FC2ブログ

Oficina del delusion 4:40

北京とかでメキシコとかを想うわけです。妄想するわけです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bad to be good

たった一本の缶ビールで。

色んな意味で、イイ加減な状態だ。
安全運転を心がけるが…


そりゃ、鬱陶しいほどの人混みで。


なんかのイベントがあったらしい。

ま、ワタクシは。
あんまり、そういうのに興味がないタイプなので。

ナニがあったかは不明。
でも、たまにカワイイ娘がおるんで…


時々は、爽やかな自転車乗りを演じてみたり。


関門海峡の関門大橋に到着。

P4120074_convert_20090419210804.jpg

P4120077_convert_20090419212023.jpg

この目の前の、海の下を通り抜ければ。
ソコは第二の故郷・福岡である。

じゃあ、行くぜっ!

P4120080_convert_20090419212054.jpg

クルマやと、あっという間だが。
歩いていくと、それなりに距離を感じる。

ひとつ、言えるコトは…


こんなトンネルが南港にも欲しいというコトだ。


とりあえず、門司駅を目指す。

P4120085_convert_20090426222007.jpg

門司駅で、イカスお嬢さんがいたので。
話しかけるタイミングを見計らいつつ休憩。

たまに目が合うのが、なんかイイ感じ。

だが、九州の娘は情熱的なんだぜ?
まったく…


今夜はどうなっちまうんだ?


特に何事もなく、お嬢さんはドコかに行った。

が、門司でのお目当ては名物・焼きカレー。
カレーの総合商社を目指すワタクシとしては…

当然、避けては通れない。


今回は、九州娘よりも焼きカレーを選ぶぜ。


まあ、九州娘は次回のお愉しみで。

というわけで、焼きカレーへ。
で、今だから言えるが。

実はワタクシ…行きたい店があったのだ。

だが、ちょっと引き返すコトになるし。
ま、行きたいと言ってもソコじゃなきゃダメという程でもない。

その行きたい店というのは…


具にピーマンが使われていないだけなので。


焼きカレーめ…ピーマン嫌いには敷居が高いぜ。

他の面々は、上戸彩推薦の店を推してきた。
雑誌も口コミも信用しないワタクシだが…

ま、目の前やし納得してソコへ。

そして、人生初の焼きカレー。
アツアツを頂くために、カメラを構えて待つ。

だが、残念。
チョッチ、ブレてしまった。

200904121806000.jpg

いや、焼きカレーのビジュアルが。
シャッターを押す手を震わせたのだ。

見た目は、かなりイイぜ。
そして、肝心の味だが…


正直、ワタクシのバカ舌には合わない感じ。


別に美味しくないワケではない。

なんというのだろうか…
なんか、ガツンと来ない感じ。

コレならば…


「普通のカレーに焼き目を付ければ、もっと旨い」


と、そんな風に思ってしまう始末。

ただ、スパイスは非常に旨し。
そして、驚いたコトに…


店の奥さんは非常に美しかった。


でも、こんなんじゃダメだ。

物足りないので、並びの店へ。
焼きカレーのハシゴをする。

コチラの店員は、何の因果か上戸彩風。
下戸彩と命名したので、感謝しているだろう。

200904121848000.jpg

コチラでは、チキンをチョイス。
なので、一概には比べられないが…


あたしゃ、コッチの方が好みだな。


そして、次は。

門司港レトロを男4人でエンジョイ。
男4人でも、ムーディーな夜景が素晴らしい。

P4120090_convert_20090419212253.jpg

P4120091_convert_20090419212326.jpg

こんなん、女の子を連れてくればイチコロだぜ…

と、ムーディーな夜景を見ながらも。
そんなコトを考えてしまう…


ソレが、ボクの悪いクセでして。(杉下右京風)


門司港から小倉までは自走。

すっかり、ナイトライド。
しかし、気温も下がって快適だ。

ワシントンッ!とレッド吉田風に叫びつつ。
ナイスなペースで小倉に到着。

カレー2発の後なので。
ワタクシは、ヒトリで呑みに行く覚悟だったが…

この区間で、だいぶ焼きカレーを消費したようだ。

「では、21:00にロビー集合で」
「イエッサー」
「遅刻した者は、玄界灘でバタフライだ」
「イエッサー」
「明日のおやつは300円まで」
「イエッサー」
「有料テレビのカードは1000円までだ」
「イエッサー」
「何か質問は?」
「ありません」

この旅初の個室である。
ちっ…


やはり、門司で声をかけておくべきだったか。


仕方ないので、風呂に入ってダラダラと。

敢えて、水分はガマン。
そうこうしていると…

集合時間である21:00になった。

ロビーへ。
小倉の街を物色しつつ…

ココは、やっぱりサカナだろ?と良さげな店へ。

200904122147000.jpg

この店も旨しでした。
九州の食べ物屋は、ハズレレスだぜ。

店員のアンナは平成生まれ。
ワタクシの娘でもおかしくない年齢だ。

店長は大分出身で。
あんたが店長やん!と心配するほどに店批判を。

ま、言いたいコトは理解できましたけどね。

「ゴンアジ、旨いっすね!」
「でも、関アジが最高ですよ」
「…いや、旨いですけど」
「タコも生で出せばいいのに…」
「…いやいや、旨いですから」
「関西の人は面白いですね」
「あんたの方が、たいしたもんだ」

でも、その正直さは悪くない。
そして、チキンヤローであるワタクシは…


K?1の次は、大分を攻めるとケッテー。


博多在住のハセガーさんにメール。

「呑みに行こうぜ」
「小倉なんて、行けるか!」
「それはそうですな」
「一人なんですか?」
「いや、オッサンばかり4人で」
「…疲れますわ、そんなん」

何気に失礼なコトを言われてたりしつつ。

ガブガブ呑む。
パクパク食べる。


そして…




また、色気の無い夜を過ごしたワケさ…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mevale.blog8.fc2.com/tb.php/776-38682519
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。