FC2ブログ

Oficina del delusion 4:40

北京とかでメキシコとかを想うわけです。妄想するわけです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Damageの甘い罠

昨日の競輪。

児玉広志は、決勝2着。
お見事です。


でも、意外に人気(2番人気)だったので、取ってもマイナスでしたが。


まあ、今回はソレでいい。

そして、今日は仕事納め。
仕事は半日で終了だ。

そこで…

200712281320000.jpg

200712281320001.jpg

友人達と、カニ三昧。
そして、酒もガブガブと。

満足。
大阪でも、旨いカニは食べれるのだな。

それでは、帰りますか。
では、とりあえず…


経費を清算してもらったばかりのワタクシが払っときましょ。


一人、レジへと向かう。

コースが4人前。
ビール・焼酎・日本酒…


…お一人2諭吉ですって。


まあ、そんなもんかも。

それでは、本日はココで解散!
部屋に戻って、クリーニングを出して…




ルパン観て、寝て起きたら明日は香川に戻るわよ!
スポンサーサイト

アンダープレッシャー

児玉広志が決勝進出。

まあ、車券はハズレましたが。
明日は、総流しも視野に入れてやります。

しかし…


明日も目標がない。


まあ、いつものこと。

なんとかしてくれるハズ。
体調が万全なら、格が違うぜ。

…万全ではないけども。


とにかく、明日が勝負だ。


そんな、ロクデナシな暮らしに見えても。

社会に貢献しているコトは忘れてはいけない。
競輪の収益の一部は…


色んなイイことに使われているのだから。


そんなわけで。

業界活性化に、少しでも貢献することにした。
まずは、古の恩師のルアーを買うことにする。

ネットで注文。

ココで、コチラの正体は明かさない。
もしもバレてしまえば…

「現在の職業は、エリードビヂネスマンです」

そのフレーズを言わなければならない。
ソレは間違いではないのだが…


チョッチ、イヤミな感じだろ?


そんなわけで。

1諭吉ほど、ルアーを購入。
ま、釣り人にしてみれば大した額ではないけども。

そして、なんかすぐに届きました。

200712262223000.jpg

そして。
やはり、恩師は全てお見通しなのか…

4つもオマケしてくれてました。

200712262252000.jpg

せ、先生!ハッポンアシ先生!(ジャッキー風)
…釣りがしたいです!(ミツイ風)

思わぬプレゼントに動揺。


…まあ、純粋に諭吉越えのお礼かもしれませんが。


いや、嬉しいのは間違いないですけども。

よし、それでは。
ワタクシの儀式である、バーブを潰してしまうという行為に及ぼう。

そこで、ふと気付く。


釣具一式、HMSんトコやん…。


ま、部屋にも工具はあるのだが。

プライヤーは、先曲がり派。
真っ直ぐなんでは、うまくやれる自信はないが…やるしかねぇ。

やってみた。


真っ直ぐなんの方が、潰しやすいことが判明。


…また、人生を回り道してたなぁ。(遠ひ目)

でも、それが判ったのは収穫。
知らぬは一生の恥やし。

今日は、ソレに乾杯しよう。

2本目のビールで。
地元の友人(自称・メガネ屋)から電話。

頼んでいたサングラスが届いたようだ。

しばし、雑談。
イカでも釣りに行くか、という話で決着。


うむ…




エギ買っとけばよかったかもな。(それでも、ボクはバサーです)

急接近

今日の仕事はヒマ。

事務のお姉さんは休み。
所長は、お客さんのとこでサボタージュ。

というわけで。


一人でお留守番。


それにしても、ヒマだ。

仕方ない。
まあ、どちらにせよ…

今日から、児玉広志の年内最終戦。

仕事どころではないだろう。
誰もいないというのは、むしろ好都合。

会社のパソコンにて、存分にネット投票ですな。

競輪のネット投票は、自分でページをカスタマイズ出来る。
ワタクシの場合…

・四国5場の開催情報
・お気に入り選手の出走情報

この二つがメインコンテンツ。

児玉広志は豊橋競輪に出走。
10R・特選レースが、今日の彼のステージだ。

初日・特選なので、準優までは確定。
6番車というのも珍しいが、とりあえず…

安全運転で望んでもらいたいトコロ。(今年だけで3回鎖骨骨折…)

だが、ワタクシは買う。
児玉広志から3連単、1着付け・2着付け・3着付けを。

偶然、豊橋出走中の馬場圭一の3着付けもチョットだけ。

次は松山競輪。
松山もS級シリーズ開催中。

6R・A級特選で目が止まる。
地元・松田が4番車というのが不思議。

まあ、点数的にそうなんでしょうが。

2場所連続優勝中、そして地元レース。
確か、在校成績もナンバーワンだったハズだ。(何年前の話?)

人気になるだろうが、4?1で。

これにて、今日のビヂネスはフィニッシュ。
夕方までは、少し時間があるので…


ちょっと眠ることにした。


電話すら鳴らずに、夕方。

ああ、よく寝たぜ。
本日の結果は如何に?

残念。

児玉広志は5着。
馬場圭一は4着。

まあ、着順的には惜しかったですな。
走りは見てないけど。

松山は的中。
結局、4?1は一番人気でしたが。(そりゃそうだ)

とりあえず、チョイ勝ち。
わずか、1英世のプラス。

金銭的には、ちゃんと働く方がステキ。

でも…




競輪は純粋に面白いですからね。(まさに人間ドラマ)

スターチルドレン

最後の有馬記念も惨敗。

まさか、ゴッホが来るとはなぁ…。
サブちゃんの予想に乗れば良かった。

しかし、気持ちを切り替えて。

24日は、競艇の賞金王決定戦。
同郷の?三島が決勝進出しているのだ…コレは無視出来まい。

ボートピア梅田へ、初めて参戦。
トボトボと、賑わう梅田の街を歩く。

???????
???????
???????

お気に入りのフォーメーション買いで。
しかし、冷静に考えると…

それなら、???のボックスで良かったのではないか?

ま、それはともかく。


頼みましたよ!三島選手!


それはさておき。

土曜は雨だったが、日曜は天気が良くてステキだった。
よって、久しぶりにチャリを愛でることに。

鬼門の都島区へリベンヂです、ええリベンヂです。

都島区は、ややこしい。
一本でも道をズレてしまえば、辿り着く場所は知らないところ。

非常に注意が必要なのだが…


なぜか、興味をそそる曲がり角も多い場所。


今日も、そうだった。

とある商店街に突入。
すると、その商店街の途中に、また別の商店街。

よせばいいのに、そちらへ曲がる。

抜けたトコロから、再び進む。
じゃあ、やっぱり知らない場所。


まさに、都島迷宮案内。


で、プチ高級スーパーと業務用スーパー経由で帰宅。

まだ、昼前じゃないか。
じゃあ、仕方ない…チョットだけ行くか。

ジャグラーへ。


4英世で5時間遊びました。


設定予想は、勢いのない設定4で。(最後は、飲まれヤメ)

夕方からはM?1。
まさかまさかの結果。

サンドウィッチマンは、間違いなく面白かったと思いますが…


やっぱり、登場順は重要ですな。


ただ…

視聴者としては、今年は微妙な感じ。(個人的見解)
観る前から盛り上がり過ぎたのでしょうか?

決勝は、どのコンビもカスカスでしたね。
笑い飯も、あんなもんじゃないと思いたいところ。

その後、珍しく業界の人間から立て続けに電話。
どの業界も、そうでしょうが…


悪くなってくると、ささくれ立って色々ありますなぁ。


24日は祭日。

アウトローらしく、朝一からパチ屋へ。
甘デジのエキサイトジャックで1諭吉ペロリ。

負けるのはいい。
負けるのはええけど、30分しか持たんなんて…

もう、2度と打たない。

朝一で、スロットの朝一札チェックはしていた。
まだ残っていてくれるだろうか…と、2階へと。

よかった。

客はガラガラ。
まあ、3連休の最後やし。

ガンダムへ。

4英世でビッグ。
そこから、いつものように…

200712241141000.jpg

下皿モンデール状態。

しかし、今日は何かが違う。
まったくといっていいほど、ハマらない。

おそらく高設定。

いつか、火を噴くハズだ。
そこまで…

そこまで、どうか…ココロよ折れないで。

200712241325000.jpg

セイラさんはアツイと思われます。

200712241605000.jpg

黒い三連星・マッシュ・オルテガ・ガイア。
コレもチョイアツかと。

設定6を確信。
ブン回し状態へ突入も…

300ハマってバケ。
400ハマってバケ。

最後は、300ハマってヤメ。

流したら、1500枚。
プラス1諭吉でドロン。

こってり大を食して帰宅。
コレで、今年のテンイチも最後やな。

部屋に戻って、競艇の結果を調べる。


残念、?????か…。


再び、気持ちを切り替えて…





次は、30日の競輪グランプリで勝負だ!(ロクデナシ状態です…)

Waiter! Bring Me Water!

ついに。

今年は一度も大当たりすることなく、有馬記念。
もちろん、毎週ウインズに行くようなヘビーな競馬好きではないが…

少なくとも、G1レースの数よりは行ってるワケで。

まあ、20回として考えてみる。
すると、1回・5英世としても10諭吉。

たまにやる趣味としては、妥当なトコであろう。
しかし…


一度も当たっていないというのは納得出来ん。


今回こそ。

いや、今回しかないのだから。
神がいるというのなら、なんとか帳尻を合わせてください。(切実)

雨の中、チャリで出発。
だが、力尽きて北浜からは地下鉄で日本橋へ。

それでは、ヘッポコ予想を。

まずは、出走表を眺めてみる。
…ほう、なるほどね。(何かが閃いた)

ダイワ×ダイワが注目されているが。
?ポップロックと?ロックドゥカンプのロック×ロックもある。

さらに、?ドリームパスポートの低評価も気になるところ。
本命の?メイショウサムソンにも、何度か先着してるハズ。(自信ナシ)

ココは絶対の狙い目であろう。

200712222110000.jpg

?・?・?の馬単ボックス。


そして、破壊力は3連単だというのもご存知。

ロックといえばツェッペリンだ。
今年は再結成もあったし、ココも押さえたい。

?サンツェッペリンと?インティライミも追加して…

200712222110002.jpg

?????の3連単ボックスを。


しかし…サムソンも相当強い。

なんせ、今年は当たってない。
当てに行く馬券も押さえる。

?ダイワスカーレットを追加して…

200712222110001.jpg

??・??・????の3連単フォーメーション。


なんとか、当たってほしいですなぁ…。


すぐに北浜に引き返す。

とりあえず、パチ屋へ。
初手は、初めて打つガンダムから。

200712221207000.jpg

1英世キックも、アッサリと飲まれる。
4英世追加するものの…こりゃ、ダメだ。

新台・ラブリージャグラーへ。

200712221315000.jpg

ベルが揃うのは、ナカナカにレアなのではないか?
調べたら、1/1024でしたが。

200712221321000.jpg

それにしても、このピカッ!は相変わらずヤバイ。
赤くピカれば、赤7確定なのだが…

ナカナカ、赤くピカらない。
バケ連打を喰らいながら、採算無視で打ち続けて…

200712221422000.jpg

やっと赤ピカ。
すると、ピカピカピカピカと来て…

200712221429000.jpg

なんとか1000枚弱まで持ってきた。
ビッグがバケに追いついたので…

150回までのゾーンを抜けたら、ヤメちまおう。(オカルト)

150回でヤメ。
流したら、985枚で7英世のプラス。

ケンチキ経由で帰宅。

部屋に戻ってケンチキ祭り。
だが、明日にまで持ち越しが決定。


クリスマスパックは危険だ。


腹ごなしに荷造り。

そうこうしているうちに、新聞の集金が。
その後、注文していた飲み物が届く。

200712222152000.jpg


今回は同期・チャンハル(業界ヒゲ)がオススメのペプシも。
フリスタは、もはや箱買いしか買えないのがツライところ。


たぶん…




北区で一番フリスタを飲んでいる男であろうなぁ。(微妙)

I Will Survive

結婚式ツアー終了後。

月曜日だが、当然のように仕事は休み。
部屋に戻ってから、まずは洗濯。

その間に、早めのディナー。

近所のココイチへ。
ササミカツでキメてみることに。

洗濯終了後、部屋でまどろむ。
ああ…すごく眠い。

しかし、まだ夕方。
ココで眠ると、朝までに必ず目が覚めてしまうであろう。

どうする?
しばし、悩む。

で、寝てしまおうという結論を出したところで…

珍しく、古の職場の社長から電話。
「今夜、大阪に飲みに行くから出てこいやっ!」とのこと。

ドロップしてから、一度も会ってない。
向こうから連絡してきたのだ…会うしかあるまい。

身支度を整え、待ち合わせ場所へ。


そこには、古の職場の社長と専門学校時代のちょっとエライさんがいた。


待ち合わせ場所の屋台が「臨時休業」というのが笑わしてくれたが。

学生時代によく行った焼き鳥屋で、再会を祝して乾杯。
非常に懐かしいメンツだ。

ハマ・ハマコンビ。
便宜上、社長がマツで先生の方をグチとする。

実は、このメンバーで「ススキノ夜のお楽しみツアー」を行ったのだ。

ところが、ワタクシは旨いサカナと旨いビールにやられて途中棄権。
雪の降る札幌の街で置いてけぼりにされた。

それでも、甘く危険なDボウイと噂されていたワタクシである。

そのうちステキなおねいさまが、介抱してくれると信じていた。
だが、さすがに命の危険を感じたので…

独りでホテルへ戻った。


社長から聞いたところによると「モジモジ君」のようなカッコで眠っていたらしい。


嗚呼、北国の娘を堪能したかった…とか、そんなことはともかく。

コチラから、連絡しなかった不義理を詫びる。(そんなに思ってはないが)
そんなことは気にするなと言われると、やはりスッキリとはした。

マ 「懐かしいなぁ、この店」
グ 「なんとか、プチダを連れ出そうとしてね…」
ハ 「ほう」
グ 「初めて、来たのがこの店だったよ」
ハ 「ボクはプチダさんと来たのは、この店じゃなかったなぁ」
マ 「なんで、オマエがプチダと行ってんだよ!」
グ 「じゃあ、誰と来たんよ?」
ハ 「ハリさんと」
マ 「学生のクセに!」
ハ 「で、その時に10階の○○と△△が修羅場で」
グ 「そ、そんな場所に居合わせたのか?」
ハ 「まあ、ボクらもオトナですから、ええ」
マ 「…オマエの態度のでかさの理由がわかったよ」
ハ 「情報が命ですから」

ま、色々あるんです。

マ 「で、今はナニをしてるんだ?」
ハ 「エリートビヂネスマンを少々」
マ 「…変わってないなぁ、オマエは」

そうですか。

マ 「今は業界にも、ろくなヤツが残ってないよ」
グ 「それは、Hまんも一緒ですよ」
ハ 「あら?そんなこと言っちゃ、マズイでしょ」
マ 「早くヤメたヤツほど正解」
ハ 「どんな世界でも、現場はよくやってます。あるのは、無能な上司だけ」
マ 「ケンカ、売ってんのか!」
ハ 「別に、社長は黒いモノを白って言うてもイイですけどね…」
マ 「…あ。皆まで言うな」
ハ 「そうします」

そうなんです。

グ 「でも、ハヤトテはヨソに行こうとは思わんかったんか?」
ハ 「そうですねぇ…ま、誘いはありました」
グ 「では、何故?」

ワタクシ、軽そうに見えても義理人情の男。
個人的には当たり前のコトをやっているだけだが。

やはり、業界に入ったきっかけとなったトコをヤメた以上…


同じ業界にはいられないと思った。(カッコ良く言えばね)


もちろん、他にやりたいことがあったというのもあるが。

グ 「エライなぁ」
マ 「コイツ、そういうとこだけはシッカリしてるんですよ」
ハ 「いや。基本、ワタクシのスペックは高いハズですが…」(紅色系)
マ 「女にだらしないじゃないか!」
グ 「学生だけじゃなく、先生や学務にまでなぁ…」
ハ 「ナニをドコから聞いたんですか!」

そんなにだらしないとは思いませんよ、自分では。

マ 「気にせず、業界に戻りたいなら戻ればいいじゃないか」
ハ 「そういって頂けるのは嬉しいですね。今の仕事もアレですし」
マ 「アレって、どういうことだ?」
ハ 「ラクでヒマでそれなりですから」
マ 「…まあ、オマエはソレでいいや」

その後、2軒目へ。

しかし、すぐにマツ社長がダウン。
グチ先生と話し込む。

グ 「オマエは義理立てするタイプやけど…」
ハ 「別に、深く考えたことないですけど」
グ 「オレは、そうじゃないんでな」
ハ 「ソレは、イイも悪いもないでしょ」
グ 「別の学校で、同じコトをやろうとしている」
ハ 「でも、その学校も…そのつもりで呼んだでしょうしねぇ」
グ 「そりゃそうやな」
ハ 「まあ、ナニか出来ることがあれば協力しますよ」
グ 「そうか」
ハ 「某チームの親会社に、同級生が二人勤めてるというコネしかないですが」
グ 「…そんなん、ソコのキャプテンはハナから知り合いやがな」

なんか、色々あるようですが…


とりあえず、目の前のコトをナントカするしかないわな。


というわけで…





潰れた社長を、ホテルまで連れて行きましたよ。

Little Bit Of Love

結婚式会場へ。

PC160014.jpg

受付を済ませ、一服。
まだ、多少時間があるが…

また一人バカが加わったことで、アっという間に時間は過ぎていった。

まずは、人前式へ。
教会へと向かう。

バージンロードを、誰よりも先に歩いてしまいましたが。

PC160017.jpg
(決定的な証拠写真を掲載)

教会入口まで行く。
すると「友人の方は、二階へどうぞ」と言われる。

言われるがまま、裏口から二階へ。
二階への階段は、雰囲気のある螺旋階段だ。

ハ 「コレは…まさに式の裏側という感じやな」
タ 「打ちっぱなしのコンクリですね」
シ 「寒いって、ココ!」

非常口のような扉から二階へ。

PC160019.jpg

このような式には、何度か参加してきた。
しかし、このアングルは初めてだ。

だが、考えようによっては写真撮影にはイイかもしれない。

PC160023.jpg

新婦が入場。
ドキドキする瞬間ですな。

PC160029.jpg

ズームしなければ、こんな感じ。
やはり、このアングルは新鮮だ。

PC160032.jpg

で、二階の様子。
あとで、プロのカメラマンらしき女性も来ました。

ハ 「おー。ちょっと、声が上擦ってるな」
タ 「緊張してんなぁ。ようわかるわ」
シ 「やっぱり、緊張します?」
タ 「もう、ほんまヤバイで。参加するんは、むっちゃラクやわぁ」
ハ 「そら、これだけの人間が証人やからな」
タ 「そう。だから、結婚式とかは絶対にした方がいい」
チ 「結婚指輪してないやん」
タ 「…失くしたらタイヘンだから」
ハ 「スレッガーか!」
ソ 「アックス、吹いてるくせに…」

PC160046.jpg

人前式は、無事に終了。
よし、それでは花びらを盛大にブチまけようぜ!

というわけで…

PC160052.jpg

アタマから、盛大に。


その後、まだ写真撮影があったので迷惑をかけてしまいましたが。


すぐに披露宴。

PC160059.jpg

愛の水中花のオブジェが飾られている。
どうでもいいが、重りによって沈められていた。

PC160060.jpg

新郎新婦の入場。
そして、二人の未来へカンパイ!

ソ 「うわ。飲み干してますやん」
ハ 「乾杯イコール飲み干すことなり」
タ 「そうやぞ、ソーダイ」
ソ 「コレ、シャンパンですかね?」
ハ 「シャンパンとはシャンパーニュ地方のスパークリングワイン云々」
ソ 「うっさい、だまれ」

その後、しばし歓談。

シ 「うわ、コレ旨い!」
ハ 「どうやら、地のモノを使っているようだな」
タ 「しかし…結構、食べもんの量があるわ」
シ 「ダイエット中ゆえ、炭水化物は抜かないと…」
ハ 「まあ、3日ぐらいのスパンで考える方がええぞ」
シ 「…それもそうだ。では、いただきマンモス」
タ 「ポッチャリぐらいが、プリティでキュアキュアやし」
チ 「なんで、プリキュアやねんな…」
ハ 「ちなみに、チャンハル(業界用語です)は何色が好み?」
ソ 「いや、普通の大人は観ませんから」
シ 「青はダメやぞ、すでにカブってるから」
チ 「じゃあ、赤で」

チャンハルは、毎日のようにスカパーで観ていたらしい。

シ 「で、チャンハルは、まだ筋肉バカなん?」
チ 「誰が筋肉バカや!」
ソ 「うっさい、筋肉バカ!」
ハ 「もう…そこで、プッシュアップしてパンプアップしとけや」
チ 「そうそう、乳酸溜めて…って、そんな言葉使うアンタが筋肉バカ!」

すぐに話が脱線する。

式は、滞りなく進んでいく。
そして、初めての共同作業。

PC160065.jpg

イイ笑顔だ!
輝いてるぜ!二人とも!

そして。

ワタクシとソーの字は、スピーチを頼まれていた。
だが、まるっきりのノープラン。

アドリブで、なんとか乗り切る。

でも、ちょっとグダグダやったかなぁ?
もうちょっと、いや大筋だけでも考えとけばよかった。

席に戻って、プチ反省会。

ソ 「アンタばっかり、しゃべりやがって!」
ハ 「いや、あそこのタイミングでツッコミが必要だった」
ソ 「そんなん、ムリでしょ!」
ハ 「あのタイミングで、1回振ってるやん!」
タ 「なんか、笑いに貪欲な関西人みたいですよ」
チ 「二人とも、関西人じゃないくせに」

そして、披露宴は終了。
素晴らしい式であり、披露宴であった。

感動した!


守人!直美さん!末永くお幸せに。


ロビーで一服。

で、本来なら二次会までの時間を持て余すトコロだが…
今日は、このあともセレモニーがある。

バスに乗って行く模様。
でも、ドコに行くかと思えば…

敷地内の噴水広場。

このホテルが「恋人の聖地」に認定されたそうだ。
そして、そのセレモニーというか除幕式が行われるとのこと。

PC160085.jpg

手前にあるのが、恋人の聖地のプレート。

しかし、ココには昨日も来たな。
写真を見直すと…

PC150005.jpg

シッカリとダンボールで隠されていた。
偶然、撮っていたことでビフォー・アフターがわかりやすいぜ。

PC160087.jpg

セレモニーで飛ばす予定の風船。
その風船を見ながら、チャンハルがポツリと呟く。

チ 「この風船、全部割ったろかな」
タ 「なんで?」
チ 「だって、ウミガメが食べて死ぬんですよ」
ハ 「まあ、それはそうやけどな」
シ 「しかし、空気を読まないと」
チ 「いや、だってボク…リアルKYやし」
ハ 「ほんま、ヤメとけ。一応、エコ風船らしいし」

なんとか、なだめることに成功。
しかし、エコ風船とはいえ…

土や水に戻る前に食べたら、ヤバイのではないか?とも思う。

まあ、めでたい席ですし。
それはさておいて…

PC160090.jpg

後ろから、シャッターチャンスを狙う。

PC160091.jpg

激写!
ちゃんと視線も頂きましたよ!

まあ、この激写の模様が…


次の日の朝日新聞・岡山版で紹介されたのは想定外でしたが。


シッカリと、ワタクシも写っておりました。

200712161626000.jpg

恋人の聖地のプレート。
こういう場面に立ち会えたのは、なんかステキ。

PC160094.jpg

若い二人は手探りラヴリー。

そして、夜は2次会。
その店のバイトの娘(研修中)が、恐ろしいまでにストライク。

やはり、黒髪はサイコーだ。

チ 「いや、オッサン。あんな娘と付き合ったら犯罪ですよ!」
ハ 「愛があれば、歳の差は関係なかろう」
チ 「でも、オッサン…もう40やん」
ハ 「誰が40やねん!」
タ 「え?40ちゃうんすか?」
シ 「40でしょ?」
ハ 「…問題は、相手の年齢ではないか?」
チ 「いや、でも40はあかんでしょ」
ハ 「まあ、最近は白髪も増えて。肩も痛くて、上がらんし…」
チ 「ほら、40やないですか」

しょうもないノリツッコミさせやがって。

わかってるのか?


恋のルールは、夢から覚めないことだぜ。(LIFEイズ人生より)


チ 「いや、だから。あの娘には、まだこれからの夢があるじゃないですか」
ハ 「どういう意味や?小遣いぐらい出すがな!」
タ 「援交やん!」

しかし、久々にド真ん中な娘でしたな。
恐るべし、岡山。

そして、3次会へ。

新郎新婦は、明日の朝から新婚旅行なのに参加。
ならば、我らも参加するしかねぇ。

トボトボ歩いて、向かった先は…





絵に描いたようなオカマの人がいるビルでした…。

ミュージック・アワー

同期の結婚式に参加。

気合を入れて、前日入りすることに。
そんな気合の入った(ヒマな)連中は…

ワタクシとタッケン(新婚)・ショータ(プロガイド)・ソーダイ(HMS)の4人。

とある、業界人のみが使える秘密スポットで合流。
1台のクルマに乗り換えてから目的地・岡山は作東へと向かう。

運転はショータが担当。

シ 「高速なら、すぐ着きますね」
ハ 「じゃあ、ミヤモトムサシ資料館に寄ろうぜ」
タ 「…特に興味ないですねぇ」
ソ 「…まあ、とりあえず行ってから考えましょ」

赤松のSAで休憩。
名物・赤松コロッケを食す。

ソ 「…まったく、普通じゃないですか!」
ハ 「普通や、って最初に言うただろ。カリカリすんなやっ!」
シ 「ほんまやって。牛乳飲め、牛乳を。」
タ 「カルシウムが必要やな、ソーダイ」
ソ 「なんで、普通って言うただけで、そんなガミガミ言われるんですか!」

程なく、目的地・作東に到着。
まずは、結婚式場の下見をすることに。

PC150003.jpg

ハ 「これで道順は確認出来たな」
シ 「それにしても…寒いって岡山!」
タ 「ヤバイって!早く温泉へレツゴー!」
ハ 「え?ミヤモトムサシ資料館は?」
ソ 「うるさい!はよ宿に行きましょ」
ハ 「カリカリすんなや…」

宿に到着。

チェックイン、そしてリラックス。
値段の割には、悪くない感じだ。

PC150007.jpg

和室というのがイエイですな。
ダラダラとしてしまいそうな雰囲気なので…

サッサとメシへ行こうじゃないか。

とりあえず、繁華街っぽい方へとクルマを走らせる。
ところが、居酒屋の類はどこにもない。

シ 「これ、オレのカンなんですけど…」
ハ 「なんだね?」
シ 「どこかで踏ん切りを付けんと、とんでもないことになりますよ」
タ 「確かにヤバそうやな」
ハ 「どこか、Uターン出来るとこで引き返そう」

だいぶ、引き返すことに。

ハ 「途中、なんか看板あったよな」
ソ 「ボーリング場の方でしたかね?」
タ 「じゃあ、なんかあるやろ」

ありましたが…


ババを引いた模様。


すぐに店を出ることに決定するのに時間は、生中2杯で充分だった。

コンビニへ。
かなりの量を買い込む。

シ 「とりあえず、温泉ですな」
タ 「ですな」

温泉へ。

ハ 「おー、ヌルヌルするやん、温泉やん」
ソ 「そりゃ、温泉でしょ」

イイ感じに水分を失ったところで…

PC150009.jpg

それでは、前祝いとシャレこみますか。

PC150010.jpg

そして、夜は更けて…

PC160011.jpg

軽く二日酔いの朝が来た。

プリキュアを観る。
ああ、日曜日って感じだ。

タ 「なあなあ。どの娘が好み?オレは緑やなぁ…」
シ 「オレは青ですね、間違いない」
ハ 「えー。ピンクやろ、エースやんピンクが」
ソ 「…もう、ええオッサンがナニを言うてるんですか」
タ 「じゃあ、オマエは黄色な」
シ 「いや、黄色はないでしょ」
ハ 「黄色はアカンな」
ソ 「じゃあ、青で」
シ 「カブってるやん!」
ソ 「だから、言わんかったのに!」

バカ話は、いつまでも続きそうなので朝食へ。
朝食はバイキング形式。

このシステムは嬉しいのだが、食べ過ぎるのが問題だ。
久しぶりに、シッカリと朝メシを食べた。

チェックアウト。

外は、かなりの寒さ。
スーツ姿には、この寒さはかなり堪える。

式場へ行く前に。

当日入りするチャンハル(業界人)を迎えに行かなければ。
作東のバスストップへと向かう。

ハ 「じゃあ『ミュージック・アワー』で」
タ 「おお、むっちゃ好きですよ。その曲」
シ 「聴いちゃう?じゃあ、聴いちゃおう」

軽快な音楽を聴きながら、爽やかな気分で走る。

タ 「レッツ・ゲット・ユア・ラ?ヴ♪」
シ 「キミが胸を焦がすから?♪」
ハ 「夏が熱を帯びてく?♪」
ソ 「まったく、季節感を感じません」
シ 「ナニを堅いコトを言ってるんだい、恋するウサギちゃん?」
ハ 「カリカリするウサギちゃんやな、ほんま」
タ 「あかんで、カリカリするウサギちゃん」
ソ 「うっさい、だまれ」

『ミュージック・アワー』はサイコーだね。

タ 「ちょっとアレ買いましょか?アックスってヤツ」
ハ 「おお、あの女の子が寄ってくるヤツやな。オレも買うわ」
タ 「いるでしょ、絶対」
ソ 「ちょっと、アンタ!新婚でしょうが!」
ハ 「堅いコト言うなや!カリカリするウサギちゃん!」
タ 「ほんまやで、こんな機会ないんやから」
ハ 「では、ショーちゃん。コンビニへ寄ってくれるかい?」
シ 「了解」

コンビニへ。

ハ 「タッケン、どれ買ったん?」
タ 「クールな青いのにしました」
ハ 「オレ、ホットでスパイシーな赤」
シ 「じゃあ、オレにも貸して」
タ 「おう。コレで酒池肉林やで」

プシュプシュやる3人。
醒めた目で見つめるヤツが、ポツリと呟く。

ソ 「あの、ソレね…風呂上りとかにやるもんですよ」
シ 「そうなん?」
ハ 「…まあ、ええんちゃう?直前の方が」
タ 「おまえ、そんなん先に言えや」
ハ 「さては、何度か使ったことがあるな、コノヤロー!」
ソ 「うっさい、だまれ。」

とりあえず、作東バスストップへ。

PC160012.jpg

ハ 「湯郷ベルの自販機やん!」
ソ 「なんすか、ソレ?」
ハ 「Lリーグやん、Lリーグ」
タ 「…相変わらず、ワケ判らん引き出しが豊富ですな」
ハ 「9番がカワイイのよ」
シ 「知らんって」

しばらくして、無事にチャンハルも到着。

シ 「久しぶり!しかし、遅いってコノヤロー!」
ハ 「久しぶりやな。コレは廣島のオジキに報告せにゃいけんのう」
チ 「オッサンとは、こないだ会ったでしょうに」

再会を喜ぶ男達。
しかし、今はそんな時間はない。

それでは、行くか。


かなり昨夜から盛り上がってしまったが…





あくまで、今回は結婚式に参加するのがメインやからね。

バードマン

今回のクラブ・ワールドカップ。

メキシコのパチューカも、応援しない。
日本の浦和も、どうなろうと知ったこっちゃない。


応援なんかしてやるものか。


ワタクシのココロのチーム。(フットボール編)

それは、メキシコのアトランテ。
でも、他人と話すときは…


スペインのアトレチコ・マドリー。(ある程度知られてないと、話にならんし)


まあ、それぞれの国でヒイキはあるのですが…

メキシコはアトランテやし。
日本は、カマタマーレやし。

ココロが狭いかもしれませんが…


浦和もパチューカも、無様に負けてしまえ!という自分がいます。


でも、ミランもキライなんです。

イタリアは、ナポリを応援。
マラドーナ世代ですから、仕方あるまい。

よって。


今回も、ボカ・ジュニオーレスは応援しております。


リケルメが出れれば、もっと楽しみだったのに。


ビアンキはミラノらしいけども。

それはさておき。
そんな反体制派、反選手会同盟で平成維震軍なワタクシは…

ニッポン野球こそがメジャーだ派。

根拠としては。
WBCで最後に勝ったのが日本やから。

日本の選手も、メジャーメジャーと言いますが。
もっと、自分がやってきた野球を誇りに思ってもよいのではないか?

結局のトコロ。
夢や憧れというよりも…


やっぱり、金か?と思ってしまいますな。


ま、ワタクシも「4年50億」とか言われたら行きますけども。(行きますとも)

桁が違いますからねぇ。
ちょっと、異常ではないかと思うほどに。

で、年俸3300諭吉を保留中の江草。

今期は50試合に登板で、5勝0敗の防御率・1.95。
60.0回を投げて、奪三振が82個。

ということは、奪三振率は12.3。(『三振数×9÷投球回』)
もちろん、単純に比較は出来ませんが…

ストレートという魔球を持つ藤川球児で12.47。(少数第二位で四捨五入)
パ・リーグ1位のマーくんで9.47ですから…


この成績…アメリカなら、間違いなく億でしょ?


しかも。

入場テーマが「怒りの獣神」ですからね。
マイナス要素が、何一つナシ。

http://www.youtube.com/watch?v=wqq2eWbN-vs

ゼヒ、甲子園で聴いてもらいたい。
想像した以上にドキドキします。

ワタクシの査定では、5000諭吉ぐらいか。(このぐらいはねぇ…)


ちなみに、ケンシロウの父の査定では9800諭吉プラス出来高。


ま、我々は阪神ファンですから偏ってる可能性もありますが。

なんとか穏やかに決着してほしい。
そうでないと、すぐにアメリカに行ってしまいますよ!

江草がおらんようになったら、かなり困ると思いますけどねぇ。
楽天とかなら、中継ぎではなく左のエースでしょうし。(そもそも、先発でもイケるハズ)


まあ、そんな偏った阪神ファンですから…





鳥谷は貰い過ぎやと思います。(阪神ファンですけど…か?)

あさがお通り

いつものように。

焼き鳥屋へソロツアー。
飲んだくれてから、部屋へと戻る。

何気なく、コンピウタのスイッチオン。

…あ。


竹内ゆうじ、死去のニュース。


一瞬、目を疑う。

病気というのは聞いていたけども。
そんなに、悪かったのか?

吉本の養成所9期生だったと思うんで…


なんぼも、歳は変わらんハズ。


…ショック。

突撃隊に、また戻って来てほしかった。
最近は、オレ様も特に気にしてなかったかもしれんけど…

もう観ることが出来ないという喪失感は、あまりにも大きいような気がする。



ご冥福をお祈りします。

La Raza Del Sol

XT化した愛機を取りに行く。

200712091118000.jpg
(あるあるで有名になりましたね…)

当然、行きしは歩いていかねばならない。
開店時間まで、扇町公園付近をフラフラと散策。

リアの変速機を交換することになってしまったのだが…

どうやら、代金の追加はナシの模様。
軽く注意を受けて、それでは慣らし走行へ。

やはり、グリップよりは変速しやすい。
カチカチ決まるのも、イエイな感じ。

近所を遠回りしながら帰宅。

200712091310000.jpg
(短い方に変更された変速機)

銀色に美しく輝くメカ。
このビジュアルもイカスじゃないか。(わかりにくいが)

200712091312000.jpg

手前の灰色を押せば、シフトダウン。(押し込めば、2つ落ちる)
奥の黒いのは、押しても引いてもシフトアップ。

部屋に戻って、眺めていると…


カチカチしたくなったので、また走りに行くことに。


本屋でも行くか。

遠くの本屋へ向かう。
ちゃんとした駐輪場もあるしな。

ところが。


駐輪場の駐輪メカにハマらないトラブル発生。


持ち上げて、強引にロック。

買い忘れていた、Gリングを購入。
ご祝儀袋とうるおうアイボンなども。

チラっとCD屋を覗く。

クラプトンのベストが出ていた。
コレは無視出来まい。

軽く散財して、大阪城経由で帰宅する。


顔が冷たいんを、どげんかせんといかん。(流行語)


15kmほど走れたので、軽く満足。

Gリングを読む。
Gスピリッツとの棲み分けはあるのだろうか?


まあ、ファンは両方買うのだろうが。


しかし、なんか物足りないアッサリ感がある。

考えてみれば。
月刊誌ということで、読む側にすると知っていることの再確認。

まだまだ、週刊誌の延長ぐらいの感じで作っているのではないか?

もっと造り込んでほしいトコロ。
月刊誌には、月刊誌にしか出来ないこともあるハズだ。

まあ、情報が溢れてる今の時代には難しいのかもしれませんな。
それにしたって…


すぐに結果が解かるというのも、どうかと思いますがね。


とか、言いながら。




メキシコのサイトにまで、試合結果を確認しに行くワタクシがいます。

Karma

昨夜は接待。

あまり、仕事関係の人間と飲みに行くことはしない。
仕事とプライベートを分けている今風の考え、というのではなく…


単純に、一緒に飲んで楽しくないから。


今回の接待相手も、そんな感じのタイプ。

面倒だ。
だが、これも仕事の一環。

居酒屋からスナックへ。
ダンバインと怪傑ライオン丸を絶唱。

ちょっと、スッキリした。

そして、アポロビル。
くっさーめ♪くっさ?め♪(掛け声)

嗚呼、これで取引先の女子社員からヒンシュク1号扱い確定。

でも、コレも仕事なのだ。
やりたくないけど、仕事なんやから仕方ない。

その辺は、理解を求めたい。

ワタクシとて、こんな店には来たくない。
そもそも、仕事関係の人と日付が変わるまで一緒にいたくないのだ。

しかし、まあ…


いつものように、行ったらフィーバーしてハッスルするのが不思議。


土曜日。

入院させたマシンが完成する予定。
しかし、どうやらリアの変速機が干渉するということで再検査。

短いゲージに変更すれば大丈夫とのこと。
メーカー在庫があるようなので、今日中には仕上がるらしい。

では、それまでに色々と用事を済まそうじゃないか。

まずは、予約していた切符を受け取りに。
今月は何かと物入りやし、カードで払うか…。

だが、カードは危険やしなぁ…

結局、現金で支払う。
どっちみち、払わないかんモンは払わないかんのやし。

買い物へ。

今日は寄せ鍋にするか。
野菜と魚介類を購入。

鍋は野菜を取れるから素晴らしい。

クリーニング屋経由で、一旦部屋に戻る。
冷蔵庫にブチ込んで、次は本屋へ。

バンチ系コミックスを。

鉄道コーナーを覗く。
すると、鉄道マニアらしき2人組の会話が耳に入る。

「あかつき(京都と長崎を結ぶ寝台列車)、来年に廃止になるみたいやな」


なんですと?


動揺を抑えきれぬまま、部屋に戻る。

コンピウタのスイッチオン。
検索してみると…

どうやら、事実のようだ。

まだ、正式発表されてないが。
しかし、反発も大きいと思われるので…

なんとか、残してほしいなぁ。


鉄ヲタじゃないけど、心よりそう願う。


その後、ダラダラとした午後を過ごす。

早めのディナー。
寄せ鍋を作る。

鍋は旨し。

思わず、食べ過ぎる。
明日も食べる予定やったのに…。


まあ、明日はとり野菜にするか。(結局、鍋)


夜は土ワイを観なければ。

今回は、特別企画ということで豪華キャスト。
コレを観ずして、土ワイマニアは名乗れない。(意味不明)

うむ。

ナカナカ良かったのではないか?
渡辺いっけいも出てたし。(いっけいマニア)

豪華といえば。

サンフレッチェ広島のメンバーも豪華。
地味な印象もあるが、代表クラスの人数はかなりのもの。


それでも、降格するんやからサッカーは怖い。


つまり、サッカーはメンバーでは決まらないということだな。

明日はパチューカが登場。
テレビ中継もあるようなので楽しみだ。

でも、それなら…





EURO2008も地上波でやってほしいものですけどね。

君の夢に僕は止まれない

時は流れ。

また一つ、歳を取りました。
メールで祝ってくれた方、ありがとうございます。

しかし。
まあ、いつものことなのですが。

仕事後、祝ってくれる方はいらっしゃらなかったので…


ヒトリで、焼き鳥屋へ行くことに。


ちょっとは、普段と変化を付けないと。

近所の焼き鳥屋へ。
実は、この店はナカナカの有名店。

ふん。

オレ様、そういったモノとは戦う主義。
このチキンヤローのオレ様が、化けの皮を剥がしてやるって!

気合を入れて、入店。
そのくせ、隅っこの席に座ろうとする自分がいた。

「ヒトリですが、いいですか?」(なぜか弱気に)
「もちろんですよ。ああ、そこ寒いんで奥へどうぞ」

店長の温かい言葉に、少し感動。

店内には、客はオレ様のみ。
まあ、木曜日やしな…

よし。
メイチで飲んで食べて、売り上げに貢献してやる!

まずは、生ビールを。
そして、焼き鳥10本と、鶏の造り盛り合わせを注文。

造りの盛り合わせは、ササミ・ハツ・ズリ・レバーの4種類。
見た目は合格だが…


味で、このチキンヤローを満足させられるのか!?


やれるのか、おいっ!

ササミから、いかせてもらおう。
…やらかっ!

コ、コイツは強力過ぎる…。

ズリとハツはコリコリ。
そして、レバーは…

まったく臭みナシ。

サイコーじゃないか。
この造りの盛り合わせだけで、通う価値がある。

焼き鳥は…

言わずもがなで。
ムチャクチャ、旨しですな。


土曜日に、また来よう。(ヘビー・ローテーション確定)


徒歩2分という立地もステキ。

イイ場所ですな、西天満も。
部屋に戻って、メールに返信。

さて…


自分へのプレゼントは、ナニにするかな…。


もう35歳ゆえ、オトナゲない買い物も許されるハズだ。

愛機・フレッタの改造に注ぎ込むか?
それとも、2号さんを手に入れるか?(フジ・コラテック・ビアンキの争い)

前ギアを60Tにするのはどうだ?
60÷11(後ろギア)は5・45か…

輪界のニューモンスター山崎でも、4・00やのに!

もちろん。
径が違いますからアレですが。


それでも、雰囲気はイイ感じやなぁ。(意味不明)


と、こんな感じの…




酒を飲みながらの妄想、コレ以上のモノはナカナカないですなぁ。

オムナ マグニ

思ったよりも早く。

9速化パーツが届いた模様。
明日にでも、持って行くことにしよう。

しかし、今日は他にやらなければならないことがある。

冷蔵庫にあるモノで料理するのは、自称・包丁人にとって刺激がない。
そろそろ、スーパーに買い物に行かなければ。

まずは、切らしていたモノを物色。
バターとホールトマトを買い込む。

さらに、店内を物色。

今日は、アジが良さそうだ。
三重産のちっちゃいの・和歌山産の普通の・島根産のでかいのと勢揃い。

三杯酢、タタキ、刺身、フライもアリだな…

アジも偉大なサカナやと感じさせられます。
しかし、残念ながらスルーです。

なぜなら…


冷蔵庫にあるもんを食べてしまわないといけないからです。


やはり、食べてしまわないと勿体無いですね。(小市民)

アルコール売り場で足が止まる。
そういえば。

先日、友人・ケンシロウの父より教えて貰ったカクテル。
そのカクテルを作ってみたい。

新しくなったビーフィーターと共にバーボンを購入。

20071204225416.jpg

バーボンのアクエリアス割り。
これは、ビルド?ステア?

まあ、シェイクではないな。

とにかく。
そのカクテルの名前は…


早酔(そうすい)のアクエリボン。


1万年と2千年前から愛してる。

8千年過ぎた頃からもっと恋しくなった。
1億と2千年あとも愛してる。

そこまで、クレイジードリンキンさせてくれるのか?

20071204230904.jpg

若い頃のアイブサキ(スクリーンセーバー)をサカナに飲んでみると…


非常にヤバクソン。


コレは飲みやすい。

ガブガブと飲めてしまう。
ガブガブと飲めてしまうが…


ガブガブと飲んではダメ。




ほんま、早酔(そうすい)ですから。(2杯目で足にきてます…)

夢 遥かなり

日曜日。

昨夜は遅くまで、部屋飲み。
だが、いつものように7時半起床…。

しかも、この様子では2?3時間後にはタバコが切れる。
どちらにせよ、10時には外に出ないといけない。

ということで。


タバコ買いに行くついでに、パチ屋へ。


…ダメなオトナ。

湘爆で3諭吉持っていかれて、午前中でジ・エンド。
XTなら一生楽しめるのに、スロなら2時間ですか…。

ATM経由で帰宅。

そうだ。
再来週、結婚式やん…

ご祝儀代は置いておかないと。


ま、ボーナスも出るか。(希望的観測)


しかし、気持ちもサイフの紐も引き締めて。

午後からはヒマ。
よって、愛機・ビアンキでフラフラと。

ああ、冬用の手袋も買わないと。

バイク用のを使えばイイじゃないか、とは思うものの。(現在、使用中)
やはり、専用のモノがイイのではないか?とも思うので仕方ない。

あと、グリップも欲しいところ。
今度出た新型は、かなり良さそうだった。(第一印象)

コレは、必要経費。
そう言い聞かせて、部屋をでる。

サイクルモードで試着したブツを求めて、再びATM経由で梅田の店へ。

残念、置いてなかった。
次は都島の店へ。

ない。

もう一軒紹介してもらって、系列の店へ。
コチラの店にも置いてない。

結局、ネット通販で買えというのか?


それが、危険なんじゃないか!


フラフラと30kmばかり走って帰宅。

すると、荷物が届く。
カタログギフトか…。

まあ、ゆっくり見ればよいだろう。

あるもので早めのディナー。
食後、小説を読みながらまどろむ。

すると、再び荷物が。

しかも、代引き。
なんやったけなぁ…


2ヶ月前に頼んだ、自転車用のウインドブレーカーとタイツだった。


自転車業界の納期は、ほんまムチャクチャです。

しかし、ウインドブレーカーって。
こないだ、ストームジャケットを購入したばかりやのに…。

まあ、春とか秋に使えばいい。
タイツは…

ヒロ斉藤ぐらいの丈のヤツ。


イメージしにくければ、マサ斉藤ぐらいの丈やと思って頂ければ。


それにしても。

コイツはイイ。
やはり、ヒザまで隠れているのは安心出来る。

コレなら、上から短パンを履けば違和感がない。
5本指ハイソックスもあるし。

しかし、まあ…


早くピチピチのタイツを堂々と履けるようになりたいですな。


そんなに、変な目では見られないとは思ってますが。(場所による)

サイクルモードの会場では、もはやそのカッコがデフォルトだった。
普通の人の方が「オマエ、ナニしに来たんだよ…」みたいな感じ。


まあ、それは4割ほど誇張してますが。


当然、そのカッコは…




ほぼ毎週行く、ココイチでは注目されるでしょうけどね。

No One Needs To Know

あまり協調性がないタイプなので。

独りでいるのも、特に苦にならない。
いや、むしろ好きなコトを出来るのでプチお得人生だと思う。

それでも。

それでも、懐かしい友人から連絡があると嬉しい。
最近も、コロニア・タバカレラの変人から連絡があった。


「香川もいろいろ大変みたいだな」


なんというか。

日曜にはロサンゼルス。
その後はカンクン。

そこから、さらに…


ブエノスアイレスに行くような男までが気になってますがな。


まあ、怪しげな落語家の嫁への違和感を忘れるぐらいの衝撃なんで。

そんな男からの連絡で。
ワタクシがメキシコ滞在時に住んでいたペンション。

そのペンションの管理人だった女性が…


とある南米の大使館員になっていたぜ!との情報が。


ビックリ。

ワタクシがメキシコに行った、まさにその日。
知り合いの知り合いが、空港まで迎えに来てくれた。

今となっては、その知り合いが誰の知り合いだったのか?
また、ナニユエ食事のみで、すぐに放り出されたのか?

まったく思い出せませんが。

そんなワケで、仕方なく訪ねたペンション。
そこで迎えてくれたのが…


髪に羽飾りを付けた、アンデスの花売りみたいな女性。


それが、その女性でした。

今でこそ、ワタクシも立派なオトナですが。(自称)
昔は、触るものを皆傷つけるナイフみたいに尖った男。

そんなギザギザハートな男を…


彼女は、平気でパシらせましたよ。


同い年やったのに…。

「ま、私はメキシコ歴半年ゆえ先輩だから」
「なんの話かと思いましたね」(ハヤトッティ回想録より・以下同)

「女の子一人やと、危ないから一緒に来て」
「いやぁ、もっと危ない橋を渡らされましたよ」

「私、昔は処女だもの」
「…そりゃ、誰でもそうやろうにねぇ」

面白い人でした。


まあ、そのペンションは普通の人の大半はスルーですからね。


そんな数少ない普通人のワタクシ。

金曜の夜は、酔った勢いでカイジと対戦。
そんな状態で戦えるほど、カイジは甘くない。

1諭吉ほど寄付した後、帰宅。


通算4諭吉は打っているのに、いまだ大当たりせず。(甘デジなのに)


土曜日。

朝から自転車屋めぐり。
まずは、本体を買った店へと行く。

「…えらいイジってますね」
「…恐縮です」
「チェレステに赤ですか…」
「赤ではなく紅ということで」
「…」
「…下品ですかね?」

ワタクシは好きですよ、紅。

そんな風に。
自転車屋の店員さんと話す。

そして、自分で交換することを諦める。


工賃が2英世なら、工具を買うより安上がりでしょ。


まあ、工具は少しずつ買い揃えますので。

次は、グレードを相談。
付けようと思えば、ロード用も付くらしいが…

前のギアが大きいので、MTB用が無難とのこと。

9速対応は、ディオーレから。
で、プチセレブチックにXTをチョイス。


完全にオーバースペックでしょうけども。


そして。

年内に届くかどうかも微妙らしいです。(シマノの納期が遅れ気味)
気になるお値段は、コミコミで約3諭吉ということで。

少し補填しにいくか。

新台・哲也と初対戦。
RTがストックされるらしいが、その破壊力はどんなもんだろうか?

2英世でビッグ。

RTが連する前に、ビッグが連して500枚。
そこからは、いつものように…


揉まれて揉まれて飲まれてヤメ。


退散。

古本屋経由で帰宅。
ソアラの名探偵小説を3冊ほど購入。

持って帰って読み出すと…

どこか違和感。
というか、これは…

200712012113000.jpg

また、ダブって買ってしまった…。
だから、色んな出版社から出さないで!と言いたい。


まあ、この「他殺の効用」は、まるっきり同じ本ですけど。


気を取り直して。

今日のランチは、自作お好み焼き。
朝から、生地を混ぜるためのダシまで作っておいた。

ナカナカの出来。
自分が、スゴイお好み職人になったと実感。

でも、まあ…


やっぱり、おたふくソースのナイスアシストでしょうな。


そんな、おたふくソースですが。

ほんの数年前までは、あまり大阪では売ってなかった。
カマタのダシ醤油ぐらいレアやったのに…

いまや、コンビニでも売っててビックリ。

そして…

200712012115000.jpg





実は、コッソリとおたふくソースまでダブって買っててガッカリ…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。