過性のものか、先天性のものかは不明だが。(おそらく先天性)


まあ、アレだ。

南へ行こう。
南に行けば、大阪市方面のハズだ。

すると、怪しげな電気屋が見えた。
キハラ電気ねぇ…あっ!

アレは、正雀の商店街にあった。
15年近く前の記憶だが、間違いない。

となると、コッチに行けば…

PB100023.jpg

揚げギョーザがサイコーの店。
レバニラも、モヤシ等で水増ししてないホンモノを出す店でもある。

で、ソッチに行けば…

PB100021.jpg

ココの味噌コーンバターラーメンが好きだった。
というか、今でも好きだが。

そうなると、アッチには…

PB100022.jpg

噂のソバ屋があるのだよ。
ココの店には、よく来たものだ。

かなりの金額を遣ったなぁ…


犬田さんの会社の金やけど。(後に発覚して、エライことに)


よし、せっかくですから。

遅めのランチとシャレ込もう。
15年ぶりに、いつものヤツをキメるぜ。

20世紀最後ぐらいに、犬田さんと一度来たかもしれないが。

いつものヤツとは田舎そば。
メニューを確認すると、まだまだ健在。

店員さんに、田舎そばを注文。
だが、まだ何かを注文して欲しそうな感じだ。

しかし、ココのそばは多いんよな…
で、おにぎりもデカイし…

でも、ココまでで50km以上走っている。
朝から、ちゃんとした食事はしてないワケやし…

いってやれ。

シャケおにぎりも注文。
チーム・マイナス46%とは呼ばせやしないぜ!

まずは、おにぎり。

20071110201533.jpg

久しぶり。
この一個で430円なので、ナカナカ頼みにくかったもんだ。

そして…

20071110201507.jpg

冷たい田舎そばもやってきましたよ。
ちなみに、温かい田舎そばは食べたことがありません。

ああ、旨し。

だが、やはり手強い。
しかし、旨さが勝った。(久しぶりというのもある)

20071110201551.jpg

完全に沈黙させましたよ。
キューリは食べられないので残しましたが。

ジャイアントだろうが、ギャルだろうが…


いつでも、かかってこいやぁっ!


野菜ならコールド負けですが。

さあ!
それでは、帰ろうじゃないか!

赤川鉄橋経由で帰宅。
帰りにしに、あさひ(城北)を発見。


ま、もう一度行けと言われても難しいけどな。


大阪の…云々。

なんとか、桜ノ宮まで来た。
最後に…

PB100024.jpg

飛翔橋を渡ってやろうじゃないか。

PB100025.jpg

こんな感じで、さらに奥まで続いております。

惰性で下っていく。
さすがに疲れたな。

OAPの前に、新しく自転車屋が出来るようだ。
コレは、要チェックや。

で、なんとか…


暗くなる前に西天満に戻れました。


本日の走行距離…74.02km


ちなみに。

平地では最高の46.2km/hを記録。
言い訳ではなく、やはり小径車ではキビシイっすねぇ。

ソコをなんとかということで…


9速化を思案中でございます。


となると。

カプレオか?
ディオーレXTか?

それとも…


「でかいギア(フロントのアウター)にチェーンはかけたかァ!」


とばかりに、フロントW?(またシャカリキ!か…)

あ、競輪はハズレてましたよ…。
月曜から頑張りましょう。

それでは、ディナーを…




って、アレだけ食うたのに食えるかバカヤローッ!(いまだ満腹です…)

五番街のマリーへ

本日より…

準地元・松山競輪の開設58周年記念。
これは、さすがに無視するワケにはいかない。(いつものことだが)

だが、先日の松阪で激しくやられてしまった。
それは仕方がない。

しかし、その後…
激務な日々に追われてしまい、口座に資金を移し忘れていた。

かなり苦しい。

それがなくなれば、また振り込まなければならない。
土曜日に振り込んでも、有効になるのは月曜日というのもご存知。

それは、まいっちんぐ。

高松にいれば、高松競輪に買いに行けばよい。(場外発売)
だが、大阪では…どうもならん。(日本橋の会員ではないので)

あ。
松山には、犬田さん(仮名)がいるじゃないか。

最悪、ヤツに買いに行ってもらえば。
月曜以降は、振込みも間に合うし…


仕事中に、投票できるからな。(絵に描いたようなダメ社員)


それでは、ヘナチョコ予想を。

今日は当てに行く。
カタイところを、少ない点数で狙うしかない。

気になるのは7R。

高木が選抜回り。
コレは、格が違うのじゃないか?

高木→中山の一点でイケルか?

次は10R。

関東ラインが強力で、欠場明けも神山には逆らえないかも。
ロス(五輪)の超特急・坂本を狙いたいが、関東の4番手を固める模様。

この所、好調な西田と西川も気になる。

神山→西田・西川・浜口
穴狙いなら、浜口⇔西田・西川

そして最終11R。

ココは地元・渡部が負けられまい。
人気になるだろうが、キッチリと捲って勝つのでは?

渡部→小倉で。

しかし。
残念ながら、30枚しか買えない悲しい現実がある。

9時過ぎの段階で…

神山→浜口が15倍。
神山→西田・西川が30倍。

渡部→小倉は4倍。
小倉→渡部で6倍。

仕方ない…

神山→西田・西川を5枚ずつ。
渡部→小倉に20枚で。


ダメなら、犬田さんに頼むしかなくなりましたが。


さて。

それでは…





北大阪50kmコースを走って来ます。

Name Of The Game

火曜日。

一気に肌寒くなった大阪。
そんな気候の大阪に、地元・香川より強敵(とも)が来た。

現在、美人の嫁さんが帰省中で羽を伸ばし放題の男。
ケンシロウの父である。(ダンの父でもあるか)

桜橋口にて合流。
そのまま、駅ビル地下のサラリーマンが集う飲み屋へ。

自転車とプロレスと北斗の拳について熱く語る。

「オレ様のフレッタにXTRを組み込みたい云々」
「明らかにオーバースペックなり云々」
「次のボウナスでC2C辺りを云々」
「『シャカリキ!』に取り付かれ過ぎ云々」
「チェレステの美しさをわからない輩は云々」
「ジオスの蒼さ…その崇高さがわからない輩こそ云々」

興味のない人間には、まるっきり意味不明な会話。


しかし、そんな会話のラリーこそが最高の贅沢である云々。


嗚呼、ナニユエ我々は今まで自転車に乗らなかったのであろうか!

自転車の話は一旦終了
だが、話は続く。

「昇天といえば、ラオウと後藤だと思うが。」
「特に異議を唱えることは出来ないな。」
「後藤の昇天はスゴイぞ。」
「天山をも沈めたしの。」
「後藤時代の時は来た、それだけだ。」
「でも、なんか地味やけんの。」
「・・・」
「・・・」
「…まあの。」

その時、店のテレビではバレーボールをやっていた。

「かおる姫は選ばれんかったの。」
「まあ、でも佐野ちゃんもカワイイぞ。」
「…それはどうでもええわ。で、ウチの次男の名前やけどの。」
「ダンやな。」
「ホンマはシンにしたかったんじゃわ。」
「ケンシロウにシンか…何も問題なさそうだが」
「しかし、嫁の反対が…」
「意味がわからんけどの。」(長男はケンシロウですから)
「高橋のシンや、言うたらよかったんやろの。」
「…そうかの?北斗の拳はオレらの聖典やけどなぁ。」
「カッコイイ男ランキングの10位までは、北斗の拳と男塾で埋まるしの。」

オレ達は、プロレスと北斗の拳で人生を学んだ。
今更言うまでもないが、夢中になれるモノがある人生はステキだ。

しかし、考えてみれば。


プロレスと北斗の拳がなかったら、どんなヒドイ人生だったかと。


考えるだけで恐ろしい。

考えるだけで恐ろしいが。
そこから、さらに考えてみると…


相当、シアワセなコトばかり考えてるヤツと思われます。


水曜日。

週刊プロレス。
月刊Gスピリッツ。

ついでに、大魔王ジョロキアと超暴君ハバネロを購入。
ナカナカに刺激的でイケてるヤツらだ。

ああ、もちろん仕事もやりました。


落合現役時代の自主トレぐらいに流し気味で。


夜9時からは「相棒」に釘付け。

杉下右京のムダに完璧な推理が冴え渡る。
「相棒」は、独自の世界観を作り出したかもしれないな。

そして、木曜日。

あさひにでも行くか。
ネットで地図を確認。

すると、以前ネット通販で買った店からメール着信。
何気なく、見てみると…

テクトロのVブレーキとVブレーキレバーが!

しかも、赤だ。
コレは見逃せまい。

思わず、カゴに入れてしまう…。

もう仕方ない。
クイックリリースレバーもカゴへ。

ああ、もうついでや!
グリスやらのケミカル用品もドーン!


…組めるんかな、ブレーキとか。


まあ、やったことがないワケでもない。

しかし、やりまくったことがあるワケでもない。
一応、自転車関連の仕事をしていたので多少は…なレベル。

そんなことを言うと、心得があるように思われるかもしれないが。


ボクチン、売る人でしたから。(いわゆる営業)


でも、何でもやりたがるタイプ。

だから、今回もやりたがってみる。
売る人時代も、なんとかなってきたのだから。(同僚がデキる人だった)


とりあえず、やってやるって!




…でも、直してくれる人がおらんのは、激しく不安ですわ。

淡き恋人

今日はサボタージュ。

しかし、特にやることもない。
とりあえず…

ギターの弦高調節でもしますか。

20071105215701.jpg

昨日、ハンズで手に入れたインチの六角レンチ。
コレさえあれば、ワタクシのフェンダー(メキシコ)もイチコロだ。

基本的に。

ワタクシ、店がやってくれたのが正しいと思う派。
しかし、さすがにコイツは何かが違うような気がしていた。

どうも、2弦が低すぎるような。

fendermex.jpg

締めたり緩めたりしつつ、イイ感じに。(自分感覚で)
良くなったかどうかはナゾだが…


気分的には「やってやったぜ!」な清々しい気分だ。


しかし、まだまだ午前中。

買い物でも行くか。
今週は本屋に行ってないので、本屋から。

こないだから「佃島パイレーツ」が出てるのだが…


コレ、昔はサンデー系で今はマガジン系。


ダブって買わせようとしても、そうはいかない。

そう思ってスルーしていたのだが。
今回は書き下ろしがあるのが、悩ましいトコロ。

どうする?

20071105221338.jpg

結局、買ってしまいました…。

王様の仕立て屋と浅見光彦の新刊も。
正義かどうかはともかく、自分を貫く主人公には惹かれます。

ワタクシも、そのように生きたいものだが。


不幸なことに、力が足りない。


まあ、しかし。

力が足りないからこそ、守られている部分もあるわけで。
言われるコトを聞いているから、やってもらえる部分もねぇ。

まあ、アレやな…


全部、自分でやるんも面倒やしのぅ。(この精神が問題)


そして。

部屋に戻ると、コロンボが届いていた。
早くも、第3号である。

時が経つのは早いものだ。


早く、2号も観てしまわないとな。(観てるヤツやしなぁ)


渡辺いっけいファンとしては、楽しみな月曜日。

夜8時から10時まで、目が離せません。(主役じゃないけども)
だが、今日は9時から水谷豊の「左文字進シリーズ」がある。

悩ましい。
悩ましいが…

左文字を録画することに。
まあ、当然であろう。


渡辺いっけいは、いつ出てくるかわからんのやし。


そういう、渡辺いっけいに惹かれるんですが。

しかし。
そうなると、10時からはどうすればいい?


サスペンスを、途中から観るなんてことは出来まい。


で、何もやることないんで…





ブログとかを更新しようと思ったわけで。(何もない日ですが…)

Going Nowhere

土曜日。

今日はチャリを愛でると決めている。
朝からサバ缶を食べて、いざ出発。

毛馬から、今日は淀川河口方面へ向かう。

舗装されてなかったり…
途中で河川敷を走れなくなったりしながらも。

PB030001.jpg

伝法大橋を過ぎれば、あとはイエイな感じだ。

ほどなく、北港へ。
ヨットハーバーで、最初の補給。

PB030003.jpg

ワタクシも船乗りだが、縁がなさそうな場所だな。

ニコチンと水分を補給。
プロテインバーも食べておくことにする。

それにしても…

PB030004.jpg

なんと美しいマシンであろう。(持ち主バカ)


しばらく行くと、常吉大橋なるものが。

PB030006.jpg

何気に橋好きでもあるワタクシ。
コレは渡るしかあるまい。

PB030013.jpg

あのファンシーな建物があるということは…向こうは舞洲だな。

しばらく、舞洲をフラフラ。

PB030014.jpg
(舞洲アリーナ)

舞洲スタジアムやらロッジやらを見物。
まあ、チャリで走りながらですが。

そして…

PB030019.jpg

明らかに異質な建物。
コレこそが…

PB030020.jpg

いわゆる、ゴミ処理場。

つまり、税金で建てられた建物。
我々、大阪府民の血税で建てられた建物。


いやぁ、ムダに美しくてムダにステキすぎ。


ほんまに、住民票を預けたくなるトコですね、大阪は。

さて。
さすがに、もう観るべきとこもない。

次は此花大橋を渡る。

PB030022.jpg

この橋を渡れば、いわゆるUSJであるが…
ナカナカ、手強そうだ…。

PB030023.jpg


渡りきる。
USJ近くの、いつもの場所で休憩。

その後は、大阪方面に戻りつつ再び淀川沿いへと。
伝法大橋と淀川大橋を仕留めるつもりだ。

まずは伝法大橋。(南→北)

PB030027.jpg

左側の歩道は工事中。
やむなく、右側を走ることに。

PB030028.jpg

結構、この歩道は狭い気がする。
これでは、自転車同士だとスレ違えない。

何度か止まりながら、スレ違う。
軽く手を挙げてくれたり、頭を下げたりしてもらう。


まだまだ、大阪も捨てたもんじゃない。(大袈裟)


次は淀川大橋。(北→南)

PB030031.jpg

淀川大橋の北詰は、この時期はハゼ釣りのポイント。
橋の上から、肉眼で確認出来るほどハゼがいる。


が、誰も釣れてないわね。


恐るべし、大阪のハゼ。(底を取ってんのかね?)

PB030032.jpg

それでは、渡りますか。

渡れば、福島辺りのハズ。
そのまま、南に向かうことにする。

フラフラと大阪城方面へ。

そういえば。
最近、フライパンがダメダメぶりを発揮していたな。

コーナンで安フライパンを買うことにしよう。
20cmと24cmを購入。

では、部屋に戻ろう。


本日の走行距離…62.40km

最高速は46.8km/hを記録。
たぶん、どこかの下りでしょうな。

そして。

夜は、廣島のオジキと青野の番長と合流。
オッサントリオで、焼肉へ。

こんなに、野菜を食った焼肉は初めて。

普段、キャベツなんか食わないんですがね。
歳と共に、食べ物の好みは変わるもんですな。


オジキは、ガツガツと食ってましたけどね。


そして、日曜日。

今日は「ふるさとダービー」の決勝戦。
松阪の街は、熱く燃えているのであろう。

さて。
それでは、予想を。

狙いは、2番・室井と4番・西田の瀬戸内コンビ。
だが、捲りの番手・3番手ゆえアタマまでは苦しいと思う。(予想ね)

よって、2着付けで。

1→2、1→4、3→2、3→4、5→2、5→4。
一応、背番号車券の2→7、7→2も。

瀬戸内の二人は、調子がいいので思ったより人気である。


まあ、コレで夕方には小金が振り込まれることになるだろう。




結果が出るまでは、夢は夢であり続けるから…。

Esperanza

今日からバレーのワールドカップ。

ジャニタレはともかく。(知らぬ間に口ずさんだりするが…)
見逃すわけにはいかない。

初戦はドミニカ。

個人的には、イヤな相手やと思うが。
恐らく、勝ちを計算しているであろう相手。

スッキリと勝ちたいところ。


マネージャーの中村和美(元・全日本選手)にも注目だ。


キューちゃんと言えば、高橋よりも中村でしょ。(少数派)

それはともかく。
自転車に乗り始めてからというもの…

やはり、サングラスが必要と実感。

釣り用の偏光サングラスは、いくつか持っているものの。
ファッション性重視ゆえ、自転車に乗るには不向き。


しかも、釣りでもほとんど使わんし。(安全の為にも使用すべき)


買っちまうか。(悪いクセ)

そうだ。
ワタクシには、メガネ屋のツレがいるじゃないか。

ヤツも、最近は某国営放送でも取り上げられるほど。
景気も良さそうやし、ある程度は割引してくれるであろう。(ゲス)

ココは、ミーハーかも知れないが…


オークリーのフラックジャケットを選択。


レンズが交換出来るのもステキ。

自転車のサングラスには、昼用・夜用が必要でしょう。
レンズの色には、それぞれ意味があるのだが…

ワタクシにはサッパリなので、専門家に聞いた方がよい。

夜なんかいらんのじゃないか?と思うが、虫対策で。
あと、釣り用にタレックスのレンズに変更出来るか、とか。(使わんくせに…)

早速、電話。

ハ 「コレは、レンズのカラーは選べるのかね?」
ウ 「選べんぞ。交換用のを別で購入やの、まいどあり。」
ハ 「…じゃあ、タレックスは?」
ウ 「ハズレやすいんで、専用のを使うのが無難や。」
ハ 「アイちゃんモデルがイカスけど、ブサイクやしの。」
ウ 「ブサイクやけど、アイちゃんモデルはイカしとるぞ。」

何気に失礼な会話をしつつ、結局アイちゃんモデルは断念。
メタリックレッド+G30とHIイエローの替レンズを。


で、なんとか2割引は確約させました。(それでも、かなり安い)


帰省する楽しみが増えたぜ。

そして。
現在、松阪では「ふるさとダービー」が開催中。

昨日は、1レースの石丸→吉岡にデカく張ってウラ。
午後イチで、資金を再投入せざるを得なかった。

今日も石丸狙い。
輪界イチのイケメンだが、アシの方もイケてる男だ。

だが、今日は後ろがタイトルホルダーの小倉。
ズブズブ(番手・3番手にまで抜かれること)まであるかもしれない…

石丸→小倉の3→7、小倉→吉岡の7→5を購入。


7→3で決まって、ガッカリ。


気持ちを切り替える。

次は近況好調な室井を狙う。
アタマまでは苦しいと思うので、2着付けで。

ココは的中も、1着が人気の手島。
払い戻しは、¥1410か…。

次は地元の松岡を。

最下位に沈んだ模様。
惜しくもなんともないハズレ。

まあ、しかし。

なんとか、プラスで終了。
よしとするべきであろう。

それでは…


定時ダッシュで帰るとするか。


そう…





グラサンのオーダーも競輪も、仕事中にこなしましたから。

Colors Of The Spirit

酒は強くない。

が、キライでもない。
ヒトリで飲みに行くコトも苦にならないのですが…


ヒトリで飲みに行くと、かなりの確率で何かを忘れますな。


こないだは、コンビニ傘を。

帰りのコンビニで、新たに購入。
その場で、忘れてきそうになりました。


…忘れてきたら、面白かったのに。


それはさておき。

先日の、北京時代の知り合い・ハセガーさんの誕生日。
まあ、若い娘が誕生日にヒマしてるワケもない。

気を遣いつつ、メールを。

その間もビールをガブガブ。
いや、むしろメールの前からだが。

メールに気付かず、そのまま睡眠。

携帯は目覚ましも兼ねているので、音量は最大にしてある。
メール着信音(ライフオブ人生)でも気付かないのだから…


目覚ましに気付かないのも仕方ない。


気付いたのは…そろそろ、会社にいないといけない時間。

どうする?
焦るな…


「自転車がパンクしたので、ちょっと遅れます」


ナイスアドリブ。

仕方ないよ。
そんな日もあるさ。


そして11月。


給料日直後に頼んでいたブツが届く。

200711012029000.jpg

ペダルレンチ。
ペダルを外したり、付けたりするのに使います。

それ以外の使い道は知らないが。

200711012030000.jpg

イカしてる紅いペダル。
少し小さめで、業界一シビレるペダルかも。(大袈裟)

それでは、付け替えますか。

200711012030001.jpg

最初に、ペダルレンチでグイッと。
付け根を持って、進行方向(タイヤが回る方向)に回していくと外れます。

200711012032000.jpg

付ける時は、後ろ(カラ回せる方向)に回す。
やってみれば、かなり簡単。

200711012035000.jpg

装着完了。
イイんじゃないか?

ついでに、サドルバッグも。

200711012049000.jpg
(スイッチオンで蒼く光ります)

ビアンキ×ビアンキでチェレステチェレステしてますけどね。(意味不明)

サドルバッグの中には…

スペアチューブ…
パンク修理セット…
バルブアダプター(仏→英)…
携帯工具…(コレもビアンキ…)

そして、マクガイバーファンは必携の…


ビクトリノックス・トラベラー。


これだけの装備をしていれば万全であろう。

もちろん。
ココまで完璧に用意していると…




たぶん、パンク程度のトラブルはないと思います。(人生はそんなもの)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。